0803一覧

真夏の昼の夢

あれは、何曜日のことだったか・・・

私が作業をしている部屋にひとりの男性従業員が入ってきました。
んんん?
背中の少し下、腰の上辺りに見えるのは・・・
ツヤツヤピカピカの緑色の大きな・・・コガネムシ?カナブン?
私がハッキリ見えるくらいのサイズのものが「ひしっ」とシャツにくっついています。
え?え?本物?
目を疑っているうちにたくさんの人が部屋の中に入って来て、私も作業の手を止めるわけにいかない状況で、少しの間目を離さざるを得ませんでした。
その一瞬の間にぐるぐる思いました。
あれは本物だろうか?
小学生が喜ぶ蛇のおもちゃ的なオブジェでは?
でも公務員が仕事中にそういうことするか?

作業の手を止め顔を上げたとき、何人もが部屋を出ていくところでした。
その男性も扉に向かって歩いていました。
しかし、その背中には「例のもの」がありません。
え?え?え?

考えられる可能性は?
私が暑さのために見た幻だった。
おもちゃで女子を脅かして満足して外した。
だれも知らないうちに背中から部屋の中に降りた。

第三の可能性を思ったとき、一瞬でも目を離したことを猛烈に後悔しました。
皆がいなくなった後、私は自分の机の周りで目を皿にしました。
でも見つからず。
その後の仕事中は、なんだか背中がムズムズして、実は奴が止まってない?と何度も確認しました。
でもどこにも姿はありませんでした。

あれは何だったのでしょう。


わたしバカよね~

ナチュラルローソンに入ったら、正面に帰省土産コーナーが作られていました。
そこで目に入ったのがこれ。
160803_01
千疋屋さんはパッケージにバラを使っているのですよ。
でも、日常生活の中で千疋屋さんでお買い物をする機会もお金もないものですから、このバラ柄はネットでしか見たことがありませんでした。
それが目の前にどどーーーん!と。
帰省土産は必要ありません。
中身はお菓子ですが特に食べたいものではありません。
千円もします。
それなのに。あぁそれなのに。
気が付けば、お買い上げ。
何やってるんでしょ。
おバカさんよね~。


外国人のための銭湯の入り方

羽田空港を有する大田区の観光課が作成した「外国人のための銭湯の入り方」という動画があります。

外国人のための銭湯の入り方

これって、あの「テルマエ・・・」を踏まえて作られていますよね。
私は最終回まで全部読みました。

動画は、日本語の他に英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語もあるので、外国のお友だちと一緒にお楽しみください。

でも、何より心配なのは・・・
紹介する側の日本人のほうが、銭湯に行ったことがないのでは?ということ。
温泉は行くでしょうけれど、銭湯は行ったことのない人、多いのでは?


五色の夜景

オリンピック仕様の東京タワーです。
120803_01
 
これを撮ったのは確か昨日。
今日は全身ジャパンブルーの日です。
スカイツリーも入れようとするとずっと引かなければなりません。
120803_02
それでも肉眼で見るよりは望遠効果がでています。
毎日色々な競技で楽しませていただいていますが・・・
ひとつだけマイナスポイントがあるとすれば、表彰式で流れる君が代がイマイチですね。
(あくまでも音楽としての話しです)
大相撲の表彰式のご唱和くださいではないので前奏はいらないと思います。
そしてパーカッションが足りません。
お腹に響くバスドラムと、遠くから打ち寄せてくるようなスネアドラムは大事です。
私の好みとしては。


シンプルイズベスト

シンプルなのにインパクトがあるのか、シンプルだから心に残るのか。
最近気に入っているのは「0655」と「2355」。(NHKオンラインを検索して下さい。)
番組名もシンプルです、6時55分と23時55分にやっているのがまるわかり。
アニメーションも映像も歌も超シンプル、このシンプルさは病み付きになります。
「ねこのうた」なんか一度聞いたら覚えちゃう。
私は全て録画で電車の中で見ているのですが、ついつい「おれ、ネコ♪」なんて鼻歌が出そうになります。
是非一度ご覧になってください。いけてるセンスです。


いただきま~す♪

この夏の初だだちゃ豆♪ with エビス(^^)
 
080803_03
 
嬉しさのあまり2袋買いました。
明日も食べるぞっ るんるん♪るるるるんるん♪


期間終了?

7/28にはピンクアイスだったグリーンアイスが、本来の緑色になりました。
サービス期間終了のようです。
 
080803_01
おまけ。
 
なんか花が咲きました。
って、なんともいい加減な発言^^;;;
もらいものの種をテキトーにドバッ!とばら撒き、種の袋はポイッと捨ててしまったので何の花なのか分からなくなりました。
なんかずいぶん派手な花です。
 
080803_02


食について考えるとき

最近『食育』が話題になっています。
食育とは。
 
  食育とは、国民一人一人が、生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の
  継承、健康の確保等が図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関
  する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の
  取組みを指します
  ((財)食生活情報サービスセンター http://www.e-shokuiku.com/より)
 
わかるような、わからないような。
身近である分、灯台下暗しでもある分野のように思われます。
「食べる」ということ、本気で考えると奥は深~いのです。
 
今読んでいる本は 杉浦日向子の食・道・楽

某公共放送の番組「お江戸で・・・」でご存知の方も多いはず。
先日亡くなられましたが新刊が出ていました。
子供たちに食を教えるためには、大人がまずお勉強しなければ。
だって私たちって、ちょうどインスタント食品やファーストフードが出来た時代にたっぷりとその恩恵にあずかってしまった世代ですもの。
「食文化の継承」、自分がしなければ子供たちには伝えられませんもの。
杉浦さんのご本、ちょっと良いですよ。お酒を召し上がる方は更に楽しいと思います。
 


猛暑に赤!

白いユリ、ピンクのサルスベリ、黄色いヒマワリ・・・
夏のお花はいろいろありますが
我が家では、赤!!

050803red1
ハナキリン

050803red2
コーヒーオベーション

二つ足してもまだ余裕で”3ケタ”なチープな子たちですが。
なんだか妙に元気です。