1103一覧

宇宙のランデヴー

[タイトル] 宇宙のランデヴー〔改訳決定版〕
[著者] アーサー C クラーク
[形式] Kindle版
[金額] ¥853
[内容] 時は2130年、太陽系にやって来た謎の物体”ラーマ”とランデヴーするSF

[感想]
アーサーCクラークの一般的な有名どころは2001年宇宙の旅だと思うが、それよりもわかりやすくて面白い。
宇宙人だのという濃いめのSFではなく、どちらかというと薄めのSFなので、コアなSFファンには物足りないかもしれないが逆に言えばたいへん読みやすいと言えると思う。

[雑記]
BSプレミアムの番組「コズミック フロント☆NEXT」で太陽系外からやってきた物体を取り上げていて、研究者たちが発見されたばかりで解明前のその細長い物体をとりあえず「ラーマ」と呼んでいて、それはこの本『宇宙のランデヴー』の円筒形の物体をイメージした命名だった・・・と聞いたので読んでみた。
研究者はみんなアーサーCクラーク読んでるな・・・というか・・・そういう本を読でいる人が研究者になっているのか?
現実に太陽系外からやってきた物体は正式には発見したハワイにちなんで「オウムアムア」(ハワイ語で「初めての使者」)と命名されている。

2077年地球に大隕石が降ってきて、パドヴァとヴェローナが地上から払拭、ヴェネツィアはアドリア海に没する・・・どうかこんなことにはなりませんように。それにしてもヴェネツィアはいろいろな理由で沈むな。

コンピュータが「ねぇちょっと!面白いものがありますぜ!」という信号を出す、ここ爆笑。

ラーマはインドの国民的叙事詩「ラーマーヤナ」からとった名前。ギリシアやローマの神話からはもうネタ切れだそうな。

空間(スペース)天文学は金のかかるホビーで・・・ってホビーですか、そんなこと言われて良いのですか、研究者の皆様。

科学技術レベルの格差が甚だしい同士の文明の出会い
ピサロとインカ、ペリーと日本、ヨーロッパとアフリカ
ここ、ペリーと日本が入るかな、そうなのかな、アメリカではそうなのかな。

フェアバンクスやコネリーやヒロシら映画のヒーローたちが・・・
ヒロシって誰???

侵入したラーマの内部には音がなかった。
人間の五感は常にインプットを要求する。それを奪い取られると自らその代用品を作り出す。
それで乗組員に幻聴が聞こえた。

コンピュータの中で回路が閉じれば迷路の息を吹き返す。
理科苦手な私は「閉じる」に違和感。
でも理科では、スイッチを入れて回路がつながり電流が流れる状態になることを「回路を閉じる」というらしい。

読めなかった漢字。
登攀 → とうはん、これは完全お手上げだった
雀躍り → 小躍りのことを雀躍というところ、雀躍りでこおどりと読ませられた
闖入 → 読めたことは読めたが、門の中に馬がいるんだっけと画面の小さい文字をガン見した


今日は何の日の語呂

何月何日は「○○の日」って、いろいろな人がいろいろな都合で、わりと自由に決めている・・・かどうかわかりませんが・・・ように見えます。

今日は何の日!?『みかんの日』!!
11月3日は“いい(11)み(3)かん”の語呂から「みかんの日」なのです。

ippin(イッピン)より)
 
これって語呂?
語呂って言う?^^;



神代秋バラ

50周年記念イベントは終わってしまいましたが神代植物公園に行ってきました。
昨日の天気予報では暑くなると言っていたのに、暑くも寒くもなく、眩しい日差しもなく、風もなく、バラ日和でございました(^^)v
 
まずは神代植物公園にちなんだ名前が付いたバラ クイーン オブ 神代
111103_01
 
 
神代のバラは古木が多いので有名です。
古いバラ園だし、しょっちゅう植え替えたりしないのです。
 
がっしりとした ヘレン・トローベル
111103_02
 
しっかり育った ブルー・ムーン
111103_03
 
見事な大木 クイーン・エリザベス
111103_04
 
そして、歴史を感じるこの名札。
昔はこんなひび割れはありませんでした。年数が経ったのですねぇ。
111103_05
 
 
今度の週末でもいいお花は見られると思いますよ。


11月の白いバラ

白いバラ。
みんな違う白いバラ。
 
101103_01
白雪姫様ことアイスバーグ
 
101103_02
グリーンアイス
 
101103_03
匂宮
 
 
色も、形も、雰囲気から何から何まで、みんな違う、白いバラ。
 
 
 
今日のおまけ。
 
東京タワーが奇抜な色になっていました。
三脚無しで撮ったのでちょっと暗いです・・・
 
101103_04
 
いや、その、三脚を出すのがね、面倒だったので・・・^^;
さすがにこれ以上シャッターが遅いとブレブレでダメでした。


薔薇いろいろ

まずは新人さん歓迎。
 
081103_01
 
商品名は「八重山野いばら」
すなわち、カカヤンバラことロサ・ブラクテアータだと思われます。
江戸時代に船がフィリピンのルソン島のカカヤンというところに流されて種を持ち帰ったという逸話が残されている薔薇です。
フィリピン、八重山、というくらいでアジア南方が原産です。オールド・ローズ花図譜には『おそらくバラのなかでいちばんの遅咲きだろう』と書かれています。
巨大な黒いローズヒップが付いてきました。盆栽として育ってきたものなのでそれなりに成熟しているのでしょうか。単に小さい苗を買ったものは今のところどれもローズヒップは付けません。やはりある程度の年数が必要なのかなと思っているところです。
ところで。
これは、貯まった楽天ポイントで「いただいた」ものです。
皆様が私のアフィリエイトで付けてくださったポイントで、本体価格1,000円、送料600円が全部まかなえました。タダで貰ったも同然です。ポイントにご協力くださっている皆様、ありがとうございます~(^^)v
 
 
次にバラ園。
 
081103_02
 
京成バラ園はこのような感じでした。
数は咲いていますが接写に適したお花の状態とは決して言えなかったので、原種エリアのローズヒップと新作の薔薇を集中的に撮ってきました。
”てまり”と”みやこ”は花壇では見つけられず販売コーナーで見ただけですが、ちょっとビックリ、大苗が6,000円でした!
バビロンシリーズは花壇にありました。
 
081103_03
 
エリドゥ・バビロンです。写真で見るより実物の方が可愛いなと思いました。
バビロンシリーズは大苗が5,000円でした。
新作は高いのですねぇ~。
 
 
花壇の薔薇がイマイチだったので時間があまり、ついつい草ぶえの丘も行ってしまいました。バラ園の”はしご”です^^;
実は前身のアルバしか行ったことがなく、草ぶえの丘は初めてでした。
8割はオールドロースかなというバラ園です。鈴木省三さんのコーナーとミニバラくらいかな、モダンローズは。
オールドローズはモダンローズと違って秋はぽつぽつです。でも本でしか見たことの無かった薔薇がたくさんあって大感激!秋でこんなに狂喜乱舞しているようでは春に行ったらもう3日くらいは帰ってこられないでしょう(笑)
2011年の国際ヘリテージローズ・カンファレンス(誘致決定らしいですよ)に向けて拡張工事もしていたようなので、何回か行かねばと思います。
今回は西日がギッラギラで、テカッた薔薇と影を作りすぎて手ブレした薔薇のオンパレードであまり意気揚々とお見せするほどの写真はありませんでしたので、リベンジも兼ねて是非春を狙いたいです。
 
感動した『青蓮学士』(他じゃ見られない)
  
081103_04
 
と、ピントの位置が謎の琉球テリハノイバラ(今年から照葉ファンになった(笑))
 
081103_05
 


石の上にも3年

ミニバラの御所桜を挿し芽にして3年。
1年目も2年目も咲いてはくれましたが、やっと可愛い♪と思える御所桜らしいお花が咲きました。
 
071103_01
 
とにかく3年頑張れ。
よく聞く言葉です。
冷たい石も温まるのだとか、辛抱して継続すれば最終的には物になるのだとか、3年我慢できないようでは根性がないだとか、やっているうちに仕事が面白くなるだとか、3年はひとつの区切りだとか・・・・・・いろいろ言われます。
諺って、何故諺なのか。
当たってるんですよ。全てとは言いませんが、これが結構イイトコ突いているのです。
だって、可愛くなったでしょ?御所桜ちゃん。
3年です。
頑張りましょう、見守りましょう。
昨日と今日は同じじゃない。今日と明日は同じじゃない。
塵も積もれば3年。
薔薇もたいしたものです。