ファッション色彩[1][2]

[タイトル] ファッション色彩[1][2]
[発行] 財団法人 日本ファッション教育振興会
[形式] 本
[金額] [1]¥463 [2]¥496
[内容] ファッション色彩能力検定参考書

[感想]
色彩理論の概要と基礎。勉強になったが面白いものではなかった。

[雑記]
検定試験を受けようということではなく興味本位で読んでみたもの。
概要と基礎は読んで面白くないのであっという間に忘れそうな予感。
1000円もしていないのでまぁ余興ということで。

今回のピックアップ。

モーブ(Mauve)というのは『発見』されたものである。
染料の発見、つまり色の発見!?

新橋色というものがあることを知らなかった。
wikiによると、
新橋芸者の間で流行したわずかに緑がかった明るい青色
別名今春(こんぱる)色
とのこと。
初めて聞いた。
#59b9c6

かさねの色目の「薔薇(そうび)」
表:紅
裏:紫
現代の発想ではバラっぽくない気がする

薔薇色 あざやかな赤
ローズピンク 明るい紫味の赤
オールドローズ やわらかい赤
ローズ あざやかな赤
ローズレッド あざやかな紫味の赤
(色名一覧より)
オールドローズは我々の知るバラの種類ではなく、オールドな感じのローズなのだろうな。

この本は今後処分の対象となる。


半分やっかみ半分本気

年末の買い物にデパ地下に行きました。
のんびりしていると何を買ってしまうか危険なので、なるべく下を向いて用事を済ませて1階へ上がりました。
前を歩いている奥様ったらこんな日(今日は寒い)に半袖?と思っていたら、出口のところでさっと手に持った毛皮を羽織りやがりました。ふん。





曖昧な記憶の中で

先日、投稿記事の中に雑草の話が出てきて、コメントを書こうかと思いながら、そういえば最近雑草のことを書いてある文章を読んだな何だっけなと思って思い出せないうちに、けっこうな時が経ちました。
そして肝心要のコメントを書こうと思った投稿記事の行方も見失いました。
あぁ、私、もうダメだわ^^;

やっと雑草のことを書いてある文章がどれだったか思い出したので、自分の投稿でお茶を濁します。

「望まれない存在」からアレンジの花形へ。雑草の時代がやってきた!(T JAPAN)
(facebookとTwitterとLINEのシェアボタンが付いている記事なのでリンクを貼っても大丈夫なものだと思います。)
(興味深い内容なので是非全部読んでみてください。)

私が思い出そうとしていた内容は、冒頭の部分です。
雑草について、

私たちの生活になんら貢献することのない彼らは、価値のない植物と見なされてきた。
(中略)
しかし、そもそも雑草は生きるために人間を必要としないのだから、どうして人間を助ける必要があるだろう?

ご尤もです。
やれ暑いの寒いの、やれ喉が乾いたのお腹が空いたの、やれ虫がついたの雨で汚れたの・・・とおっしゃるバラお嬢様と同じ土俵には立っていないのです。
福島の双葉バラ園さんのお話を聞いたときのことも思い出しました。
一時帰宅して行ってみたバラ園は雑草だらけで、バラを探さなければいけないほどだったということです。
雑草は人間が手にしたテクノロジーとも次元が違っているのかもしれません。

そんなこんなで、コメントを書こうと思った投稿記事に再び行き着くことができなかったのが少し気持ち悪いですが、半分だけでも消化してヨシとすることといたしましょう(^^)


四季咲きのバラは必要だったのか?

先日「高温傾向でバラに異変って本当に?」というテーマにコメントを書いていました。
気候変動でバラの開花時期に異変が起きているのではないかという意見の是非についてです。
春のバラ、秋のバラ・・・と考えて書きながらなんだか不安になってきたのですが・・・
今現在存在するバラの多くに「四季咲き」性があります。
バラは四季咲きである必要があったのでしょうか。

四季咲きとは1年に何度も咲くことです。
バラは、一季咲き、返り咲きなど多種ありますが、四季咲きも多くを占めています。
バラ科の樹木はサクラ、ウメ、モモなどほとんど一季咲きです。
バラ科に限らず花ってわりとそういうものです、チューリップだってヒマワリだって紫陽花だってそう何度も咲きはしません。
となると、です。
バラがものすごく特殊に思えてきます。

バラの原種の多くは一季咲きでした。
バラがもともと自生していたのは北半球のヨーロッパ、中東、中国、日本、北米の一部あたりのラインだということです。
その殆どが一季咲きでした。
唯一中国のバラだけが四季咲きだったということです。
ヨーロッパの人がその中国の四季咲きバラを知って、1年に何回も咲くなんていいなぁ♪そういうの欲しいなぁ♪とせっせと品種改良した結果が現在のバラたちです。

バラは西洋の花というイメージは広くあるようだし、かの新渡戸稲造さんでさえそのようなことを言っていました。
私はそれをずっと品種改良のこととして解釈していました。
アジアのバラの四季咲き性や房咲き性を活用して新しいバラをどんどん作っていったのはヨーロッパです。
だから、日本は桜、西洋はバラというのはそういう意味だと思ったのです。
でも、先日四季咲きについて考えていて、ふと思いました。
日本人のDNAには一季咲きが入ってやしないか?
梅のお花見も桜のお花見も1年に1度のことです。
特に桜(主に染井吉野など)はぱぁ~っと散ったら次は1年後まで見られませんし、毎年桜を見ることが生きる指標にさえなっています。
そこにバラがやって来て、たとえ日本や中国の品種を元に改良されたバラであったとしてもそれが四季咲きであったとしたら、そここそが「非日本」だったのではないでしょうか?

いくら私が口を酸っぱくしても、秋にもバラが咲くんですかぁ?などと言う人が絶えないのは、これはもしやそういうことでは???