0617一覧

ピンク2種

ピンクのバラにもいろいろあります。
少しタイプの違う二人のお嬢様たち。
Alnwick Castle & Kathryn Morley


我が家はイングリッシュローズ3姉妹なのですが、ヘリテージは基本に忠実にさっさといい時期に咲いて次のサイクル準備中です。
キャサリンは、今年は毎年出遅れるアルンウィックに付き合うことにしたらしく、二人でのんびり今頃花を揃えました。
私としては全員慌ただしく咲くよりも時間差で咲いてくれたほうが楽しさ倍増ではありますが、キャサリンが断りもなく急に方針を変えるものですから、ちょっとドキドキしてしまいました。


注目イベント情報

これ、面白そうではありませんか?

「ウルトラ植物博覧会」西畠清順と愉快な植物たち

西畠さんはプラントハンターなのです。
プラントハンターといえば、フォーチュンさんとかバンクスさんとかヨーロッパの方々が有名で、19世紀前後には日本や中国からたくさんの植物をお持ち帰りしていたものでした。
現代の日本のプラントハンターは花と植木の卸問屋の5代目さんですって。
へぇ~へぇ~、そういう方がやっているのですね。

今、朝日新聞の記事でも紹介されています。
時間が経つとリンクが切れると思いますが、今ならまだ読めます。

旅・夢・花。 西畠清順(プラントハンター)


サマーカット希望猫

K家田舎のくーちゃんに会ったので追っかけをやってきました。
毛足の長い猫はもう暑そうです。
義兄嫁さんにサマーカットを勧めてきました。
顔と尻尾の先だけ残すあのライオンカット、やって欲しいな。
テーブルの上は扇風機の特等席。
130617_01
思っていたより愛想よく対応してくれました。
130617_02
家猫なのです。
身体の大きな男の子なので、網戸は4分の3くらい登れちゃいます。
網戸、襖、柱、椅子、全部すごいことになっていますが、誰も怒りません、やりたい放題の王子様です^^;
130617_03


キター!!!

キタ━(゚∀゚)━ !!!!!  
・・・という顔文字はこういう時に使うのだろうな。
去年の秋に我が家にやってきた大高嶺薔薇。
挿したてのほやほや?という雰囲気だったので今年は期待していませんでしたが、
来ました、蕾!
120617_01
楽しみぃ~♪


セールに負けて・・・

あーぁ、こんなことに。
 
100617_05
 
左がガリカローズで右がダマスクローズです。
来年のお楽しみ♪