9月のバラ

9月11日は何の日かというと・・・
選挙の日?
・・・今年はそうなんですけど^^;・・・
ここでの話題はアメリカで起きた同時多発テロです。

「9月のバラ」という絵本があります。
050901_book1
本館のゲストブックで教えていただいたのですが
(Bさん、ありがとうございますぅ~)
絵がとっても可愛いんですよ。
実話をもとに描かれたもので、
フラワーショーに出品するためにたくさんの薔薇の花と共にアメリカを訪れたアフリカの姉妹がテロの混乱に遭います。ショーは中止になり、行き場を失った姉妹ですが、薔薇をたくさん持っていたので、それを犠牲者のために捧げました・・・
というお話です。
小さな絵本なので、そこに書いてある文字数は少ないのですが、でもその中からたくさんのことを知ることができます。

9月にフラワーショー。どんなイベントだったのか調べることはできませんでしたが、そんなにたくさん薔薇を使うショーってどんなだったのでしょうね。

アフリカから薔薇を運ぶ姉妹。不覚にもアフリカで薔薇を栽培しているとは考えたことがありませんでした。
プランテーションでしょうか。
この絵を見てください。薔薇に囲まれた姉妹はきっと幸せな気持ちになっているでしょうね。(あふれてますっ(^^))
050901_book2

そして、姉妹がテロの起こったアメリカで途方に暮れているところを助けた牧師さんがいらっしゃいます。困っている人がいるかもしれないとわざわざ空港まで探しに行って姉妹に会ったのだそうです。たくさんの薔薇の使いみちをアドバイスしたのも牧師さんでした。

* * * * * *

American Rose Society(略してARS)という団体があります。
ARSでは現在、ニューヨークシティ、ワシントンD.C.、ペンシルバニア(テロのあった各地域)に”Remember Me”Rose Gardenの建設を進めているそうです。
まだ場所や植える薔薇を選定している段階らしいのですが、数年後には各地にメモリアルガーデンができるのではないでしょうか。
また、Weeks Rosesより”We Salute You”というオレンジピンク色のHTも作出され、売上金はガーデンの運営資金に当てられます。

上記はARSのサイトより頂いた情報です。
この話題を流用なさる方は、英語の元記事(PDFファイル)を必ずご確認ください。
私は英語苦手なんですよー。↑の記述に間違いがある可能性もありますから^^;

全世界に薔薇を!

全人類に薔薇を!