読書記録一覧

宇宙のランデヴー

[タイトル] 宇宙のランデヴー〔改訳決定版〕
[著者] アーサー C クラーク
[形式] Kindle版
[金額] ¥853
[内容] 時は2130年、太陽系にやって来た謎の物体”ラーマ”とランデヴーするSF

[感想]
アーサーCクラークの一般的な有名どころは2001年宇宙の旅だと思うが、それよりもわかりやすくて面白い。
宇宙人だのという濃いめのSFではなく、どちらかというと薄めのSFなので、コアなSFファンには物足りないかもしれないが逆に言えばたいへん読みやすいと言えると思う。

[雑記]
BSプレミアムの番組「コズミック フロント☆NEXT」で太陽系外からやってきた物体を取り上げていて、研究者たちが発見されたばかりで解明前のその細長い物体をとりあえず「ラーマ」と呼んでいて、それはこの本『宇宙のランデヴー』の円筒形の物体をイメージした命名だった・・・と聞いたので読んでみた。
研究者はみんなアーサーCクラーク読んでるな・・・というか・・・そういう本を読でいる人が研究者になっているのか?
現実に太陽系外からやってきた物体は正式には発見したハワイにちなんで「オウムアムア」(ハワイ語で「初めての使者」)と命名されている。

2077年地球に大隕石が降ってきて、パドヴァとヴェローナが地上から払拭、ヴェネツィアはアドリア海に没する・・・どうかこんなことにはなりませんように。それにしてもヴェネツィアはいろいろな理由で沈むな。

コンピュータが「ねぇちょっと!面白いものがありますぜ!」という信号を出す、ここ爆笑。

ラーマはインドの国民的叙事詩「ラーマーヤナ」からとった名前。ギリシアやローマの神話からはもうネタ切れだそうな。

空間(スペース)天文学は金のかかるホビーで・・・ってホビーですか、そんなこと言われて良いのですか、研究者の皆様。

科学技術レベルの格差が甚だしい同士の文明の出会い
ピサロとインカ、ペリーと日本、ヨーロッパとアフリカ
ここ、ペリーと日本が入るかな、そうなのかな、アメリカではそうなのかな。

フェアバンクスやコネリーやヒロシら映画のヒーローたちが・・・
ヒロシって誰???

侵入したラーマの内部には音がなかった。
人間の五感は常にインプットを要求する。それを奪い取られると自らその代用品を作り出す。
それで乗組員に幻聴が聞こえた。

コンピュータの中で回路が閉じれば迷路の息を吹き返す。
理科苦手な私は「閉じる」に違和感。
でも理科では、スイッチを入れて回路がつながり電流が流れる状態になることを「回路を閉じる」というらしい。

読めなかった漢字。
登攀 → とうはん、これは完全お手上げだった
雀躍り → 小躍りのことを雀躍というところ、雀躍りでこおどりと読ませられた
闖入 → 読めたことは読めたが、門の中に馬がいるんだっけと画面の小さい文字をガン見した


日の名残り

[タイトル] 日の名残り
[著者] カズオ・イシグロ
[形式] Kindle版
[金額] ¥617
[内容] 英国の執事の回想録。ブッカー賞受賞作。

[感想]
日本に住んでいる一般の人(私)が思うようないかにも英国っぽい空気が漂っている。
英国の歴史、伝統のほか、英国人気質もよく分かる。
何かすごいことが起こるとかスリルがあるとか泣けるとかいうこと無しに人に読ませることのできる小説。
小説(ライトノベルではない)を読み慣れている人にはじわじわ染みてくるタイプ。

[雑記]
「日の名残り」というタイトルで太宰の「斜陽」を連想したが全然違った。
退廃的なところはない。
映画の「黄昏」(ヘンリー・フォンダ主演の)の方向のほうが近いかもしれない。ストーリーではなくタイトルの方向性の話。

Eテレの英語講師が美しい英語だと言っていた。
原書は読まない(読めない)が「・・・でございます」「・・・申します」風の訳が付いているので、英語もそのような風味なのだと思われる。
日本語にしてもたいへん美しい。
美しすぎて読めない漢字、わからない言葉があった。
峨々たる山脈 ^^;
この発言をさらに敷衍する ^^;

イギリスの国土は自分の美しさと偉大さをよく知っていて大声で叫ぶ必要を認めない、アメリカやアフリカの景観は騒がしいほど声高な主張。
めんどくさい褒め方。

うっかり冗談を口にし次の瞬間その場の雰囲気にまったくそぐわないとわかったときの悲惨さというものは想像しただけで身の毛がよだつ。
めんどくさい人。

そんな執事だが、可愛いことも書いてある。
旅行の経費を考えるのに、
宿泊代、食事代、路上でのおやつ代など・・・
うん、おやつ代は必要経費だ。

お屋敷のお庭の話。
普通は週に一度、夏には週に二度園丁に来てもらう。

執事が旅先で泊まったのは「ローズガーデン・ホテル」
窓からはバラ園が見えるそうな(^^)


無人島に生きる十六人

[タイトル] 無人島に生きる十六人
[著者] 須川邦彦
[形式] Kindle版
[金額] ¥67(セール+Amazonポイント等)
[内容] 明治31年難破した船の乗組員16人が無人島で暮らした実話をもとにした物語

[感想]
少年の冒険物語とは違う大人の結構具体的なサバイバル物語。
海に生きる人たちのその生き様がかっこいい。
街で疲れた人が読んでみるといいと思う。

[雑記]
アメリカもばんばん捕鯨船を出していた頃。ラッコ船もオットセイ船もあった頃。
千島列島先端の占守島(しゅむしゅとう)。初めて聞いた。現在ロシアの実効支配下。
船が出たのは東京の大川口→隅田川のこと。
小笠原島の帰化人という人が出てくる。小笠原が日本の領土になったのは明治8年。
船で脚気が問題に。日本人は白米を食べるからって、そんなにお米だけ食べていたということか。
船の寝具を布団から毛布に変えたのは衛生上の大改善。そう?
船に乗せる道具。ふか釣りとウミガメ獲りの道具とその油を絞る道具!
黒潮はききょういろ。
正覚坊(しようがくぼう)=アオウミガメ
アオウミガメの肉は牛肉よりも美味しい。
ウミガメは腹のなかに1リットルから2リットルの清水を持っている。(遭難時重要情報)
大海原で帆船(風まかせ)が汽船(エンジン付きで思い通りに航行)に出会うとここはどこですかと聞くのは世界の海の習わし。
ここはどこか教えてもらった後の挨拶「汝に謝す」「愉快な航海を祈る」・・・安全より愉快か。
アホウドリ。肉は食用になるが美味しいものではない。
策=つなと読む。綱ではない。検索の策だ。
無人島での4つのきまりがカッコいい。家の壁に貼りたいくらい。
(1)島で手に入るもので暮らしていく
(2)出来ない相談を言わない
(3)規則正しい生活をする
(4)愉快な生活を心がける
陸上で一番美しい動物は蝶と鳥。色は、だろう。
匪賊。こんな言葉聞いたことなかった。