0627一覧

シュートの意思

Fragrance Worldを読んでいて「ををっ!」と思ったこと。

シュートはその品種が持っている大きさまで伸びようとするところがあります。

そうよねそうよね、確かにそうよね。
我が家の5号鉢原種も、ちょっと油断した隙にメートル単位で伸びていたことがありましたっけ。
この言葉は格言として覚えておくことにいたしましょう。

そのほかに、ピンチのやり方も詳しく書いてあります。
私は手当たり次第にばっつんばっつん切るのでピンチはしませんが・・・^^;


ムックムク!

バラのお花が終わってしまって淋しくなっている人はいませんか?
いませんよね、まさか?
原種の遅咲きはいるし
130627_01
新しい枝がビュンビュン伸びるし
130627_02
上は、カカヤン八重山嬢。
なんだか人の名前みたい?(笑)
下は、ドレスデンドール嬢。
ミニモスです、見事な棘々でしょう?
こういうのを見ているのがまた楽しい楽しい♪


難波’s hip!

きっと今年もまた萎んで茶色くなって落ちてしまうかもしれないので、今のうちに記念撮影。
120627_01
 
難波茨のローズヒップです。
我が家の難波嬢は今まで一度もローズヒップの壁を乗り越えられないでいます。


あづい。。。

100627_03
 
グリーンアイスは何故にこうもやる気があるのだろう。
わけて欲しい。。。


折鶴蘭

090627_01
 
我が家の植物は何でも小さいのです。
バラも小さければオリヅルランも小さい。お花も見逃してしまいそうなくらい。
 
都内では今週、歩道の植え込みやビルの下の花壇で、オリヅルランが満開でした。