1223一覧

elementsで躓く

elements15が動かないのは何か私のせいではないかと思っていました。
しかし、思い返せば疑われるOSのアップデート。
念のために検索してみたら・・・

出てくる出てくるフリーズ報告!
MacをMojaveに更新してからフリーズが散発するのはelements15あるあるなのだった!

Mojabeでは15は動作保証されていないようです。
ちゃんと動かしたければお金を出してソフトのバージョンアップをするしかないようです。

あーあ。

elements2019のアップグレード版は11,800円。
これをOSのバージョンアップごと(3年位?)に繰り返すか。

Creative Cloudだと1ヶ月980円、つまり毎年毎年延々11,760円かかる。
だが常に最新版を使用できる。

これをどう考えるかに尽きるわけで・・・。

悩む。


液晶比較

新旧並べてみて、あまりの違いにびっくり仰天しました。
 
右=古いVAIO 左=新しいMacBook です。
この明るさの違いったら!

比較の対象がなければVAIOがこんなに暗いなんて思いませんでした。
Macではバラが鮮やかに輝いています。
今までVAIOで画像を作っていたので、Macで見ている人は彩度高過ぎ!と思っていたでしょうか?
うーむ、今後Macで処理したバラの画像が今までと変わっちゃうかしらん?
まだMac用ソフトは買っていないので試していません。
マウスなしで画像編集できるかも私には未知の世界です。
Macって基本マウス無しなのですよね、欲しい人のオプションみたいです。
 
モニタのサイズもだいぶ違います。
VAIOは横に長いのでウィンドウを並べて開いていました。
小さい画面では重ねてほうがいいかもしれません。
 
いろいろ、あれこれ、まだしばらく楽しく遊べそうです(^^)


植え替え記録(3)

今年の植え替えメモ(3)。

主にモダンローズたち。
131223_01

わっさわさ、ERは伸びると迫力あります。
キャサリン嬢の根張りが今年はいまひとつだったかも。
オールドローズ高貴組と一緒に美容サプリが必要かしらん。
頑張って蕾を膨らませているのはアルンウィック嬢です。

131223_02

アルンウィック嬢以外はどんどん横に伸びていくので、今年はいつもよりショートカットにしました。
今まで切ってきた節目をクリアする目的です。
ERを6号鉢に植えること自体まったくの推奨外だし、それどころか、新苗用ポットに何年も押し込めるなんて暴挙としか言いようがないし、皆様がストレス溜まって健康を損ねてもいけませんから、そんなものを見たように思うのは気のせい、見なかったことにしてスルーして行って下さいね。

キャサリン嬢が幅を取って置ききれなかったので、一度どけてから原種などの細かい鉢を追加処理。
131223_03

残るはミニバラ軍団。
土を追加しないと足りなさそうなので、続きは来年。


今日の東京

12月23日 祝日。
雨の後風が吹いてクリアな東京。
 
六本木ヒルズの展望台から見たスカイツリー。500メートル超えの迫力。
101223_01
 
夕方。ヒルズのスカイデッキ(屋上)から。ツリーはやっぱりちょっと遠いのだ。
101223_02
 
同じくスカイデッキから日の入りと富士山。
101223_03
 
家に帰ってベランダから東京タワー。
101223_04
 
 
我が家のベランダから六本木ヒルズが見えるので、当然とは言えヒルズから我が家が見えることを肉眼で確認。
ヒルズからうちが見えるってちょっと嬉しいかもぉ~(^^)
 
 
帰りの六本木駅は・・・
地下にもぐる人より地下から出てくる人のほうが10倍多かったような。
12/23ですしねー。明日も明後日も凄そうですよね。
私はクリスマス関係ないので(だってサンタさん来ないんだもん(ふまーん))、地元の箱根駅伝交通規制の横断幕に年末を感じております。


青いバラのはなし

昨日の朝日新聞に「青色遺伝子バラ人気満開」という記事が載っていました。
読まれた方も多くいらっしゃるかと思います。
アントシアニンとかデルフィニジンとかいうカタカナは私は苦手なのですっ飛ばし、見た目が紫だなどというのも今更なのですっ飛ばし・・・・・・
私は交雑の話がちょっと面白いなと思いました。
 
今、市販されている開発青色系の花、カーネーションは花粉をほとんど作らないのだそうです。青バラは花びらは青くても花粉には青色遺伝子が無いのだそうです。
それで生態系に影響が無いと判断されて市販が可能になったということです。
なるほどねー。
アプローズを買ってきて自分のバラに花粉を付けても青いバラは絶対にできないのですね。
菊なんかは、青くする研究よりも花粉をできなくする研究のほうが大変みたいです。
 
なにもそこまで・・・・・・とは言わないことに致します。
我が家の白いバラとピンクのバラと赤いバラと黄色いバラは、来年はご機嫌如何かしらん?
鬼がゲラゲラ笑いそうなくらい来年が気になる季節です。
たぶん皆様そうですよね?


準備、は、OK。1

クリスマスに咲くべきクリスマスローズのニゲル、その名も「パウロ」さん。
明日はそのクリスマスのイブですが・・・。
 
081223_01
 
こんなことでは「ニューイヤーローズ」に改名ですか?
もう少し、頑張れ頑張れ。
 
 
白組さんは勢い良いです。
 
081223_02
 
ちゃんと蕾がありますヨ(^^)v
 
そして、エリックスミシイ。
 
081223_03
 
ニゲルXステルニーですが早咲きの血は引いていません。
ステルニーはアルグチフォリウス×リビダスなので結構複雑みたいです。
 
 
赤組さんは相変わらず今年ものんびりです。
赤組、といっても1株だけなので、「組」にするにはもう一種類くらいあってもいいかな、ピンクなんかどうかな・・・と密かに思う今日この頃です(^^ゞ


クリスマスプレゼント その2

クリスマスと言えば。
クリスマスローズ!・・・は済んだので・・・
やっぱり、ご馳走! でしょう。
 
こんな時にケーキなんぞ買う私ではありません。
ポチったのは・・・そう、ポッサムキムチ!!!
昔、王族貴族が食べたという高級キムチだそうです。
先日教えていただいてとぉーーーっても気になっていたのです。
 
071223_01
 
箱を開けるとスカスカ!です。
それはもう、値段の割りに量が少ないということで、すなわち『高級』!
いやいやいや・・・・・・
 
「包キムチ」といわれるキムチの中を開くと
 
071223_02
 
牡蠣をはじめ海産物やら木の実やら色々なものが入っています。(もちろんそれぞれのお店や家によって具の種類はある程度違うと思います)
こんなに豪華に入っているのはさすが王様!さすが貴族!
なんだか豪華な気分になりました。
 
 
ヘレボにキムチのクリスマスプレゼント。
いいじゃないですか。
背後で「そんなにぽんぽんぽんぽん・・・・・」と雑音が聞こえたような気がするのは空耳でしょう。
いいんです。
クリスマスですから。
っていうか、現実的には、賞与と年末調整がありますから^^;


薔薇のトランプ

今度はトランプですか?
ハイ、まだまだ薔薇街道絶好調~♪ (*^^)v
今日はお店やサンではありません。私の実コレクションです。
 
昨日、本屋さんに行ったら、カレンダーコーナーの隣に世界のトランプコーナーがあるのを見つけました。
薔薇のトランプなんかあったりしてねー、と眺めていたら
あった。(笑)
 
天使さんの忠告:
「まーた無駄遣い。トランプコレクターじゃないでしょう?買ってどうするのよ?」
悪魔くんの囁き:
「二つでたった1,650円だよ。邪魔になるものじゃなし。薔薇満載だよ~。」
 
悪魔くんの勝ち~。
 
まずは英国のトランプから。
 
051223_trump_e01_2

全部薔薇の絵なんですよ。素敵でしょう?
拡大すると・・・
 
051223_trump_e02 051223_trump_e03

一枚一枚ちゃんと薔薇の名前も書いてあるんですよ。薔薇はクラシックローズ&モダンローズです。
裏ももちろん薔薇柄。
これが1,050円。
 
次は中国のトランプ。
 
051223_trump_c01
 
「中国城市市花」と書いてあるので、中国の市の花を集めたものと思われます。
だからもちろん薔薇ばかりではありません。
でも漢字ですから「牡丹」「桂花」「菊花」「梔子花」「梅花」「木芙蓉」「石榴」「水仙」・・・なんて結構分かっちゃったりするのです。
薔薇は何枚かありました。
 
051223_trump_c02 051223_trump_c03
左は玫瑰、右は月季とありますが、どちらも薔薇です。(よね?)
写真の下に市の名前が書いてあります。何市も書いてあるので、たくさんの市が薔薇を市の花にしているようです。月季のほうには北京、天津と書いてあります。そのほかの市は中国の漢字なので変換できません。。。
月季は違う写真で他に4枚ありました。やっぱり薔薇は人気者に違いないです。
 
051223_trump_c04
 
裏も薔薇だし。(牡丹かなぁ・・・薔薇ですよね?^^;)
中国は全部のカードが薔薇ではないけれど600円だったから許しちゃう。
紙質はあまり良くないので、本気で”戦争”などをするとボロボロになりそうです。
 
他にも綺麗な柄のトランプがたくさんありました。
タロットも絵が綺麗ですよね。
興味のある方はアトレ目黒(旧ヒルトップガーデン)の有隣堂へどうぞ。