0509一覧

ベランダ便り 5/9

今年は御所桜嬢が絶不調です。
これで終わりかも・・・

スピノシッシマ系統のお嬢様は普通によろしい。

そして、今日のプルプレ嬢。


今日のバラ 5/9

ミニバラが続々開いてきました。
 
アンバー コルダナ嬢
今年はミニバラも葉っぱが風でぼろぼろです。
160509_01
 
 
モーニング ブルー嬢
うどん粉は毎度のことなので大流行でも逆に平気なかんじです。
160509_02
 
 
イングリッシュローズ ヘリテージ嬢
相変わらずお美しい!そして薫り高い!
160509_03
 
 
雨が降るというので、プルプレ嬢とキャサリン嬢とセンパフローレンス嬢を切りました。
並べて写真を撮っていて気がつきました。
キャサリンのピンクに合わせるとプルプレの色が飛ばない!
このプルプレ、わりと良い色合いで写っています。
160509_04
キャサリン嬢は首が短かったので元霧吹きのガラス瓶に入っていますが、プルプレ嬢と少し赤みのあるセンパフローレンス嬢は益子焼(ましこやき)の花瓶に入れてあります。
益子焼特有の茶色とプルプレ嬢の赤紫がなかなかいい感じではないかと、自画自賛中(^^)
バラの写真は、ちゃんとした方々は画像調整して載せていると思いますが、私はよほど暗くなければ撮ったまま載せています。
今日のも全部撮りっぱなしです。


バラにも若さがある

タイミングを逃した感のあるセリーナ嬢。
セリーナデュボ (Celina Dubos)
またの名をRose du Roi a Fleurs Blanches。
そうプルプレ嬢(Rose du Roi a Fleurs Pourpres)の白バージョンです。
プルプレ嬢と同じくポートランドローズです。

150509_01

150509_02

我が家で2度目の開花を迎えました。
しかし、まず失敗したのは、プルプレ嬢と一緒に咲かそうと思って鉢を並べて置いていたのですが、セリーナ嬢はまだ枝がほっそーーーいのです。
支柱を立てなかったので風に揺られて、気が付けば隣のプルプレ嬢に絡まっていました。
プルプレ嬢はもうしっかりした「大人」で太いトゲトゲ姿です。
おかげでセリーナ嬢の葉にプルプレ嬢の棘が食い込んでボロボロになってしまいました。
2枚目の写真の葉っぱにある茶色の傷跡がプルプレ嬢の爪痕です!

バラ界のソムリエ、小山内さんのTwitterではもっとピンクでしっかり咲いていましたが、我が家のセリーナ嬢はまだまだそこまで行きません。
バラも若い時と成熟してからでは花の咲き方が違います。
セリーナ嬢、まだまだ青いな(笑)
もう少し落ち着いてくればプルプレ嬢との比較が楽しめるかもしれません。
ちなみに香りは紅と白で明らかに違っています。

おまけ。

念のため、今日時点の紅白の比較を記録してみました。
室内なのでいろいろ写りこまないように白飛びバージョンで(^^)
紅はすべてプルプレ、白はセリーナです。
150509_05

 

もひとつ、おまけ。

私はこういう蕾が大好きなのです。
この丸さったらもう!
リシュリュー枢機卿様。
150509_03

あと、可愛いのでカニナちゃんも。
Rosa Canina
150509_04


くだらない話し

国際バラとガーデニングショウに行くのには、いつも運転手を雇います。
何故なら、遠いのでなるべく直線で行きたいけれど、私は年季の入ったペーパードライバーで自力では行かれないからです^^;
バラなどやっと3つくらいは覚えたか?という運転手が、今年はどう気が向いたものか、国際バラとガーデニングショウのサイトを見たのだそうです。
ほうほう、ちょっとは進歩したじゃないの?
で、言うことには、、、
「第15回だって?」
「色々特集があるらしいじゃん、スターシアとか」
「はぁ?スターシア?イスカンダルの?」 というのが私の間の抜けた答えでした。
どうやらターシャ・テューダーさんのことだったらしいです。
やっぱりダメ、全然ダメ、進歩撤回。
11日(土)に行ってまいります!


バラ様たち

ロサ・ギガンティアが咲きました。
真っ白とは少し違うのですよね・・・
このツンツンとした花びらが可愛いでしょう?
 
120509_01
 
 
ロサ・キネンシスの今日の姿。
こちらもいわゆる赤というのとはちょっと違います。
でもやっぱり赤いバラですよね。
 
120509_02