1213一覧

ゆにらてらる

留守電のランプが点滅していました。
再生してみると、年末のご挨拶が長々と録音されていて、それはそれはご丁寧なメッセージでした。
しかし、
奥さん、これ、間違い電話です!

○○さん、と言われても、私じゃないです。
あんなに頑張って語ったのに残念でしたね。
ご挨拶を留守電に入れようとするその発想が間違いなのですよ、たぶん。

昨日ニュースで見た単語
unilateral
一方的な、という意味だそうです。
防空識別圏のニュースで見た小難しい単語が、日常生活でふと浮かんできました。


花と人

今日、会社に来た某銀行発行の冊子を見ていました。
インタビュー記事は、赤井 勝さんでした。
肩書は「花人」。
平たく言うとフラワーアーチストということになるのでしょうね?
在日大使夫人たちにお花のレッスンをしている方です。
その記事の中にこんなことが書いてありました。
日本に赴任した大使の奥様方はたいてい華道、茶道、舞踊などを習う
大使夫人のことなど考えたこともありませんでしたが、現地でのコミュニケーションのためにいろいろやらなければいけないのでしょう。
考えてみれば大変です、好き嫌いや向き不向きもあるでしょうし、、、好きだったらいいですけどね^^;
お花は、しかも華道でなくフラワーアレンジメント寄りのお花は、しきたりや所作の厳しい規制がない分世界中の女性に馴染みやすいのではないでしょうか。
そして、
花という共通語があれば、身振り手振りだけで不思議と会話ができてしまう
ええ、よくわかります。
バラ語も世界共通ですからね。
大使夫人のガーデニングというイベントはありますが、そんな大きなものではなくて、同じ花材を用意してその中から好きに選んで一斉に花を活けてもらうというイベントがあったら、個人の好みも出るでしょうけれど、お国柄も出たりして、楽しいでしょうね。
違いの争いごとばかりが目立つ世界、違いを楽しむようには、人間はならないのでしょうかねぇ?


ローズヒップ一覧

我が家のローズヒップ一覧です。
 
111213_01
 
ポイッ!と本棚に並べておいたら若干分からなくなりつつあるのですが・・・^^;
 
一番左の黒っぽいのはカカヤンバラ。
その隣の6個セット(重なっていますが実は6個あります)は筑紫茨。
その隣の薄いオレンジが、たぶん、ポールズヒマラヤン。
その隣の小さいのは、おそらく、きっと、富士茨。
その隣のラグビーボール型はロサカニナ。
一番右の巨大なのがプルプレ。
 
この他のローズヒップは惜しくも落ちたり、赤くならず茶色に干からびたり、でした。
 
今年の種蒔きは、別途いただいた高嶺薔薇と富士茨、プルプレです。
高嶺薔薇以外は増やしたいわけではなく、観察したいというのが動機です。
そう言いつつも成功して増えちゃったりしたりしたら・・・・・・(恐)
 
とらぬ狸が踊ったり、鬼が爆笑したり、そんな12月半ばの日々でございます。


植え替え記録(2)

今日は原種組の植え替えを行いました。
 
091213_01
 
黄モッコウ・ルテア、白モッコウ・ノルマリス、通称白ハマナス、十六夜薔薇
ノイバラ、カニナ、照葉野茨、難波茨
そしてJr.たち。
 
モッコウコンビは棘も無いし根も柔らかくて扱いやすいです。
 
どう見てもハマナス系には見えない通称白ハマナスは「イタタタタタ!」と何度も叫ばなければならない棘棘しさ。
可愛くて薫り高い花なのに一番傷だらけにさせられます。
 
十六夜はどうも不発続きなのでそぉーーーとそぉーーーと。
 
ノイバラは初めて植え替えましたが問題なくよい子ちゃん。
 
カニナもまったく文句なし。
 
照葉はちょっと長めにしてみました。たくさん咲くといいなと。
 
難波は少々暴れ気味。棘は痛いし枝は太いし根も可愛くないのです。
 
カカヤンJr.に驚かされました。ポリポットの中で物凄い根が張っていました。ポット5周くらい回っていました。くるくる伸ばしてあまりにも長いので記念撮影したかったのですが、植え替え中は土で手が真っ黒なのでカメラを持てなくて残念でした。
 
新規の植え替えでは土5リットルで5号6鉢でしたが、今日のようにある程度育ったものは根も張っているので5リットルで7鉢いけました。
 
そして、出来上がり。
 
091213_02
 
う~ん、サッパリサッパリ♪
Jr.は根を切り過ぎたかもしれませんが、ダメならダメでいいのです。
むやみに増えたって川原の緑化計画が進むだけ・・・むにゃむにゃ・・・・・・
 
おまけ。
 
左の房がノイバラ。右のお一人様がノルマリスのローズヒップです。
 
091213_03
 
これは撒きません。さすがに今年はもう無理です。。。
 
植え替えはまだER、OR、ミニが残っています。
来週も頑張らねば。


植替え第一弾

今年も薔薇の植替えの季節となりました。
我が家の植替えは原種組から始まります。
この作業、結構好きです。家の中に鉢を持ち込んでじっくりと薔薇たちを眺めながら根を切ったり葉を切ったり芽を眺めて枝を切ったり。
 
がぁ!!!
 
今年は大きな試練が待っていました。
どんどん葉っぱが落ちて危なくなっていくロサ・フェティダ・ビコロールを鉢から抜いた瞬間!
私は固まりました。
いたのです。白くてころころしているヤツらがっ。
ガーデナーの皆様ごめんなさい。そんなのよくあることだって承知しています。でも私はへっぽこベランダーなのです。
そのまま何もかんも全て丸ごと捨ててしまおうかとも思いましたが(本気で考えた^^;)今年買ったばかりでまだお花も見ていないビコロールをそんなに簡単に諦めてたまるか!と思い直し、スーパーのレジ袋に苗を入れて、棒で突付いて土を落としました。
根を洗いたくとも、マンションの不便さ、家の中の配水管に土を流すのは如何なものかと諦め、とにかく根っこの奥の奥まで突付きまくりました。たぶん全部レジ袋に落ちたはず。置いておくのもイヤなので直ぐにゴミ出しに行きました。
12月も半ばになって訪れた今年最大の試練。
人間やる気になれば何だって出来るのです!←出来たので鼻息荒い
でも、今、ゼリービーンズとかカシューナッツとか、食べる気にならないと思う。。。
果たしてビコロールは復活するでしょうか。
こんなに頑張ったのにダメだったら泣きます 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。     ここからは植替えの記録です。   081213_01 081213_02
左が植替え前。鉢から抜いたところ。
右が植替え後。5号鉢へ収まりカットも完了。
ノルマリス(一重白モッコウ)一丁上がりです。
 
他の薔薇たちもこのような感じで、鉢から抜いてはパツパツ切ってまた鉢に戻していきます。
小さな鉢植えは、1年経つと土が消耗するので必ず土を取り替えて植替えをするように、と薔薇のお師匠様も仰っています。
植替えをすれば、イヤなやつが潜んでいることにも気がつきます。
根っこが伸びてキツキツになっているのを切ることが出来るのも休眠期の今です。
枯れこんだ枝を整理してサッパリすると春の見栄えも良いです。
自分の目で見る、自分の手で触れる。
これは”育てる”うえでとても大切なことだと思います。
 
本日のメンバーの記念写真。
 
植替え前
081213_03
 
上段左から、テリハノイバラ、十六夜バラ、ナニワイバラ、黄モッコウバラ。
その下左から、白ハマナス、ロサ・カニナ、小さなフジイバラ、カカヤンバラ、葉のないひょろっと茶色い長い枝のロサ・フェティダ・ビコロール。
右下のわさわさしているのがロサ・バンクシアエ・ノルマリス(白モッコウ一重)
 
そして。
 
植替え後
081213_04
 
すっきり&さっぱりです。
茶色や黄色の葉は全部落としました。
今回初めての顔もありますが、どれも小さな新芽が出ているし、原種ですから、ビコロール以外は多分これで大丈夫でしょう。
これを互い違いにしながらエアコンの室外機の上に全部乗せているなんて、世界中で私だけではないでしょうか(笑)
 
出来上がり
081213_05
 
 
今週は、いつもの頭痛&肩凝りがバージョンアップして、ものすごい眼精疲労とものすごい背中痛で全く使い物にならなかったので、植替えなんてとんでもない?と心配でしたが、なんのなんの、人間やれば何でもできるのだぁ~(笑)
 
そして、一段落したところにやって来た郵便屋さん。
小包の中身は・・・
 
081213_06
 
ゆめさん宅の柚子でした~♪
ゆず湯でもいかがでしょう、ですって♪♪
ゆめさん、ありがとうございます。
今晩ゆず湯にします。すっごい良い香りが家の中に漂っています。
本日のサイコーのご褒美ですわ(^^)v