ぐきっ

こ、こ・・・腰が・・・

夕べテーブルを拭こうとしたのです。
いつものように普通に台拭きを持って手をこう伸ばした瞬間、何か力強いロボットか何かに腰を左右から挟まれたような気がしました。
うっっっっ
と固まること十数秒。
い、痛い、痛いのよぉ。
その後動けたし、ご飯も食べられたし、寝られたし、通勤もギリギリできたので、ぎっくり腰までは行っていないと思いますが、なんか、ナンチャッテぎっくりくらいは行っているかもというほどに腰が痛いです。
ぎっくりは冷やすのでしたっけ? 湿布を貼ると痒くて気が狂いそうになるからなぁ・・・。
あぁぁ
加齢って何かと面倒ですねぇ(涙)

コメント

  1. もも より:

    うわぁ~~っ。
    通勤、大丈夫でしたか? 
    腰が弱っていると、踏ん張ったり、速足で階段を降りるのがしんどくなりますし。
    いろんな動作が大変になりますよね。
    洗顔とか炊事も。
    どうかお大事に。

    • ラ・ロズレ より:

      そう、洗顔がですね、妙に変わった角度で頑張らないといけないのですねー(笑)
      地下鉄はJRに比べてほとんど揺れないので助かっています。
      歩くのがゆっくりになっていたらしく、いつもより1本遅い電車でしたが、そっちのほうがいつものより空いていることに気がつきました。
      この大発見はまさに怪我の功名?

  2. あえか より:

    固まっていたことが正解です。
    まずは安静。
    変に動かすと余計悪化させちゃいますからね。
    ぎっくり腰は腰の捻挫なんだそうです。
    熱を持っていたら別ですけど、基本温めですね。
    筋力が落ちてきていたりするので、いろいろ起こりますよね。
    実感してますわ。

    • ラ・ロズレ より:

      マンガを思い浮かべてください、口が半開きで、汗が流れて、目は瞳が無い白丸、そして頭の上には大きな飾り文字で「ぎっくり!?」
      まさにその状態でした!
      捻挫ですか、テーブルを拭いただけで・・・。
      でもこの程度なら鉢も動かせるので超軽症ですね。

  3. Keiko より:

    歯を磨こうと歯ブラシをもっただけでぎっくり腰になった方もおいでです。
    加齢だなんてロズレさんには似合いませんよ。
    私もひところよくぎっくり腰になった頃があります。
    腰が痛くて仰向けに寝られなかったことも・・・若いころです。^^;

    鉢の移動はしっかり腰を落として両手でね。
    怪我の功名の大発見、ヨカッタですね。

    • ラ・ロズレ より:

      アハ、アハ、私は今仰向けに寝られませんでしたよ、寝返りもダメでした。
      今日はやっと普通に寝られた感じです。
      怪我の功名は本当に功名でした。わたし偉い!(偶然ですが!)
      あれ以来3分遅く出かけています。おほほ♪

タイトルとURLをコピーしました