0415一覧

春の嵐被害2018

朝起きたらだいぶ静かになっていたので、おや?大丈夫だった?と一瞬期待しましたが・・・
サンダルが乾いてからベランダに出てみるといろいろなものがあり・・・
一番大きかったのがこれ↓でした。

派手に折れましたが、花が咲く前でよかったことにしましょう。
まったく毎年毎年よく荒れますねぇ・・・

*****

本気で危険を感じたので大きな鉢は取り込みました。

ミニバラは・・・ごめん、頑張れ^^;
黄木香も・・・ほんと、ごめん^^;


今日のベランダ仕事

ヘレボをカットして・・・

バラ鉢に固形肥を置いて・・・

蕾祭りを観察して・・・

うどん粉祭りの準備をしているバラにスプレーで威嚇して・・・

原種シクラメンの終わった花葉を少し整理しました。

強風に洗濯物がはためいているので蕾の様子は壁付近しかお見せできないのが残念ですが、今年もすべてのバラが芽吹いて原種とオールドローズの蕾を見ることができて嬉しく思います。
やはり調子イマイチのバラがありそうなのが気になるところ、とはいえ、とりあえずいまのところ生きていればヨシとしましょう。
強い風に乗って河原の桜の花びらがベランダにまで飛んできます。
今年も染井吉野の季節が終わっていきます。


久方振り

ここ2週間くらい、なんだかろくなお天気でなかった気がします。
今日もこの後雷がどうの突風がどうのとは言っていますが、とりあえず晴れました。
あぁ!春っぽくてステキ♪
こういう時はこの歌を口ずさみましょう。

ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ

「ひさかたの」は枕詞ですが、気にしないで久方振りということで。
紀友則さんが替え歌やアレンジ可のお茶目な方だと良いのですが・・・


2013年のトップバッター

ロサ・バンクシアエ・ ノルマリス Rosa banksiae normalis
通称 白モッコウバラ 一重
130415_01
この可愛らしいことといったら!
いよいよ、我が家でも、バラのシーズンの幕が切って落とされました。
ふっふっふ・・・


残念な記録

ここ数年、花が咲かなかったり咲いても一輪だったりと不調だった十六夜薔薇が、とうとう枯れたもようです。
 
120415_01
 
この時期になってもこの様子では、とうとう力尽きたものと思われます。もともと緑になるのは早かった種類ですから。
不調の原因はわからず仕舞いです。
現在、黄モッコウルテア嬢も不調で、あとヒュー様もちょっと元気が無くて、私ったら何かヨクナイコトしているのかなぁ?とちょっと不安です。
 
 
 
数日前のツルニチニチ草。
この後満開になる予定だったのに、風雨で花が全部チリチリになってしまいました。
今年はあっけなかったです(涙)
 
120415_02
 
 
鉢に植えたミニチューリップ。
このレディージェーンというチューリップは、花びらの外側がピンクの百合咲きなので、ちょっと花を閉じた時のほうが可愛かったなと思っています。日が翳ると良い具合に閉じるのですが、そのことに気がついたのが夕方だったので既に遅し。。。
 
120415_03