東西の違い

電報というと、私の中では、A4用紙を二つ折りにしたのの立派なやつというというイメージでした。
表紙が印刷のものから、押し花や刺繍へと、ゴージャス度に応じて料金が高くなるという感じ。
電報を打つ機会はあまりなく、会社でも弔電をたまーーーにというくらいで、最近はほとんどその機会もありませんでした。
久しぶりに電報事情を見てビックリ仰天しました。
台紙が「台の紙」というのに紙製でなくなり、立体になっています。
そういえばキャラクター電報というのは聞いたことがありましたが、なんとプリザーブドフラワーのバラの電報まであります。
前回弔電の手配をした時にはそんなことを思った覚えはないので、ここ1・2年のことでしょうか?
私はNTT東日本の利用者ですが、あまりに驚いたので、全国的にそうなのよね?とNTT西日本のサイトまで見てしまいました(笑)
そこで、ふと気が付いたのです。
同じプリザーブドフラワーのバラの電報を扱っているのですが、載せてある見本画像が微妙に違うのです。
どう見ても同じプリザーブドフラワーなのに、撮影角度が違ったり、ボックスの蓋が開いていたり閉まっていたり。
東西でわざと変えている???
何か事情があるのかどうかわかりませんが、見ているとなんだか可笑しくなってきます。
バラ中心に見てくださいねっ!
 
NTT東日本 D-Mail 台紙一覧
 
NTT西日本 D-Mail 台紙一覧

双葉バラ園

茨城新聞ニュースの「週間ニュース」の中に「原発避難の双葉バラ園主「心の中は空洞」常総で講演11月20日(日)」という記事が載っています。
茨城県常総市にある「坂野家住宅」の講演会に私も行って来ました。
なんだか写真を撮っているなーと思っていたら茨城新聞さんでしたか?
あ、私は写っていませんよ、もちろん。
岡田さんのお話は、バラの植え込みから剪定、消毒、ツルバラのこと、土作り、鉢植え・・・とバラの多岐に渡り、「本当は3時間かかる」というお話を1時間半で聞かせてくださいました。
バラの話しなら3時間でも5時間でも(!)お話しは尽き無さそうだし、私たちもちっとも飽きないだろうと思いますが、茨城新聞の写真にもあるように立ちっぱなしでお話しをしてくださったので、さすがに3時間は・・・^^;
 
先月の三度目の一次帰宅のことや、避難先でのバラへの思いが記事になっていますので、是非ニュース記事をお読みください。
 
私は、全員に配っていただいた双葉バラ園のパンフレットを皆様に紹介して、私のメッセージとしたいと思います。
 
 
こんなバラ園でした。
それが雑草だらけだなんて・・・
111120_01
 
 
どうしてこんなことになったのかは、この地図でご覧ください。
111120_02

傘が帰ってきた♪

私のお気に入りの傘が修理から戻って来ました。
お帰り♪待ってたよ♪♪
 
101120_01
 
折れた骨を取り替えていただいて、ぴかぴか。
 
101120_02
 
修理代5,550円+預ける時の送料までかかっています。
ビニ傘が何本買えるやら^^;
でもこの傘にとっては買うより”はるかに”安い^^;;;
 
もう雨が降ってもいいわよぉ~~~

推薦 キットカット宇治抹茶

これは久々のヒットの予感。
おいしいです。「風味」ものはよくありますが、これは結構本物?という印象です。
かなり力強くおすすめしちゃいます。
この秋冬、お菓子会社の戦略に乗せられまくってどれだけチョコレートを買ったか数知れず。しかも残らず食べたし。
その中の三本指に入るかと。 チョコ好き抹茶好きの皆様、キットカット宇治抹茶をお試しあれ。

※他に今年のお気に入りは、<ダース ジャンドゥーヤ>