日記 オヤブンの逆襲

6月30日(木) 雨のちくもり 28.4℃ 63%(K家リビング)

会社から帰って、真っ暗な寝室の電気を付けた。
着替えをはじめるとガラス窓に外から「パンッ!パンッ!パンッ!・・・」と連続して何かがぶつかる音がした。
見ると・・・・・・
「げっっっ!オヤブン!!!」

夕べは涼しい風が吹いていたので窓を開けたのであった。
この陽気になって虫たちが飛んでいるのはわかっていたのに、つい、魔が差した。
最近我が家を訪れるのは、4~5㎝もあろうかと思われる巨大なカフェオレ色の昆虫。
黒かったらカブトムシと言うくらいに大きい。
小さければカナブンといったところか。
名前がわからないので「オヤブン」と呼んでいた。
ソイツが知らぬ間に部屋に入ってきて、リビングのテーブルでちゃっかり寛いでいる。
何を隠そう、我が家には網戸というものが、ない!
きぇーーーーーーーーーー!
動いてるぅ!(ヾ(-_-;) 生き物は動くって)
私を見てるぅ!(ヾ(-_-;) 自意識過剰だって)
お引取り戴きたいのは山々なれど、あまりの巨大さにちょっとビビり
ヌメヌメやケバケバしているわけでもなし、襲って来やしないって、と思っても、やっぱりイザとなると手が出ない。
オットが帰ってくるまで見ないふりをして過ごした。
ウィンブルドンが始まった頃にようやくオットが現われ、「テーブルにオヤブンがぁ・・・(ToT)」と泣きを入れた。
オットはオヤブンをつまんで、ベランダの柵からフルスピードで1階へ退去させていた。(投げ捨てた、とも言う)
ハァ~一件落着。。。

・・・・・・
そんな昨日の出来事が頭をよぎる。
今日のはやっぱ、逆襲か?


本 - 海だロマンだ

トラファルガーの海戦から200年、というニュースをやっていますね。
ポーツマスの艦隊の様子がテレビに映っていました。
かっこいい~~~乗りたい~~~

ポーツマスと言えば「メアリー・ローズ」。本館にある「豆知識 メアリー・ローズ物語」は読んでいただけましたでしょうか。船のお話しですよー(宣伝宣伝(^^)v)

本の話題が続いております。
念のためお断りしておきます・・・最近Amazonの本のリンクを貼らせていただいていますが、これは買えっていう意味ではありません。表紙なんかがわかった方が楽しいかな?と思っているだけで、でも写真だけを持ってくると怒られそうなのでお買い物ページにリンクしているだけで、ホントにAmazonの回し者ではありません。本の写真だけフンフンと見ておいてくださいね。買わなくっていいんですからね。(購入希望の方はもちろん遠慮なくご利用ください。)
前回↓のカレンダーは商品リンクを貼りましたが、セキュリティーがキツイ環境では表示されないことを発見したので、今日はテキストリンクにしておきます。。。

私の全ての原点は「7つの黄金郷(エルドラド)」です。
古いマンガなのでお若い方はご存知ないかもしれませんが、エースをねらえ!の作者さんです。
(そうだ!ウィンブルドン!BSでも放送が始まりました。1回戦からやって欲しかったなー・・・)
”エルド”の舞台は1500年代ですので、ネルソン提督(←トラファルガーの海戦のヒーロー)ではなくキャプテン・ドレイク(←1500年代のヒーロー船長)の時代です。
未完のお話なのであまりお薦めはいたしませんが、これが私の「海だロマンだ」の始まりでした。

さて、トラファルガーといえば、ここでは毎度おなじみの漫画家さん、青池保子さんのトラファルガーでしょう。こういうの、大好きなんですよ(^^ゞ

海戦ものでは、
どんなの読めば面白い?という方には、塩野七生さんのレパントの海戦なんかお薦めしちゃいます。海戦というわけではありませんが塩野七生さんでしたらコンスタンティノープルの陥落なんかむちゃくちゃお薦め(笑)です。

7月の海の日を前に、皆様も是非”海だロマンだ”してみませんか・・・・・・


本 - Amazonの誘惑

私は決してAmazonの”回し者”ではございません。
が。
確かにしょっちゅうショッチュウ覗きに行っています。
そしてその度に何かが欲しくなる・・・という不毛のサイクルに陥っています。
今日も洋書のページで見つけてしまいました。

まだ6月だというのに、もう2006年のカレンダーが出ていますよ。
すごくビビットそうな薔薇のカレンダーです。お部屋のアクセントにどうかしら。
薔薇ではありませんが↓コレもすっごい魅力的~♪

薔薇とチョコに囲まれて暮らせたら ~( ̄▽ ̄~)ヨイナー (~ ̄▽ ̄)~ヨイナー
いや。
今日のところは自重自重。(明日のことはわかりません^^;)
カレンダーって年末になるとあんまりいいのが残っていなかったりするんですよね。
もちろん、他にも動物とか景色とか普通の(笑)もたくさんありましたよ。


本 - 修道士カドフェル

去年から読み始めた修道士カドフェルシリーズ。
きっかけは、このBlogにも何度か登場していただいた晴れたらバラ日和の薔薇の写真です。
第13巻 代価はバラ一輪 The Rose Rentも無事読破。
軽快に読んでいたら文庫本の出版に追いついてしまったので、ここで一息、本の紹介をしてみようかと思います。

ときは12世紀初頭、ところはイングランドのシュロップシャにある修道院、主人公はかつて十字軍にも参加したことがある人生の酸いも甘いも経験した50代後半のずんぐりオジサン修道士。
修道士カドフェルは英語にするとBrother CADFAEL。男性はブラザー、女性はシスターですね。その上の位になると、修道院長はファーザーと呼ばれています。女性はマザー・テレサさんのようにマザーです。
物語は1巻完結で、毎回最後には一件落着となります。
ジャンルは、探偵小説・・・・・・にしていいのかな?そうですね、なにしろ主人公は修道士ですから、武器も持たず、暴力も振るわず、実際に追跡捜査をするのは彼ではなくシュロップシャの州執行長官やその部下だし、でも、カドフェルが事件を解決に導いちゃうんです。
ターミネーターも面白いけど、刑事コロンボも好き・・・というのに近いかもしれません、派手さはないのになかなか魅せてくれます。
カドフェルは修道士ですがお医者さんでもあります。薬草を使って風邪薬を作ったり、傷の手当てをしたりします。
ありとあらゆるハーブを育て、ハーブ園の隣にはバラ園もあったりします。

さて、13巻ですが、 夫を亡くした未亡人が屋敷を修道院に寄進し、その代わり思い出のよすがに年に一度屋敷に咲く最高の薔薇を一輪受け取る、という物語です。
この年は天候不順で1ヶ月近く植物たちの生育が遅れてしまったようです。未亡人に薔薇を届ける日が近づくにつれカドフェルは「もしも6月22日までに花が咲かなければ・・・」と心配しています。薔薇が6月半ば過ぎても咲かないなんて、想像するだにオソロシイ!
そんな中、事件が起こり、カドフェルがああしてこうして(笑)・・・
巻の終わりには、未亡人は純白の薔薇を一輪受け取る事ができるわけです。
最後に可愛らしい女の子が登場します。ロサルバという名前の女の子です。ロサルバ rosalba。rosaは薔薇。albaは白。粋じゃありませんか!
世の中に薔薇を小道具に使った物語はゴマンとありますが、この『代価はバラ一輪』はものすごくハイセンスだと思います。

それにしても、
カドフェルという薔薇は明るいピンク色なんですよね。50代のずんぐりオジサンがねえ?
しかも”船員みたいに身体を左右にゆすって歩く”ようなオジサンなんですけど・・・。
作出者のD.オースチンおぢさんは何を思って命名したのでしょうね。どうやら皆さんの「謎」のようです。

本はこちらで見ることができます ⇒ 修道士カドフェルシリーズ

修道士って何?という方はこんなのいかがでしょう ⇒ 修道士ファルコ


苺はオチャラケる

先日虹の写真を見せていただいた方のBlogにふらりとお邪魔したら、とっても笑える苺に巡り合いました。
苺の話題は巷では(巷って、まあ、内輪のことです(笑))この春も結構盛り上がっていましたが、とっくにシーズンオフでちょっと淋しくなってしまっていました。
これは久々に話題を振りたくなる苺です。

↓↓↓
Happy Birthday Strawberry Cake

なんておちゃらけた苺なんでしょう!
かなーり笑いのツボをくすぐられるんですけど。
お誕生日じゃなくても買っちゃいそうですよぅ・・・・・・