脳内劇場

 
球根が届いたみたいですけど?
 
あらぁ、買ったのよね。
 
タダではくれないでしょ。
 
どこに植えるのかしら?
 
植木鉢。
 
どの?
 
さぁ。
 
土だけの鉢があるじゃない。
 
でもヘレボ、もしかして生き返らない?
 
消滅でしょ。
 
じゃ、球根入れちゃうか。
 
はぁぁ(ため息)
 

ワイヤープランツって

”ワイヤー”なんていう名前が付いてなんとなく造花っぽい雰囲気だし(ホントにワイヤーが入ってそう)、お花もなんだか嘘っぽい。
 
081119_01
 
安いし、水切れするけど丈夫だし、よく伸びて重宝するのに、何故か優遇されない(私には)。
ワイヤープランツって・・・
お気の毒さま・・・・・・<(_ _)>

イマドキのぎんなん

先日銀杏(ぎんなん)を買いました。
銀杏ってイマドキは『電子レンジ』で殻をむくのですね。知りませんでした。
昔はフライパンで炒って苦労して殻をむいたものですが。
お塩と一緒に模様の無い事務用茶封筒に入れて口をしっかりと折り曲げて約2分間「チン!」ですよ。
凄いことになったものです。
茶封筒の中で銀杏が凄い勢いではじけます。
バン!!!ボン!!!
ポップコーンよりも迫力あります。
だ、大丈夫かぃ?と若干腰が引けます。
しかし茶封筒をあけてみると見事に殻が開いています\(◎o◎)/スバラシイ
殻が開きすぎて銀杏本体も一緒に爆発するのが玉に瑕です。
–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–
★追記
 
初回はオットが面白がってやったのですが、2回目は私がチャレンジしました。
茶封筒にギンナンを入れて・・・大爆発を起こすのでギンナンが飛び出さないようにしっかりと封筒の口を閉め・・・あら、この封筒糊付きだわ、コレなら絶対飛び出さないわね・・・ピタッ!・・・そして電子レンジへ入れました。
さて、どうなったでしょうか。
封筒の中央部分が裂け、ギンナンは飛び出し放題、爆発し放題。
電子レンジ中にはじけたギンナンが密着し放題。
 
  ちゃんと閉じなかったでしょ。
  閉じたよ、ピッタリ。
  糊で貼ったの?
  ダメ?
  当たり前ぢゃん(ーー゛)
 
当たり前、なんですか?
私って世界一おバカ?
確かに理科の成績は惨憺たるものでした。
 
ギンナンなんて、嫌いだぁ。。。
 

嗚呼!アルンウィック・キャッスル

Yume Rose Gardenから送られてきたERたち。
薔薇の挿し芽・・・といよりは、ERの場合ミニバラと違って挿し木ですね、4本のうち、枯れ木と化したアブラハム・ダービーは別として、今年唯一お花を付けたのがアルンウィック・キャッスル。
先日(9/11)に引き続いて2つ目のお花を付けました。
 
061119_01
 
1つ目よりもずっとずっとERっぽいお花です。本来のアルンウィック・キャッスルにかなり近い不雰囲気が出ているではありませんか?
 
でも、元は挿し木ですから身長は30㎝位なんですよ。
全身を見るとこんな感じ。↓
 
061119_02
 
アルンウィック・キャッスルの横で背が高く伸びているのはキャサリン・モーレーです。背は伸びていますが今年は咲く気になっていないようです。もうひとつヘリテージは横張り中でフレームに収まっていません^^;
 
先日、とても風が強い日が続きました。
まだ大きな鉢をもらっていないオチビERたち。バスケットに入っているので飛んでいく心配はありませんがちょっと安定が悪いのでひっくり返って棚から落ちては大変と、『三本の矢』にしようと思いました。一本では折れる矢も三本集まれば、という毛利元就さんのありがたい教えですね。
ところがヘリテージは横張りしているのでどうしても一緒に寄り添うことができません。仕方が無いので二本の矢ということでアルンとキャサが寄り添ったのが↑の写真です。
 
ところが。
こんなオチビの二本の矢などが太刀打ちできるような風ではありませんでした。
うちのマンションは本当に凄い風が吹くのです。駅から歩いてくると途中までは普通の風なのに、マンションの角を曲がった瞬間ビュー!!!ヨロッッッなんてこともしょっちゅうです。
朝寄りかからせて出かけたその姿のまま、アルンとキャサはバッタリ共倒れで横倒しになっていました。
そして、起こしてみると・・・・・・
 
061119_03
 
ぎやぁぁぁぁぁ~~~!!!
アルン嬢、半分しかない?!
 
あのお花が開いたらどんなゴージャスなERになるかと楽しみにしていたのに、あんまりだわ・・・しくしく・・・
 
来年はもっと大きな鉢に入れてあげるからね、これに懲りずにまた咲いてねぇ。。。