日々草

… road to Greenfingers

gf_061004_01
 
殺風景なベランダの棚にお花を飾ろう!と思い立った。
植えよう!ではなく、飾ろう!である。
一年草には申し訳ないが、切り花感覚で使わせてもらうことにした。
買ってきたポリポットごと木枠にいれる。
お花が終わったら次のお花とお取替え。
まるで切り花のように終わったらサヨウナラのお花たち。
買ったまま植えもしないなんて厳格な園芸家さんには怒られそうで、とても大きな声では * ̄  ̄)b 言えない。
トップバッターに選ばれた飾り花は日々草。
理由はホームセンターで安く売っていたから。
使い捨てにしようというのに高いお花には手が出ない。
しかし、今まで日々草を買おうなどと思ったことは一度もなかった。
どこの家の玄関にもガレージにも、どこの商店の入口にも、ありふれた日々草。
そんな何処にでも咲いているお花なんてつまんない。
お花自体もなんだかのっぺりしていて面白くない。
ベランダに置ける鉢の数には限りがあるのだから、本当に気に入ったお花だけを買いたい。
そう思っていた。
でも、いつでも取替がきくとなると、安くてカラフルなのもいいんじゃない?という気にもなる。
お花に限らず、食べ物も家庭の消耗品も、世の中そうやって高級品とお値打ち品の消費が回っていたのかとこんなところで合点がいく。
今まで良く見たこともなかったので全然知らなかったのだが、日々草は名前の通り毎日毎日どんどん新しい蕾が開いていく。それほど日当たりも良くないのに、ポリポットなのに、本当に次々と良く咲く。
おお、今日もこんなに咲いたのか、まだこんなに蕾があるのか、お前いいヤツじゃないか、しかも学名が「Catharanthus roseus」じゃないか(roseが入っていると何故か嬉しい)・・・と大いに株を上げた日々草。
来年も買ってしまいそうな予感がする。

コメント

  1. Keiko より:

    よかった、うれしいです申し出を受け入れてくださって。
    だってここの記事とっても新鮮で、正直で楽しいですよ。
    私も庭をもってたかだか4年目です。
    まだまだ知らないことだらけ、知ってると思い込んでいることも
    間違っていたり、頭ではわかっていてもそのとおりに出来なかったり・・・
    でもとにかく庭弄りは楽しいです。

    ニチニチソウが大いに株を上げたということですが、きっとこれからもそういう発見が相次ぐことでしょう。

  2. ラ・ロズレ より:

    わっ!ありがとうございます~♪
    うふふ、新鮮と仰っていただけるのはきっと初心者マークのなせる業でしょうね。正直に関してはもう「わかんないものはわかんないのー」というただの開き直りかと(笑)
    でも、「わからない」で終わってしまうと園芸も終わってしまいますから。植物が生き続けている以上は私もベランダにお呼びした責任を全うしなければいけませんよね。
    初心者は、ベテランさんが当然のことと思うようなことでもいちいち珍しがって面白がれるのです(笑)
    私が悪戦苦闘して時には失敗している姿を見て”転ばぬ先の杖”を手にして下さる方がいらっしゃったらいいなーなんて思います。

タイトルとURLをコピーしました