つくばエクスプレス

Tsukuba Express

別名

 

種類

 

作出・発表年

2003年販売開始

作出者

 

作出国

オランダ

受賞


親子関係

 

メモ

名前は、秋葉原駅とつくば駅を結ぶ首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスにちなむ。


参考

<つくばエクスプレス(バラ) について>

オランダの育種会社であるスクルールス(Schreurs)社が開発した。
2000年、種苗展示場に展示されているこのバラを、茨城県旧・八郷町(現・石岡市)の神生バラ園の代表である神生賢一が見つけ、2001年に試験栽培を開始。
2003年より日本国内で販売が開始された。
「つくばエクスプレス」の名も神生賢一による命名である。
地元の茨城県を象徴する名前にしたいという思いから、また、つぼみができてから開花するまでが早いという特徴から、同様に速さをセールスポイントにしているつくばエクスプレス線になぞらえたという。
2001年末に、つくばエクスプレス線を運営する首都圏新都市鉄道から、名称とロゴの使用許可を得た。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「つくばエクスプレス (バラ)」 最終更新 2016年3月26日 (土) 19:05 より抜粋)

<つくばエクスプレス(鉄道) について>

ITの街「秋葉原」から研究学園都市「つくば」まで最速45分。個性溢れる街を結ぶつくばエクスプレス。

つくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道株式会社)より

つくばエクスプレス(TSUKUBA EXPRESS、略称並びに路線記号:TX)は、東京都千代田区の秋葉原駅と茨城県つくば市のつくば駅を結ぶ首都圏新都市鉄道 (MIR) の鉄道路線である。
首都圏における宅地供給、茨城県南・県西地域の開発整備、常磐線の混雑緩和などを目的に計画された。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス」 最終更新 2020年8月25日 (火) 16:38 より抜粋)

タイトルとURLをコピーしました