第20回国際バラとガーデニングショウ

今年は行って来ました。
毎年行っているわけではありませんが、過去の記録がありますので、興味のある方はどうぞご覧ください。
国際バラとガーデニングショウレポート一覧

さて、第20回はどうだったかと言いますと・・・
バラを山盛りにした簡潔明瞭な展示、でしょうか。
近年の奇を衒ったようなものはなく、原点回帰のようにバラを精一杯盛り合わせていたように思います。
甘口に言えば、バラいっぱいでバラ園のよう。
辛口に言えば、バラを集めただけだった。

先日バラ園で動画の予習をしましたので、今回は動画をメインに撮る気で行きました。
まだ動画2回目なので上手に撮れてはいませんが、量だけは「保険!」と言いつつ同じようなものを量産してしまったので、整理がえらく困難になっています。
今年は、最近当ブログではあまり登場していませんが、バラ友『ゆめさん』にナニがアレでコレがソウなって、開場前の落ち着いた動画を撮って来ています。
ムービー完成まで時間がかかると思いますので写真をいくつか載せておきます。
予告編と思ってしばらくお待ちください。

— — —

過去20回のポスター。
2枚ある年が2回あるので22枚。

バラ!


ヒツジ!

小山内さんのとこ。

香りのトピアリー。こういうの好き。

— — —

では、では。


新聞広告発見


いままで新聞広告なんて入っていなかったと思うのですが?
今年はいろいろあって参戦の予定です!


小さなバラ園を見つけた話

お昼休みに周りの会話から「バラ」という言葉が聞こえてきたので耳ダンボしました。
それで帰りに見つけたバラの園。

歩道沿いの一角なのがお分かりいただけるでしょうか。
5/2に載せた「ソトバラ」のほんの数メートル先でした。

つるバラのフェンス、アーチ、スタンダード、鉢植え、ネームタグ、宿根草、などなど、バラ園に必要なものはひととおり揃っています。
しかも砂利が敷いてある部分は、ちゃんと人が歩けるようになっています。
砂利道から歩道を見るとこんな感じに見えます。

「Welcome」という札がかかっていたので足を踏み入れてみたら、陰で水やりをしている女性が見えたので念のため声をかけてみました。
どうぞ、ということだったので奥まで見せていただきました。・・・と言っても一周しても20歩くらいかと思いますが・・・。
この女性がどのような方なのか、それ以上話はしなかったのでわかりませんが、只者ではない感じがしますよね?相当な上級者ですよね?
もしかしたら、私が見たソトバラも、近くのバス停に置いてあるミニバラの鉢も、みんなこの女性の手がかかっているもかもしれない気がしました。

それで、思ったのですが・・・
バラ園ってこれで良いのではないでしょうか?
京成バラ園のような広大でむせ返るほどのバラが溢れるバラ園はもちろん必要です。
でもそんな手もお金もかかるのばかり作るわけにはいかないではありませんか。
それよりも、今日のこのような一角のバラ園がもし東京中にたくさんあったらどうでしょう?
楽しいと思いませんか?
お庭の内側のオープンガーデンとは違うオープンなガーデン。
広い土地がある郊外とは違う都会だからこそ、小さなスペースのバラ園があったらいいのに。
駐車スペース2台くらいの小さなコインパーキングがみんなバラ園になったらいいのに。

残念ながら、これは「口だけ」の願望です。
じゃあ自分でやればと言われると、土を掘ってニョロっと出てきたらバラを放り出して全力疾走で家に帰る私ですからそれは無理。
みんなが頑張ってくれたらいいなという都合の良い願望です。


バラの宴2018

松本様邸「バラの宴」の3時のお茶部門に参加させていただきました。
何しろ今年はゴールデンウィークにバラが咲いてしまったので、まだ中旬前だというのにピークが過ぎてしまい、急いでお邪魔しました。
毎年写真を載せさせていただいていますが、今年は「姫ひめバージョン」でいってみます。


どうでしょう?
ソフトの使い方がよくわからないのですが・・・
おとぎの国に見えるかしらん?


ヘリテージのその後

我が家のヘリテージ嬢はとても変化に敏感です。良いほうに敏感に反応します。
6号鉢から7号鉢に変えたときも「おぉ!」と思いましたが、今年7号鉢から8号鉢に変えてさらに「をををっ!」と思いました。
一房に咲く花の量がどんどん増えていきます!
今年はこんな感じでした。

イングリッシュローズをお持ちの方ならごく普通の光景かと思います。
そうなのです!我が家のバラも「普通」になりました!
6号鉢でも咲くことは咲きます。咲かなかったり枯れたりすることはありません。
でもやっぱり花数は少ないのです。
それがやっとERがERらしく咲くという、私にとっては涙ものの出来事でした。

ヘリテージ嬢の唯一の欠点は散るのが早いこと。
咲いているのをカットして花瓶に挿すと・・・

プルプレ嬢とアルンウィック嬢は今もまだ花びらが留まっていますが、ヘリテージ嬢は全ての花が花びらを落としました。
良い香りも散らばって部屋中に漂うので、それはそれで許しちゃいますけど(^^)
花瓶の中でプルプレ嬢が悪目立ちしていますね、うまく挿せなくてプルプレ嬢ごめん^^;