観察経過 続き

鉢に挿して水の状態をチェックする水やりチェッカーを使い始めて4日目。

2鉢目が水色から白になりました。
予想通り少しはマシまほうの鉢です。
そして一番ダメダメな鉢は4日目にしていまだ水色です。

鉢を手で持ち上げてみて重さを実感しました。
チェッカーが白と水色の鉢では、なんとなく重量感が違いました。
念の為にチェッカーを挿していなかった鉢を持ってみて「ゲッ」と思いました。
想像より重かったです。
チェッカーが白の鉢より水色の鉢に近い手応えでした。
ということは、普通に水やりをしている鉢もやりすぎている可能性が高いです。
坊主の鉢をひと通り見極めたら、違う鉢に挿してみようかと思います。
やっぱりミリオン(ミニオンズじゃないですよ)を送料を払ってでも買うべきか、いやその前にもう1件ホームセンターに探しに行こう、そうしよう。

コメント

  1. もも より:

    続編も興味深かったです。
    うちでも、暑いのに水やりが毎日ではないんですよ。異常。根が弱ってる証拠だなと思います。
    可視化するのは良い方法ですね。フジサンに差したいなぁ。それと、夏に動きがないボールガール嬢。

    いろいろ調べる途中で、河合さんによる弱ったバラのメンテナンス方法の記事を見つけました。
    冒頭で「まるで万年一年生のようなバラですね」という言葉が! ぐへっ! 大剣が突き刺さった!
    土と根を見て、水やりや施肥が分かるって凄いです。私はまだそこがクリアできないから、バラの姿も万年一年生なんだなぁ…。
    水やりは奥が深いと知りつつ、精進してないっていう…。(^^;)

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      万年一年生!
      サクッ!(大剣が眉間に刺さった音)
      そうですね、もしも今鉢から抜いたら根はショボショボなのでしょうね。
      バラもろくに育てられない人だ・・・(遠い目)
      だって世間ではコンスタントに、今日のお庭などというバラの写真がアップされていますものね。
      お天気もベランダも気分も、どよーん。

タイトルとURLをコピーしました