1211一覧

きのうの続き

引き続き『薔薇の土』の記録。
予定通りバラの王様紅白(Rose du Roi a Fleurs Pourpres & Celina Dubos)とイングリッシュローズのヘリテージと、あとアルンウィックキャッスルにも入れてみました。
それでもまだ余っていたのでポールズヒマラヤンムスクにも入れてあげました・・・今年初めて、いただいた時の黒い鉢から我が家定番の白い鉢に変更したのですが(といっても、どちらも容量5号程度)・・・白い鉢はちょっと浅かったかなぁ、イマイチだったあなぁ、ま、春を見て先のことはもう一度考えるか・・・と思うのも一季咲きの気楽さでしょうか。ポールズが5号鉢でもりもり咲いたら嬉しいんだけどなぁ(^^)
あと1鉢分はありそう。2鉢分はどうかな?
植え替えは一気にやると腰が疲れるので(あはは^^;)1回に4~5鉢ずつくらいがちょうどいいかもしれません。
続きは次回。

今日は腰を屈める植え替えと反対に伸ばすほうの動きもやるべく、冷蔵庫のお掃除をやっつけてみました。


地域差

ちょっと聞いてくださいよぉ。
私、今、ものすごく理不尽さMAX!な気分なんですよぉ。
 
ハローワークに失業保険の手続きに行った時に、第1回目の認定日が年明けになると言われたのです。
年末年始がお休みになるので日数損するのだわ!と思ってガックリ肩を落としました。
役所が休みにならなければ月末にお金がもらえたかもしれないのに・・・と、思っていたのです。
ところがです。
別の県に住んでいる人がやはり地元のハローワークに行ったところ、なんと、年末年始で何かと大変だろうから年内に一部(全部ではない)入金しますと言われたのだそうな!
何故?何故?何故こんなに対応が違うの?
その人の住んでいるところは東京ではなく、東京から、えぇと、『けっこう』離れたところ^^; です。
申請者の数がぐんと違う(←多分)ので臨機応変な対応ができるとかそういう理由かもしれません。
でも、でも、ずっるーーーーーい!
年末なんて物入りじゃありませんか、年賀ハガキだ(←まだ買っていない)プリンタのインクだお年賀だお年玉だ帰省の交通費だかまぼこだ栗きんとんだと、いくらでも使う用事があります。
ここで、年内と年明けの差は大きいです。
今月はふるさと納税がクローズアップされる時期ですが、私は地元に税金を払いたくなくなりましたよ。
グレちゃうからね、もう。


師走な日々

今年の12月はいつもと違って暇です。
で、油断して風邪をひきました。
のろがいらい~(←通訳いる? 喉が痛い、です)
でも咳をしたり鼻をかんだりしなくて済んでいるので風邪の中でもまぁマシな風邪でしょう。
会社にあった葛根湯ドリンクを昨日初めて飲んでみました。
不味い!
良薬口に苦しの不味さではなく、苦いだろうから甘(ったる)くしておいてあげましたの余計なお世話の不味さです。
今日は微粒のものにしておきました。

今日、法人口座の解約で銀行に行きました。
奥の静かなほうの窓口に行ったわけですね。
そうしたら、フロア担当の方に使い捨てカイロを手渡されました。
「今日は寒くない」とか「サービス過剰」とかいう文字は頭からささっと削除してニッコリお礼を言う私は大人だわ~。
だって袋から出してあったのですもの、貰わないわけにいかない。

今、ホームページをリニューアルしようと思ってWordPressと格闘中です。
WordPressって?このブログがWordPressの仕組みで動いています。
専門用語を書きますので、気にしないで飛ばしてくださいな。
まず、使いやすそうなレスポンシブテンプレートを選ぶところをクリア。
デザインのカスタマイズは子テーマフォルダで出来るところもクリア。
カスタム投稿タイプもプラグインでクリア。
そして現在、カスタムフィールドで激闘中です。
なんとなく頑張っているんだなーと思っていただければ結構です。
でも頑張っても、仕組みが変わるだけで、ホームページの見た目はあまり大きく変わりません、というか変えません。
バラ図鑑は、写真の登録はまだ2002年分をやっている最中ですが、図鑑のアウトラインは作ったので一応今年の目標はクリア。
来年の目標は、ホームページのWordPress化とバラ図鑑の完成、かな。

そんなこんなの今年の師走。
あと半月、いろいろ頑張ります。


12月の朝日で

121211_01
朝日に輝くアンバー・コルダナ・・・と言いたいところですが・・・
一番輝いているのはベランダの柵だったりします。
アンバー嬢は少ししか陽があたっていませんね。
冬場の我が家のバラたちはこんな環境で耐え忍んでいます。


植替え オールドローズ&原種

本日の植替えはオールドローズと5号鉢以外の原種です。
 
毎度お馴染みビフォーアフター。
 
ビフォー
111211_01
 
 
アフター
111211_02
 
 
白色の鉢は全て6号サイズ(直径約18cm)のロング鉢です。
去年まではオールドローズとイングリッシュローズを一緒に植え替えていましたが、数が増えるとさすがにキツイ。これだけでもう腰はバキバキ腕はダルダルです^^;
 
リシュリュー卿、マダムアルディ、モンテベッロ夫人、増え過ぎた筑紫茨、
センパフローレンス、ヒュー様、プルプレ、ロサフェティダビコロール、
ポールズヒマラヤン、ロサキネンシス、ドレスデンドール。
 
オールドローズに6号鉢は結構ぎりぎりな大きさです。
「あらっ抜けない!」というのが3鉢ありました。原種と違ってどうしても大きくなりたがる性質が抜けないものなのかもしれません。
 
ここで必見なのは一番手前左端の角鉢。
ポールズヒマラヤンムスクです。
この大きさで育てているのは世界で何人か、というくらいではないでしょうか。
普通は壁面とか広範囲に咲かせて楽しむタイプのバラですから。
2008年の挿し木(出身地M様邸)なのでかれこれ3年。私はこの先もずっとこの鉢で育てるつもりです。
仕立ては、ベランダの幅が狭いので行灯ではなく、そのうちミニトレリスでも設置しようかなと思っています。
この鉢でどれだけ枝を伸ばせるかにもよりますけれど。
 
去年は、残っている葉っぱがもっと少なかったような気がするのは、私の気のせいでしょうか。
今年の秋は暖かかったから・・・・・とか???
冬の葉は全て落としたほうがいいかなと思いつつ、これを全部切るのは余りにも面倒なので、残った葉はこのままにすることにしました。
病害虫などの点で不都合があったら来年改心しよう、と。
 
次の植替えはイングリッシュローズと白雪姫ちゃんです。