日記 オヤブンの逆襲

6月30日(木) 雨のちくもり 28.4℃ 63%(K家リビング)

会社から帰って、真っ暗な寝室の電気を付けた。
着替えをはじめるとガラス窓に外から「パンッ!パンッ!パンッ!・・・」と連続して何かがぶつかる音がした。
見ると・・・・・・
「げっっっ!オヤブン!!!」

夕べは涼しい風が吹いていたので窓を開けたのであった。
この陽気になって虫たちが飛んでいるのはわかっていたのに、つい、魔が差した。
最近我が家を訪れるのは、4~5㎝もあろうかと思われる巨大なカフェオレ色の昆虫。
黒かったらカブトムシと言うくらいに大きい。
小さければカナブンといったところか。
名前がわからないので「オヤブン」と呼んでいた。
ソイツが知らぬ間に部屋に入ってきて、リビングのテーブルでちゃっかり寛いでいる。
何を隠そう、我が家には網戸というものが、ない!
きぇーーーーーーーーーー!
動いてるぅ!(ヾ(-_-;) 生き物は動くって)
私を見てるぅ!(ヾ(-_-;) 自意識過剰だって)
お引取り戴きたいのは山々なれど、あまりの巨大さにちょっとビビり
ヌメヌメやケバケバしているわけでもなし、襲って来やしないって、と思っても、やっぱりイザとなると手が出ない。
オットが帰ってくるまで見ないふりをして過ごした。
ウィンブルドンが始まった頃にようやくオットが現われ、「テーブルにオヤブンがぁ・・・(ToT)」と泣きを入れた。
オットはオヤブンをつまんで、ベランダの柵からフルスピードで1階へ退去させていた。(投げ捨てた、とも言う)
ハァ~一件落着。。。

・・・・・・
そんな昨日の出来事が頭をよぎる。
今日のはやっぱ、逆襲か?

コメント

  1. 桃李 より:

    俺だ!俺だよぉぉ!
    昨日は勝手に入ってすまなかった!
    君を驚かせるつもりはなかったんだ。
    ただ一緒にいたかっただけなんだ。
    何故って…君を愛しているからさ。
    頼むからそんなに冷たくしないでくれ。
    ここを開けてくれよぉぉぉぉぉ!
    君のことが好きなんだぁぁぁぁぁぁ!

    と、オヤブンの声が(笑)

  2. ラ・ロズレ より:

    いやぁーーーーーー!!!
    悪い夢見そうですぅ。
    夕べは1階で腰打って痛かったんだぜぃどうしてくれるんだぐぉら・・・・・・じゃなかったのかしらん^^;
    今もベランダの端でジーーーッとしてるんです。
    しかも2匹も!
    応援団連れて来たのかなー。
    気がつかないふり、気がつかないふり・・・・・・

  3. 桃李 より:

    ---第2話までのあらすじ---
    「妻とは別れるつもりなんだ。だからここをあけてくれ!」
    「・・・・・・・あなたっ!」
    「どっ…どうしてここに?!」
    「家に帰って来ないからあとをつけてみたら…。何なのよ!この女はっ!」
    「ちっ…違う。こ、この人はその…あの…なんだ…」
    「まさか不倫じゃないでしょうねぇ…。あなたっ!何とか言いなさいよ!」
    「ごっ…誤解だよ」
    ---第3話の予告編---
    「パパ?そこで何してるの?ねぇママ、このお姉さん誰?」
    やっぱ今夜は3匹目登場でしょうか。 
     
    「いい加減しろ!」って怒られます?

  4. ラ・ロズレ より:

    3匹目、「お姉さん」と言うなら登場してよろしい。
    って、ちがーう、絶対にちがーーーうっ!
    ホントに変な夢見たらどうするんですかっ。
    夢の中でオヤブンと”仲良く”してたらっ。
    あんなこと?こんなこと?(←なんのことやら(笑))
    ε=ε=(ノ*´Д`)ノ ヤダヤダー

    それに、オヤブンは私の好みじゃありませんから。
    顔は小さいけど脳ミソも小さそう(-_-;)
    足はすらっと細いけど6本あるし(-_-;)
    ズングリ体型でクビレがないし(-_-;)
    ほぅら、全然いいとこなし。(こうなったら言いたい放題!)

タイトルとURLをコピーしました