0103一覧

バラで始まる2017

なぜかバラブームが巻き起こっているK家です。
夏には庭を耕す話しをしていました。
秋には大苗を結構買ったようです。
そして現在。
ご覧くださいこれを!ワッハッハー

東京より寒いので、植えたばかりの苗には冬囲いをするように地元の方にアドバイスされたようです。
つるバラはカバーなしでした。
バッテンの支柱に支えられて枝がよく見えないほど細いロンサールです。

この一角ともう一角、はてさて何本の大苗を買ったのやら(笑)
今はひたすら夢いっぱいの時期で、地元の新聞に載せてオープンガーデンも・・・とか妄想が飛び交っていました。
実際に咲かせてみるとまた新たな課題が見えてくと思いますが、今はひたすらワクワクして楽しそうなK家です。
おかげで楽しいお正月を過ごすことができました。
私はベランダーなため穴掘りや誘引の実技はアドバイスできないので、ロンサールの名前の由来やらバラの歴史やらの学科をせっせと吹き込もうとそれはそれでワクワクしています。


2016年!平成・・・

新しい年がやってきました!
またしばらく書類で手が止まりそうです。銀行などに行くと必ず日付を記入する欄があります。
今年は平成何年かって、さて、何月頃に覚えられるでしょうか???
 
まずは、お正月の記録から始めましょう。
お正月、それはすなわち猫パパラッチ♪
K家の王子様の追っかけで1年が始まります。
今年は、甥っ子に「写真あったらちょーだい♪」と言ってみました。
iPhonに保存してある猫写真の山から3枚いただきました。
 
リビングの出窓にて ふむ苦しゅうない
160103_01
 
ぬーん
160103_02
 
我輩はアイドルである
160103_03
 
(以上、甥っ子TK提供)
 
私は、王子様が縁側の座布団の山でお寛ぎのところを激写して参りました。
引いたのと寄ったの、どっちがいいかなぁ?
160103_04
160103_05
 
今年も、気合を入れるべきは気合を入れて、でも、ゆるゆると日々の記録を書いてきたいと思います。


お正月ですにゃ

2015年がはじまりました。
今年もよろしくお願いいたします。

お正月というと家族や親戚が集まるのが日本の一般的な慣習かと思いますが、その様相は毎年変化していきます。
子供が大人になり、孫が大人になり、あんなに賑やかだったお正月がまったりとする時期というものがあります。
バイトに行ったりスキーに行ったり、子供の声がないお正月。
そこで主役となるのは、言わずと知れた『猫』なのでございます。

タマが2014年に虹の橋を渡ったそうです。
義母は20年と言っていましたが、自分の歳を数えで言う人たちですから、だいたい18歳くらいだったかな?と思っています。
こうなると名実共に天下を取った王子様。

12/31 久しぶなのでなかなか相手にしてくれない王子様の図
150103_01

王子様のために部屋はぼろぼろ、でも誰も怒ってない!
150103_02

日本猫ではないので結構ワイルドなのです。(拾得物なので詳細は不明です)
家族は引っかかれ齧られ流血しながら猫可愛がりする人たちです。
でも、変だなーと思ったのは、猫って尻尾を触られるのはあまり好きではないはずなのに、この子は尻尾を引っ張っても平気なのです。
ほてほて歩いている後ろから、尻尾をむんず!と掴んで後ろに引っ張っても(←良い子は真似しないでください)そのまま歩き続けて、引っ張られて後ろにずるずる下がっているのに意に介さず歩き続けようとするのです。
で、私に「怒るとか引っかくとかしなさいよぉ」と呆れられます。
尻尾を引っ張られているのを気づいていないのかしら?
なんか前に進まないぞ変だな???とでも思っていそうなくらいの反応なのです。
普通あり得ませんよね(笑)

元日の王子の肖像
150103_03

2日、呼べば振り返りはする
150103_04

が、やっぱりカメラ嫌いなのね
150103_05

県内に住む義姉の車は猫がいっぱい、これは運転席、家は「もっと凄い」のだそうです
150103_06

こうして、猫中心で2015年が始まりました。


今年もよろしくお願いします

130103_01
130103_02
K家田舎の1歳半男子は、すっかり王子様気質に育っていました。
(暗いところで見ると狸に見えます。(こっそり))
というわけで・・・
今年も変わらぬお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。


2012年始動

120103_01
 
いつものようにご馳走を食べて、いつものように駅伝を見て、いつものように始まりました。
ふと気がついたのですが、3日もPCに向かわないと肩が痛くないような・・・
よっぽど体に悪いのでしょうかねPCって。
でも仕事だしなぁ・・・
今年はまだまだ360日以上あります、いつものように頑張ります。