0321一覧

季節外れの雪が

降ってる。

今2センチくらいかな。
私は祝日で助かったけれど、
お墓参りの皆様、道路に電車に寒さに気をつけて〜
バラの皆様、今日は寝たふりしてて〜


なにかが・・・

起きそうな予感。

この先どうなるのかな。
エアプランツ初心者は興味津々。


予告編

これはバラの蕾ではありませんか
160321_01

蕾みたいな気がするものの
160321_02

薄らぼんやりでなんだかちっともわかりゃしない
160321_03

・・・

ということで

to be continued.


いよいよ間近

新聞に挟まっている地元誌に桜スポットの紹介が載っていました。
お花見気分も徐々に高まってきます。

そして、バラも。

140321_01

超早咲きのスポンタネア嬢です。
親木のある草ぶえの丘バラ園でも、私は去年4月13日にスポンタネアを見に行きました。
他のバラはぜーんぜん咲いていないのにスポンタネアだけひとりでバラ祭りをやっていました。(2013/4/13の記事はこちら

その草ぶえの丘で作っていただいたスポンタネアJr.が今年咲きそうです。

荻巣樹徳さんの『幻の植物を追って』の第1章にスポンタネアは登場します。
他のバラの話しは第6章にまとめてあります。スポンタネアは凄いのです。
贔屓目?
でも、荻巣さんやプラントハンターたちが探して探して探さないといけないような中国の山深くに自生していたスポンタネアが、21世紀に我が家のベランダで咲くなんてやっぱり凄いです。
荻巣さんの本には白から濃い赤まで様々なスポンタネアの写真が載っています。
私は草ぶえの丘の方にピンクと赤とどっちがいい?と聞かれて赤を選択しました。
さーて、どんな赤色を見せてくれることか。
とてもとても楽しみです。


今日の記録

芽出し肥の日。
 
我が家は今まで液肥に頼ってきましたが、去年バラ鉢を買った時に固形肥をおまけにいただきました。
 
100321_01
 
楽そうだし、これもいいかな?という印象でした。
おまけは3個だったので、我が家の小さな鉢に合わせて少し小さな固形を買い足しました。
 
もちろん、去年ひと房しか咲かせられずに大失敗をした黄モッコウ・ルテア嬢には差し上げていません。
そして白モッコウ・ノルマリス嬢にも。
黄モッコウには今年はひと房以上の蕾が付いています。
  
100321_02
 
白モッコウは若干遅れ目ながらそれなりっぽい雰囲気です。
 
株元に手を突っ込んで傷だらけになるのなんてのーぷろぶれむ。
強風でベランダが土まみれになってもイソイソお掃除しちゃいます。
 
いよいよですね、バラのシーズン。