0607一覧

広辞苑 VS おばさん

先日久しぶりに紙の広辞苑を開いて思いました。
文字が小さい。
昔はそんなこと思いませんでしたけどねぇ、もうダメですねぇ^^;
本の自炊はたくさんしましたが、辞書はやりませんでした。
いくらデジタルはすごいと言っても、さすがに電子辞書のように検索できるようにするのは困難です。
OCRもそんなに万能とは言えません。
せめてPDFに「あ」とか「い」とかのインデックスをつけるくらいでしょう?
そう思って辞書には手をつけなかったのですが・・・
このままでは宝が持ち腐れる。
PDF化したほうが活用できるのか否か。
悩みどころであります。
だいたい、ちょこっとオンライン検索で事足りて、広辞苑自体を引く機会も減りましたからね。
頑張る価値が有るやら無いやら?
辞書としてではなく読み物として残しておくという意義も含めて、悩みます。


楽しいバラの歌うたおうよ

もうひとつ一番花。
大高嶺薔薇。
160607_01
陰でひっそりと開花していました。
枝が細くて風が吹くとすごい揺れ方をするので、葉っぱはぼろぼろですが、花はばっちり(^^)v


遅咲きのバラたち

早咲きの原種バラが咲き、四季咲きの一番花が咲き、遅咲きの原種バラが咲き、そうこうしているうちに四季咲きの二番花が咲く。
なかなか良いサイクルだと思いませんか。

現在花盛りなのがこちら。

照葉野茨の唐子咲き種。
花も葉もかなり変わっています。
150607_01

照葉野茨。こちらはノーマルタイプ。my favourite です。
後ろに「カカヤンバラ」の蕾がぼんやり写っているのがミソ。
150607_02

大高嶺薔薇。
山に咲く野バラのアーバンライフ・・・と思ったが背景ボケ過ぎてアーバンさ皆無。
150607_03


鈴♪

たまにはfacebookと同じ記事を載せてもいいかな、ということで、既読の方はすっ飛ばして行ってください^^;
 
 
2015-06-07

ドラ焼きではありません。
銀の鈴47周年フェアの「とんかつ まい泉」の「ポケットサンド(銀鈴焼印)」です。
切るのが面倒(!)だったので外側しかわかりませんが、中身はとんかつ+卵です。
(早い話し、まい泉のカツサンドアレンジです。東京駅の地下街グランスタで売っています。)

↓念のため解説↓
銀の鈴は東京駅の定番待ち合わせスポットです。
渋谷駅にハチ公、東京駅に銀の鈴。
このパンに焼印されている形の巨大な鈴があります。
ただ東京駅は広すぎて私はいつも銀の鈴の場所がさっぱりわからないのが玉に瑕。

銀の鈴をモチーフとしたスウィーツなども色々発売されていますが、この焼印が可愛かったのでパンを昼食にしました。
お値段は、な、な、なんと、1個486円!
東京駅で清水の舞台から飛び降りました。


高嶺の花

140607_01

そういえば、高嶺の花という言葉に使われる高嶺は、大高嶺薔薇の高嶺だ。

大高嶺嬢、今年の一番花です。