ローズ・・・

まぁ一種の病と言いましょうか、
「バラ」とか「ローズ」に条件反射するわけですね。

今日、電車の隣の席で、図書館で借りた本を読んでいる人がいて、
そのタイトルが『おだまり、ローズ』
新聞の書評欄に載っていたので私も当然条件反射でその記事を読んでいたわけですが、それと気づく前に「ローズ」の文字に反応してお隣さんを覗き見するという、こういう時だけ妙に反射神経の良い私です。

画像が欲しかったので楽天ブックスを張りますね。

分厚くて2,500円超の本です。
こういう時はやっぱりデジタルに魅力を感じますね。
お隣の方も通勤に持ち歩くにはちょっと大きくて重くて大変そうでした。
ローズ繋がりでバラ本以外の本を読んでみるのも楽しいもの。
なんとなく面白そうなのでそのうち読んでみましょ、と思いました。

ポプリになったバラ

本棚の上に花瓶を置いておいたら・・・
 
花びらが散って充電中の携帯を飾り・・・
 
091121_01
 
カラカラに乾いて尚香り・・・
 
091121_02
 
そっか・・・これってポプリじゃないの・・・と
あまり香りのあるバラを持っていないへっぽこベランダーは大感激し・・・
(きっとシャリファアスマだな・・・)
 
花瓶のバラたちは・・・
 
091121_03
091121_04
 
絶賛開花中・・・
 

ローズニュース

薔薇と言えばブルガリア、ブルガリアと言えばヨーグルトではなく薔薇。
こちらにおいでの皆様には既に常識となりましたね?(ね?(脅))
 
こんなものを見つけました。
 
第1回「世界一美しい花」バラフォトコンテスト
 
なかなかタイトルがよろしい。うん。
詳しくは日本ブルガリア協会のイベント情報をご覧下さい。
  日本ブルガリア協会
部門がふたつあって〔ブルガリアの香油バラ〕〔観賞用バラ〕というところがブルガリアのこだわりでしょう。
最優秀作品には2009年のバラ祭を見学するブルガリア旅行が贈られるそうですよ。
皆様観賞用バラ部門のエントリーなど如何ですか?
私?だめだめ。私はコンテスト用に写真を撮っているのではなく図鑑用に撮っているので、4切りで出せるような写真などございませんです。ハイ。
 
パンフレットで気になったのが「日本・ブルガリア外交関係再開50周年記念」の文字。戦争で国交が一時途絶えたのでしょうか?薔薇を追いかけていると世界の歴史も気になります。
写真の展示はブルガリア大使館(代々木)でもするそうです。大使館行ってみたいです。薔薇植えてあるのかしらん?