1204一覧

ポチッと♪

今年も我が家のバラたちの植え替えの季節がやってきました。
我が家では毎年12月から1月にかけて植え替えを行いますが、これは好みの問題なので、皆様もご自分の主義で進めてくださいね。
それで、ね、うふふふ・・・
今年はポチッとしちゃったのです、良い土!
「B社」のね。
あまりの高額に目が回りかけましたが、どんな出費も『すべては薔薇のために』なので頑張っちゃうのです。
一度買ってみたかったのですよ。
俄然春が楽しみになってきました♪

今まで正社員をやっていたにもかかわらず地獄の底を這うような貧乏だったので、B社の土なんて夢のまた夢でした。
安い土でもスーパーで食材とにらめっこして胃をキリキリさせながら買いました。
(それでも土を買ったこのド根性!)
しかし、まともなところに転職したら、なななんと!毎月きっちりお給料がもらえるではありませんか!
そんな当たり前のことが当たり前でなかったあの日々。
人生無駄にしたとまでは言いませんが、かなり空しいものでありました。
10月1ヶ月働いたら11月にお金をもらえて、11月も働いたので12月もお金がもらえるなんて、うぅぅ嬉しい、こんなの久しぶりです(涙)
何を言ってるんだ?って感じですが、本当に酷い地獄を味わったもので、なんだって天国に見えちゃうのです。
で、調子に乗って、バラ天国へも行っちゃおうかと(笑)

来年の花付きは今年のケチケチ園芸とどれくらい違うかなぁ(*^_^*)
・・・って、まだ今年は終わっていないのに、今頃鬼が大爆笑中ですね。
まずは年内の期待をば →→→ 来週土が届くのが楽しみです。


植替え 原種組

マンションベランダーの我が家のバラはもちろん全て鉢植えです。
毎年12月に入ると少しずつ植替えを始めます。
 
最初は原種組。
なにしろ原種は始動が早いので一番に植え替えます。
鉢は5号鉢(直径約15cm)。
原種のバラを5号鉢に押し込んで盆栽でもなく普通に栽培している人は世界でもそう多くは無いのでは?と思います。
どんなものだか、話しの種にご覧ください。
 
毎度お馴染みビフォーアフター。
 
ビフォー
111204_04
 
アフター
111204_05
 
手前左から
難波薔薇:まぁ例年通りです。
スポンタネア:今年の春に仕入れました。枝が全部横に伸びています(涙)
難波薔薇の挿し木とカカヤンバラの実生:我が家内増産^^;
 
手前から2列目左から
筑紫茨:枝がV字です。ちょっとかっこ悪い。
十六夜薔薇:あまり調子が良くありません。今年の花は1輪。
白木香ノルマリス:あまり咲きませんでした。でも根はちゃんとしていました。
黄木香ルテア:3分の2枯れました。ばっさり切って横枝をメインに斜め植えしました。
 
手前から3列目左から
富士茨:去年の90度斜め植えが成功。今年は45度くらい傾けました。
カニナ:相変わらず元気です。
八重山野茨(カカヤン):まずまず普通です。
照葉野茨:シュートが横に出ていたので支柱を立てて垂直養成ギブス。
 
最後列左から
ギガンティア:枝振りが良くない。あまり切らずに様子見。
浜茄子:あまり小さくなるのが得意ではない品種。横ではなく上になら伸びて良し。
ダブルホワイト?:スピノシッシマ系の棘のために自分で絡まっていたので若干ショート目に。
野薔薇:順調です。
 
 
5号鉢だと、成長の良いものは1年ですっかり根が回ってしまいます。
一応毎年植替えでチェックすることにしています。
「サロン ラ・ロズレ」では、美容室とエステティックサロンを兼ね、今年は如何でしたか?などと世間話などをしながら全身のケアとカットのサービスをします。
カットはいつものように?今年は短過ぎたので来年は伸ばします?と色々ご要望にも応じます。
根っこの先から葉っぱの先までのチェックも行い、伸び過ぎた根を整え、余分な枝を落とし、サッパリとしていただきます。
モダンローズではないので植替えだけでなく剪定もしてしまいます。
一年に一度の親密コミュニケーションの時間は楽しいですよ。
 
この後、オールドローズ、モダンローズと週末のたびに植替えが続きます。
植替えをやると膝や腰の曲げ伸ばしで体がバキバキ!(笑)なので、柚子湯で温まります。


箱根

昨日は白い子を連れて箱根まで行って来ました。
 
芦ノ湖にいる白い子↓
111204_01
 
前の青い子の時は富士五湖で記念撮影でした。
箱根では近過ぎたかなぁ、我が家からはあっという間です。
でも、お天気悪かったし、駅伝では大手町から芦ノ湖まで5人で走ってしまう距離ですが、まずはこんなものでしょう。
車で走ってもキツイなぁという5区・6区の上り下り。
お正月まで1ヶ月ですね。
 
箱根は紅葉も終わり冬の雰囲気が漂っていました。
111204_02
季節は冬だし、金曜日から雨が降り続きだし・・・というのにもかかわらず、一応「強羅公園」にも行ってみました。
何をしに?
はい、ご想像の通りバラのチェックです(^^)v
 
規模としては”まぁちょっとしたバラ園”です。
111204_03
 
上の写真は土曜日のお昼頃。
前日からかなり降りましたから、全員地面を見つめている状態です。
それなりに数は植わっているので、京成や神代と比較してはいけませんが、オンシーズンだったらもっと楽しかったでしょう。
このバラ園のためにわざわざではなくとも、観光のついでに立ち寄るのは良いと思いますよ。
箱根山椒薔薇ももちろんありましたし。名前からも分かるとおり富士・箱根が原産地です。
山に自生している木を見たいものですが、公園のお手軽さもそれはそれでありがたいです。
 
これが今年のバラ園見納めでしょう。
ここから心はもう来年。
植え替えでもしようかな・・・


今日のベランダ

12月に入って、もう今年も終わり。バラも終わり。
咲いているのは咲いていますが、気分的には終焉ですよね。
 
良い感じに熟してきたカニナ
101204_01
  
いよいよ黒くなってきたカカヤン
101204_02
 
干しブドウに変身した野イバラ
101204_03
 
密かに実がなっていたポールズヒマラヤン
101204_04
 
どうしても実にならないハマナス
101204_05
 
ハマナスは過日の大風で紅葉していたすべての葉が吹き飛びました。
でも、なんちゃってヒップは飛びません。意外とそういうものなのでしょうか。
そして、葉が無くなって、じつはもう赤い芽が出てきていることがわかりました。
 
今年の終わりは来年の始まり。
 
始まる前には、やっぱり締めなきゃ。
今年も「ゆめ邸」の柚子をいただきました。
なんという”高級感”!
(柚子のお返しには、水栽培中のカニナなんかどうかしら?と思案中(^^)v)
この柚子で風邪をひかないようにしながら、来年に備えたいと思います。
 
101204_06
 


ハナニラさんごめんなさい。。。

ベランダに樽を置いてチューリップとハナニラの球根を植え込んでコラボレーションを楽しんできましたが、どうもハナニラが増えすぎる・・・
去年は樽に入りきらない余りを某川原に投棄移植しました。
しかし、今年も樽の中ではハナニラが増殖を重ね・・・
去年川原をシャベルで掘った時に”うにょろん”としたヤツらが土の中から出てきた苦い記憶もあり・・・
今年は、私、ハナニラの球根を『破棄』しました。
ええ、植物を燃えるゴミにしてしまいました。
緑の指を目指す人はこのようなことをしてはいけません。
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・・・・・
ぷくぷくした良さそうな球根を一掴み(10個未満)だけ他の鉢に埋めて、あとは残らずきれいさっぱりと。
チューリップの球根は例年通りもう樽に埋めてしまったので、春になったらハナニラの代わりにピオラか何かのお安いポットを買ってきてナンチャッテ寄せ植えにして誤魔化そうかなと思っておりました。
 
しかし!
 
↓↓↓
091204_01
  
きれいサッパリしたはずの樽からハナニラの芽がっ!!!
どうやら隅っこのほうが全部拾いきれずに残ってしまっていたようです。
 
これは・・・
ハナニラを捨てるなとのお告げでしょうか。
実は密かにハナニラ群生計画を楽しみにしてくださった方もいらしたようですし。
続けなければいけないような気がしてきました。
これからも少しずつ投棄緑化計画を進めます。
ハナニラさん、ごめんなさい、私が悪ぅございました。。。
P.S.
上手く行ったら「野ばら」計画も発動するかも ( ^艸^ )ぷぷぷ