0523一覧

お父さんお花屋さんね

マダムの花首をカットしたのを窓枠に置きながら独り呟く。

「となりのトトロ」ごっこをするオバさんの夕景。


ツバメの実力を見た

私はペーパードライバーですので、左側の席に座ってのほほんとしておりました。
と、目の前に突然小さな鳥が3羽くらいバタバタと出現っ!
国道を走っていたので、それなりのスピードは出ています。
脳内にはフロントガラスに鳥が激突するイメージが流れ、私は凍り付きました。
がっ。
何事もなく通り過ぎました。
脅かさないでよぉツバメちゃーん。
それにしても一瞬の出来事で、よくぶつからなかったものだと感心しました。
調べてみたら、ツバメって飛ぶの早いのですね。
普段で時速50キロくらい、最高瞬間時速は200キロだそうです!
なーんだそれじゃ、一般道の車なんで止まって見えるくらいなの?
それにしても脅かし過ぎですよ。
都会のツバメは交通ルールを守らなければいけないのです、道路に飛び出してはダメなのです、うかうか飛んでいられないのです。
あれはもしや、ツバメ1年生の交通安全教室の、飛び出すと危ない、避けるときはこう、という実習だった?
でも巣立ちには早いかなぁ?


ヘリテージ祭り

キャサリンでお祭りをしたら、ヘリテージでもやらなければ不公平でしょう。
ということで・・・・・・
『Heritage』
この開きかけの美しさはイングリッシュローズの中でもピカイチです。
130522_01
艶々で、ころころで、ぷりぷりなのです。
130522_02
微妙な色合いがグッドです。
ここからは、一枝に山盛り咲かせたずっしりヘリテージ嬢を。
(良い子は真似をせず程よく摘芯してください)
130522_03
130522_04
130522_05
ヘリテージは強香です。
カットしても尚香りますよ~。


ヘリテージ Heritage 2010

今年のヘリテージです。
 
100523_01
 
昨日今日でこれだけの数が開きました。
 
100523_02
 
今までどんなバラにもMAX6号鉢でやってきましたが、今年は実験的にヘリテージを7号鉢に移しました。
見違えるほど大きくなり、たくさん花を咲かせました。
イングリッシュローズに6号鉢なんて間違っているのははなから承知です。
専門家の方にたぶん怒られるだろうと思います。
7号鉢だって小さいと言われるかもしれません。
でもだからといって全部大きくするわけにはいかないし、イングリッシュローズを諦める気もありません。
鉢が一回り大きくなるだけでバラは劇的に変わることはわかりました。
わかりましたけれど・・・イングリッシュローズは6号鉢でもちゃんと咲くこともわかっています。
この先どちらを選ぶか。
あーーー、実験をして悩みを増やしてしまいました。
 
 
今日は雨。
平日に散っても困るので、早めに切って白雪姫様と一緒に飾ってみました。
 
100523_03


今日のちょうどよい組

080523_01
 
キャサリン・モーレー
ちょうど良い大きさでちょうど良く可愛らしい
 
 
080523_02
 
アンバー・コルダナ
蕾も満開も美しいけれど、この色この形、サイコー
 
 
080523_03
 
グリーンアイス
開くと白に、時間が経つとグリーンに。ピンクはこの時だけ