ベルばらKids

朝日新聞を購読の皆様、今日からベルばらKidsが始まりましたね。

051002berubara01_2

ガンダムじゃないんだから・・・と思わず吹き出してしまいましたが、でも、結構かわいいですよね?
なんてったって、ベルばらは薔薇の世界の基本です。(キッパリ!)
ただ、私は友人に借りて読んだので自分では本を持っていないのです。
文庫にもなっていることだし買おうかなーどうしようかなーと悩みに悩んで今に至る、です。
ストーリの中に”薔薇の花”というのはそんなに出てこなかったような気もするし・・・。

でも、池田理代子さんの薔薇の絵、素敵です。

051002berubara02


トンボを舐めるキリン

051001tombo_2

わかりますか?
もう少しアップに切り取ってみましょうか。

051001tombo2

なんだかユーモラスなのです(^^)

東京都庭園美術館の庭園にて
(本日、都民の日につき庭園は入場無料(^^)v)


さらに青

フジサンケイ ビジネスアイ 9/30(金) 22面
21世紀を拓く知の創造者たち サントリー より

≪青いバラ開発プロジェクトに携わる人びと≫
「91年に入社し、以来、一貫してこのプロジェクトに携わっています。」
「私も入社以来青いバラ開発の仕事に携わっています。」

就職していきなり仕事が青いバラの開発。スゴイですよね。
もちろん皆様理系の学校でお勉強された方々ですから、もしかしたら青いバラの開発を希望して就職したという可能性もありますが。
確か、どなたかが(小山内健さんだったか、ちょっと記憶が・・・)薔薇にするか菊にするかと聞かれて薔薇を選んで人生が決まった、みたいなことを仰っていたのを雑誌で読んだような。(記憶違いだったらごめんなさい。)
青いバラ開発の皆様もある意味一生を決めちゃったといっても過言ではない・・・?

≪青いバラの開発が成功したときの思い出≫
(開発成功の記者会見で)
「もっと青さを追求しなければとの思いがあったものですから、会場でブーイングでも起きたらどうしようと正直不安でした。」

ブーイング、って・・・^^; 開発のご苦労がしのばれます。
見るほうは「青くないじゃん!」とひと言で終わらせてしまうかもしれませんが、開発者の方々の努力と思い入れにも思いを馳せずにはいられません。
某テレビ局の「プ○ジェクトX」みたいにいろーんなことがあるのでしょうね。
花色は概ね好評でした。

商品化は2007年だそうです。

青いバラの研究開発の是非を論じるものではありません。
先のことはわかりませんからね。案外22世紀や23世紀の人たちは青い薔薇なんて当然になっていて、「昔は青い薔薇ってなかったんだ、へえ~」なんて言っているかもしれません。
ただ・・・
薔薇って人生を賭けて余り有るものであるというということが、そんな薔薇ってスゴイなーと今日もまた思ったのでありました。



秋の日 2種

050926hana

パーティー用にエディブルフラワーを買ってみました。
エディブル→食べられる。
食べ、ら・れ・る。
つまり”美味しい”とは言っていないのですよね^^;
味がなくてパサパサして、ん~、確かに食べられはしました。
華やかでかわいいんですけどねーーー。
お値段高いんですけどねーーー。
まあ、飾り付けには役に立つものです^^;;;

050926mi

台風通過の大風が吹いて、街路樹の実がずいぶん落ちていました。
大きいほうは鈴懸(プラタナス)の実。
小さいほうはやまぼうしの実(だそう)です。(義母談)
可愛いから誰にも踏みつけられないうちに拾ってきちゃいました。