0422一覧

デジタルに起こる残念

PCのハードディスクがぶっ飛んだほどの悲劇ではありませんが、デジタル一眼のSDカードがへこたれる残念に遭遇しました。
読めません、認識しません。
今年のヒュー様の一番花が消えただけだからいいけど。
もう随分長いこと使っているので仕方がないけど。
SDカードはやっぱり消耗品なのですね。
USBメモリだっていつかはそうなるかもですよ。
各々方ゆめゆめ油断召さるな!でございますよ。


シーズン開幕2017

いよいよ今年もバラのシーズンが開幕しました。
今週咲いたバラたちの記念撮影です。
ベランダは風が吹いていたり洗濯物がたなびいていたりという週末事情により、本日は室内で「背景白飛ばしの術」を使いました。
室内とはいえ、昼間の自然光で撮っているので、夜の撮影よりは100倍・・・までは行かずとも80倍くらいはマシかと思います。

黄木香バラ八重のルテア嬢

黄木香バラ一重のルテスケンス嬢

白木香バラ一重のノルマリス嬢

スポンタネア嬢

うふうふ♪


今日も今日のバラ

各種開花の間は「今日のバラ」シリーズが続きます!

今日は Rosa banksiae luteskens
黄木香一重です。
160422_01


待ち

センパフローレンス、キネンシス、ヒュー様、プルプレ、リシュリュー卿、ノルマリス、ナニワ、キャサリン、ハイデルベルク、御所桜・・・・・・
蕾は見えてもまだ誰も咲かず。
遠足は出かける前もワクワクするけれど、待ちきれなくてなんだかちっとも落ち着かない。
そんな今日この頃です。


ローズニュース

草ぶえの丘バラ園でツアーが計画されています。
「野村和子と歩く草ぶえの丘バラ園ツアー 」
「御巫由紀と歩く草ぶえの丘バラ園ツアー 」
 
2011年開催予定の「国際ヘリテージローズ・カンファレンス」に向けて拡張工事中の草ぶえの丘バラ園。
オールドローズの最盛期に行ってみる価値はあると、私は思います。
 
野村さんは『オールドローズ花図譜』という分厚い本を出版されていますし、日本のバラの先駆者である鈴木省三さんとお仕事をされていたことでも有名です。
御巫さんは世界をまたにかけるバラの研究者です。6月の世界バラ会連合(World Federation of Rose Societies)の大会に出席されるのだそうです。世界バラ会連合の大会というのは3年に1度開催される世界のバラ会議です。2006年は大阪でした。その時の殿堂入り花がピエール・ド・ロンサールとエリナです。
 
野村さんはこれとは別にもツアーをしてくださるので私はそちらに参加する予定です。
御巫さんのお話も物凄く聞きたい!・・・のですが、ちょうどバラショウの週末で、土曜日埼玉で日曜日に千葉はあまりにハード(どちらも片道2時間!)なため泣く泣く諦めています。
あと2年は進化を続けるであろう草ぶえの丘バラ園ですが、もし可能でしたら、まずは今年から、草ぶえの丘バラ園をチェックしておきましょう。