1208一覧

半分やっかみ半分本気

年末の買い物にデパ地下に行きました。
のんびりしていると何を買ってしまうか危険なので、なるべく下を向いて用事を済ませて1階へ上がりました。
前を歩いている奥様ったらこんな日(今日は寒い)に半袖?と思っていたら、出口のところでさっと手に持った毛皮を羽織りやがりました。ふん。




歯医者予約のびっくり

最近は技術革新がすごくて何かといちいちびっくりします。
歯医者に予約の電話をしました。
来週の予約をしたいんですけど・・・
はい、K様ですね。
え?どうしてわかったんですか???
パソコンと連動しているのでお名前が出るんです。
ほぉぉ!
という会話をしました。
初診の時に電話番号を書いてその電話からかければ、名前も診察券番号も言わなくてもわかってしまうのです。
Kさんと同姓同名がいらっしゃるので生年月日も言ってくださいなどと言われることもないのです。
すごいですね。
おそろしいですね。
でも便利ですね。
ちなみに、今回は虫歯ではなく噛み合わせのトラブルなので都心の専門医に通っています。
地元の歯医者はまだまだ昔どおりです。


おちゅきさま

夜、職場の近くにある橋を渡っていたら、
小さな女の子が走ってきて空を見上げて「おちゅきさま~」「おちゅきさま~」と2度叫びました。
今日は半月より少し丸みのある月(月齢8.6)です。
お月様ったら手ぐらい振ってあげればいいのに、黙って輝いていました。

その横を歩いて通り過ぎながら考えました。
月は目で見えるから親しみがあるのかなぁ?
太陽は目で見えない(見つめられない←眩しい&目が危ない)から月よりもっと神々しい対象になるのかなぁ?

余談ですが・・・
小さな女の子が橋の上に走ってきてから叫んだのは、都心はどこからでも月が見えるわけではないからです。
周りは会社や倉庫やマンションなどの高い建物や高架の首都高や線路があって、小さな女の子なら尚更月の見える範囲は狭まります。
橋の上だと視界が開けるので、お月様を呼ぶために勇んで走ってきたのだと思います。
お月様は太古の昔から人気者です。


植え替え記録(1)

今年の植え替えメモ。

131208_01

良く咲いたものはなかなか抜けない。そうでもないものは抜ける。
根はものを言います。

カカヤン、ツクシ:大枝切って必殺ナナメ植え。来年はあまり咲かないかも。
ギガンティア:大枝を切る勇気が出ず。
黄モッコウ:根は順調。
大高嶺:ものすごい根というか芽?巨大ミミズかと思った。。。
カニナ、フジ:わりとショートカット。
高嶺:ポリポットからちょっと昇格。育ちますように。

あとはほぼ例年通り。

14リットルの土を一袋ほとんど使ったかんじ。
作業時約3時間。

131208_02


バラの植替え第一弾

植替えは毎年原種から始めます。
今日はエアコンの室外機の上チーム、5号鉢の面々です。
121208_01
なんだか年々鉢の数が多くなっていくような気がするのは、たぶん気のせい、目の錯覚に違いない。
種類が増えたのではなく、ちびっこ保育園のせいなのですわ。
手前2列はほぼ保育園です。
今回の変更点は、鉢を新しくしたこと。
5号は5号なのですが(そうでないと室外機の上に納まらない!)少しロングなものにしてみました。
これくらいなら倒れないだろうと期待しています。
そして、保育園児たちは、4号スリット幼稚園にほんの少し格上げしました。
121208_02
以下、備忘録です。
照葉野茨:根っこぱんぱん。ロング鉢でがんばれ。
八重山野茨:ヒップ3個。横張りし過ぎ。
ロサカニナ:ヒップ多数。枝振りが悪いのでショートカット。
富士茨:ヒップ1個。今年も斜め植え。
ダブルホワイトもどき:乾燥ヒップ多数発見。伸び過ぎたので結構カット。
難波茨:ヒップ3個。始めてヒップが残った大感動!
黄木香八重:生き延びた!垂直養成ギプスの効果あり。
白木香一重:ヒップ1個。枝振りがどうもよろしくない。
スポンタネア:そろそろ来年は咲いてもいい頃?
筑紫茨:伸び過ぎ。ショートカットに。
ロサギガンティア:腐り気味のヒップ1個。完全V字の枝でどうしようもない。
浜茄子:ちょっとはみ出し加減だったのがロング鉢で安定する?
野薔薇:今までの鉢は5号より大きかったかも?5号で皆とお揃いに。
大高嶺薔薇:挿木保育園卒園。2分割して幼稚園へ。
筑紫茨たち:挿木保育園卒園。2分割してかなりショートカットして幼稚園へ。
富士茨№2:保育園卒園。幼稚園へ。
難波茨№2:保育園卒園。幼稚園へ。
八重山野茨№2:保育園卒園。幼稚園へ。
高嶺薔薇:実生からの弱々しいもの。生き延びろ!
棚を作って2段にしてこれだけの物が室外機(ふたつあります)の上に押し合いへし合いしているベランダ。
我ながらよくやるな、と。。。