読書記録一覧

無人島に生きる十六人

[タイトル] 無人島に生きる十六人
[著者] 須川邦彦
[形式] Kindle版
[金額] ¥67(セール+Amazonポイント等)
[内容] 明治31年難破した船の乗組員16人が無人島で暮らした実話をもとにした物語

[感想]
少年の冒険物語とは違う大人の結構具体的なサバイバル物語。
海に生きる人たちのその生き様がかっこいい。
街で疲れた人が読んでみるといいと思う。

[雑記]
アメリカもばんばん捕鯨船を出していた頃。ラッコ船もオットセイ船もあった頃。
千島列島先端の占守島(しゅむしゅとう)。初めて聞いた。現在ロシアの実効支配下。
船が出たのは東京の大川口→隅田川のこと。
小笠原島の帰化人という人が出てくる。小笠原が日本の領土になったのは明治8年。
船で脚気が問題に。日本人は白米を食べるからって、そんなにお米だけ食べていたということか。
船の寝具を布団から毛布に変えたのは衛生上の大改善。そう?
船に乗せる道具。ふか釣りとウミガメ獲りの道具とその油を絞る道具!
黒潮はききょういろ。
正覚坊(しようがくぼう)=アオウミガメ
アオウミガメの肉は牛肉よりも美味しい。
ウミガメは腹のなかに1リットルから2リットルの清水を持っている。(遭難時重要情報)
大海原で帆船(風まかせ)が汽船(エンジン付きで思い通りに航行)に出会うとここはどこですかと聞くのは世界の海の習わし。
ここはどこか教えてもらった後の挨拶「汝に謝す」「愉快な航海を祈る」・・・安全より愉快か。
アホウドリ。肉は食用になるが美味しいものではない。
策=つなと読む。綱ではない。検索の策だ。
無人島での4つのきまりがカッコいい。家の壁に貼りたいくらい。
(1)島で手に入るもので暮らしていく
(2)出来ない相談を言わない
(3)規則正しい生活をする
(4)愉快な生活を心がける
陸上で一番美しい動物は蝶と鳥。色は、だろう。
匪賊。こんな言葉聞いたことなかった。