受難のバラ詣で

先週の土曜日はお天気が良くないと聞いてバラ園は諦めました。
今週は「曇り」と聞いたので、まぁいいかと出かけました。

途中でポツポツ。
ま、しょうかないか。
降ったり止んだり。
からの、降ったり降ったり!
だんだん土砂降りレベルに。
なんなのよ!?
バラ園を一周する前に帰ってきました。
この私がですよ。
どれだけ降ったかご想像ください。

そして自宅に戻ってきたら・・・
あれぇ?傘さしている人いない。
「曇り」のような気がする?
はぁぁ?

横浜っておかしくない?と思った横浜イングリッシュガーデン詣ででした。

ミラーレスカメラを買ってすぐにコロナ禍に突入してしまったので、今日は初めてのバラ園単焦点レンズ使いの日でした。
実は結構失敗しました。
感覚が掴みきれません。
更に雨が加わってごっちゃごちゃ。
私は花の次に名札を記録として撮ってくるのですが、家に帰って確認したら、名札に「シソ科」なんて書いてあります。
何を撮ってきたんだ私!
カメラが濡れないように焦ってよく見ないでコンパニオンの名札を撮って気づかないなんてどうしようもありません。
バラの神様が「あーた、今日はいい加減にしておけば?」「ちょっと落ち着けば?」と中断を命じた雨だったのでしょうか。
いや、私が横浜の天気を決めたなんて、自意識過剰過ぎでしょうか^^;

単焦点レンズの特徴は、焦点が狭いわけですから前後がとにかくボケるのと、少し暗いところでもブレにくいことです。
前向きに考えれば雨の日に向いているとも言えるかもしれません、敢えて言えばですが。

というわけで、いくつか載せてみます。
参考のために明度彩度色彩切取加工なし、バラ名を加えただけのほぼ生データです。

↓紫でもまぁまぁ明るい

↓ 背後がボケまくる

↓キラキラ☆ボケる

↓花が明るいと背景が真っ黒になる

↓どうしても暗くて加工が必須になることもある

↓大引きの画もなんとかならないこともない

最後の画像は、ガーデンの中に入ってしばらくウロウロして入り口の見えるところまで来たら、奇跡的に誰もいなかったので撮ってみたものです。
ピントも明るさも難しいところはありますが、大きくしなければ雰囲気はでますよね?

生憎の雨なりに楽しく過ごすのもロザリアンの仕事です。
なんてったって、緊急事態や蔓延防止等重点措置の時には、言うことを聞いてちゃんと家でおとなしくしていた私です。
久しぶりのバラ園なんて、雨が降っても槍が降っても楽しみますとも。

大型のデジタル一眼レフとコンパクトミラーレスの違いはかなり大きかったです。
書き込み速度が遅いので、シャッターを押してから次に撮影できるようになるまでの間隔がすごく長く感じました。
大型のときはSDカードがいっぱいになる心配をしたものですが、コンパクトなカメラはバッテリーもコンパクトのようで、SDカードより先にバッテリーが無くなる心配が必要だとわかりました。
バラ園を一周しきれなかったというのにバッテリーが切れました。
雨で帰ろうと思ったので今日はちょうど良かったですが、お天気が良くて最後まで回りきろうとしてバッテリーが切れたらショックが大きかったと思います。
スマホの充電とは違うので、なかなか悩ましい問題です。
京成バラ園のように広いところに行く前に対策を考えたいと思います。
でも片手で軽々自由自在に撮れることには、とても感激しました♪

コメント

  1. もも より:

    奥まで行けないって、悲しい思いをされましたね。どれだけ降ったか、想像できます。雨の警報も何回も鳴った1日でしたし。
    カメラのクセってありますよね。設計者の意図も。
    ブルーマゼンタはキラキラしていて可愛さMAX!
    デンティベスやボレロは暗めに調整された感じがします(捉え方はすごく素敵で大好きですけれど)。
    で、私が思ったのは、白飛びしないように調整する力が強いのかな、と。マゼンタは明度が低いので、上向き調整され、良い結果になったのかな。
    もちろん引き上げるくらいの雨で暗かったのが一番の要因ですが。次は、晴れた日に撮りまくってみてください♪

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      晴れた日の屋外の白バラがどうなるのか早く試してみたいです。
      うちの子はベランダの屋根の下で直射ではありませんから、だいぶ違うのではないかと思います。
      マゼンタはまだ良かったのですが、赤が、赤飛び(とは言わない?)しました。
      なにしろ片手で傘を持っていたので、すべてオート撮影のお試しです。
      お手軽ミラーレスでどこまでできるか、次回は各種モードまで使える余裕が欲しいところです。

  2. もも より:

    長くなりすぎたので、別途カキコ。
    私が京成バラ園に行く際は、予備電池を2〜3つ持っていきます。予備は1つで足りそうだけど、念のため余分に持ちますよ。あと、スマホのモバイルバッテリも持っていきます。
    カードは入ってるので足りるんですけど、足りなかった時はボツをどんどん消して空けます。準備不足でそんなこともありました。
    予備電池は純正ではない物をネットで購入しました。

    ロズレさんのバラ撮影ライフから憂いがなくなりますように♪

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      やっぱり予備をお持ちですか。
      今まで大きなカメラだったのでバッテリーは夜に充電するものだと思い込んでいました。
      まさかお昼に無くなるとは迂闊でした。
      自分の常識を書き換えなければ^^;
      どこか遠いところに行くことができるようになった時に、二度とは行かれそうもない場所で電池切れや容量オーバーになったら大悲劇ですから、持ち物にも心にも余裕が持てるように頑張ります!

  3. Keiko より:

    私のPentaxは、とにかくバッテリー切れとの戦いでした。(汗)

    どちらにしても、ロザレアンライフ満喫のご様子、
    初めてにしては、どれもよく撮れていると思いますが、
    特に最後の写真、とっても素敵です。
    このまま雑誌に載せられそうです。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      あの赤いヤツかしら。
      やっぱりそんなものなのですね。
      知らなかった・・・

      写真も動画も少し大きくするとアラが目立ちます。
      SNSが限度でしょうね^^;

タイトルとURLをコピーしました