0324一覧

スポンタネアに蕾―シーズン開幕宣言2019

スポンタネアの枝にに小さな蕾を発見しました。
我が家のバラはシーズン2019が開幕です。

Rose chinensis spontanea

バラといっても原種ですし、その原種の中でも超早咲き品種です。
本家の草ぶえの丘でもひとりだけさっさと咲いちゃうタイプです。
でも、
開幕です!

桜も開花宣言が出て、近所でもちらほらピンクになってきました。
今週でだいぶ咲き進んで3月の最後の週末はお花見のピークになるのではないでしょうか。

今年も、春です!


ミツマタ群生

ミツマタの山の景色をご堪能ください。

木の下全部ミツマタ
ミツマタのトンネル
山盛り

水芭蕉や彼岸花などは有名なところがありますが、ミツマタ、というところがわりと珍しくて良いでしょう?
一般に地味と思われるミツマタも、これだけ群生すると見事なものです。

この日は曇りまたは時々あられというお天気で、お日様は1ミリも当たっていません。
もしお天気なら木の間から日差しのスポットライトが当たったりして、もっと幻想的な風景になったのかもしれません。
頃は満開少し手前くらいで、満開を過ぎるとミツマタが開いて黄色から白になり、また少し景色が変わるようです。

ここはどこかと言いますと、住所では栃木県芳賀郡茂木町(とちぎけん はがぐん もてぎまち)というところです。
観光協会のサイトをリンクしておきます。
茂木町観光協会

東京から行くのに一番の問題は、行きにくい!ということです。我が家(23区の南側)から2時間半〜3時間近くかかります。
観光協会のサイトではシャトルバス運行と言っていますが、そのシャトルバスのいるところまで行くのが大変(乗り換えとか時間調整とかいろいろ面倒)です。
我が家では直接駐車場を目指そうとしてカーナビの設定に手間取りました。
なにしろ目標物がない!住所は広すぎてダメ、山に電話はない、お店ない、なんとか館はナビに登録ない、ないない!ばかり。
結局GoogleマップとにらめっこしてこのY字路が・・このカーブが・・という感で目的地をセットしました。
でも近くまで行けば道路に看板を立ててくれているので迷子になることはないと思います。
駐車場は2箇所ありますが、ミツマタの期間はシャトルバスが入るので使えるのは1箇所だけになります。
ただの砂利スペースで20台程度の広さです。
ここが一杯になるとあとは田んぼの一本道みたいなところなのでちょっと近くに止めるというのは難しいと思います。ご注意ください。

そんなところを何故知ったかというと、栃木県在住の義姉が去年「行ったよ」とLINEを送ってくれたからです。
それで私も今年は行こうと決意していました。

この群生地は焼森山(やけもりやま)にあるので、トレッキングらしき人々も大勢見かけます。
ミツマタを見るだけなら遊歩道が整備されていますので普通の格好で行っても大丈夫ですが、山の遊歩道ですから階段状になっているし、入り口までは砂利道なので、最低スニーカーは必要です。
遊歩道は30分もあればゆっくり一周できます。

ついでに、観光情報。
車で行くなら「道の駅」に寄りますよね?私はどこに行くときでも見つけたら「必ず」寄ります(^^)
このあたりの道の駅も寄りまくりました。
結果、行くべき道の駅ランキング
1位:道の駅もてぎ
規模、雰囲気、食べ物、お土産、全てにおいてここが一番力が入っていて賑わっています。
2位:道の駅ましこ
観光に力を入れている感じが伝わってきます。益子を観光する大型バスも立ち寄るみたいです。
そのほか道中含めて3箇所ほど県内で寄りましたがここであえてオススメはいたしません・・・。

なんだか観光大使みたいになってきました(笑)
なにしろ地味な栃木県、茨城や群馬との区別もあまりつかないし、関東だか東北だかも曖昧だし、日光と餃子以外に何があるか咄嗟に思いつかないし、という残念なことの多い県なので、ここで知っている情報を詰め込んで一肌脱いだ次第です。


ばらあるあるある

ぐふ。
ぐへへ。

変な笑いをしてしまう。
そわそわしてしまう。
うろうろしてしまう。
どってことない画像を投稿してしまう。

ばら、あるある、ふぅ〜♪

・・・

閑話休題。

独立した記事にするとなんとなくいやったらしい感じがするので、ちょいとついでの程で。
パートタイマーの日額給与を学歴・職歴で決めることにしたらしいです。
そんなのってありなのか。
卒業証明書と在職証明書等を提出するんだそうな。
年金特別便に今までの全ての職場が載っているので在職のほうはいいとして、卒業証明書は手数料300円で取り寄せたわ。
なんだかなー。


舌の修行

舌の定位置って意識したことがありますか?
私は今、歯科系の治療中で、その関係でネットを調べていて気がついたのです。
私の歯の問題は舌の位置にも関わっている!と。

右の奥歯を噛みしめる癖がついてしまったのですね。
原因はだいたい自分で想像がつき、歯医者さんでも対処していただくことになっています。
舌の位置が悪いから変な癖がついたのか、それとも歯に問題があったために舌の位置がずれてきたのかは、今となっては分かりませんが、とにかく定位置でないことはわかりました。
定位置にちゃんと置くと、奥歯は噛みあわせられないような口の構造になっていることもわかりました。
歯そのものの治療も大事ですが、こういうのって健康に微妙に影響しそうなので、ヨシ、ここはひとつ舌を定位置に戻そうではないかと決心しました。
でも・・・
思ったより大変!
だって無意識にやっていたことなのです。
舌の位置はここ!っていつも意識していませんよね普通。
とにかくすごく意識をしないと舌が位置を外れるのです。そうすると奥歯がぶつかる。イケナイイケナイと思って舌を固定する。気がつくとまた歯がぶつかる。舌移動。噛む。移動。・・・の延々繰り返し^^;

ネットを見ていると、舌の筋肉が・・・などと書いてあります。
筋トレすれば舌がピシッ!とするのならと、舌をぐるぐる回してみたりもしています。
なんだか小顔になっちゃいそうですよ(笑)
この修行、この苦行、成し遂げることが果たしてできるのでしょうか?

・・・と書くことで
モチベーションを上げてみようかなと目論んでいます(^^)


桜(2)

私の桜見の定番スポット、皇居・牛が淵です。
曇りで、空が白くて、桜もぺたっとしていますが。
お天気ばかりは如何とも成し難しなので、今年はこんな風でございます。
日本武道館の屋根を望む
130324_05
↑の写真の右側の四角く凹んだ淵を中心に
130324_06
↑の写真正面のお堀に向かって枝垂れる桜を横から見る
130324_07
お堀の傾斜と枝の傾斜が平行なのです。桜も頑張りますね。


桜(1)

今年はお天気悪くありません?
ニュースで「満開!」「お花見日和!」と言っていたのに、陽は照らないわ肌寒いわ・・・・・・
今日雨が降らなかっただけでもヨシとしましょう。
というわけで、暗~い桜を御覧下さい。
土手の下のトンネルは昼尚暗き・・・
130324_01
土手に迫り出した枝の下は今日は宴会者ゼロ・・・
130324_02
緑絡まる幹、と思いましたが、暗かった・・・
130324_03
仕方が無いので、野球少年の昼休み、桜っ気なし・・・
130324_04


恐るべし!タキイさん

最近のベルばらブーム。
なんだか妙~に熱いですよね。どうしてこうなったのでしたっけ?
とにもかくにも、見つけてしまいました。
「ペチュニア:ベルサイユのバラ」

ペチュニア:ベルサイユのバラ:クリームイエロー
ペチュニア:ベルサイユのバラ:ライトピンク
ペチュニア:ベルサイユのバラ:ローズ

以上園芸ネットさん (草花の苗より)

ををっ!ペチュニアが、何ゆえにバラ?^^;;;
タキイ種苗さんの2006年春新品種だそうです。
アントワネット、フェルゼン、オスカル、アンドレ・・・あれ?ペチュニアは何ゆえ3色?
うむむ・・・恐るべし!タキイさん
 
 
タキイネット通販のネットカタログにはもっと派手に載っています^^;;;
(花のカタログの14ページ目です・・・)

後記:
クリームイエロー、ライトピンク、ローズに加えて”パープル”を発見。
4色でした~。
(MyGARDEN 2006春号 №38 p.67 発行:マルモ出版) 
で?
どれがオスカル?どれがアントワネット?
んん・・・・・・


Kの悲劇

私、何を隠そう、ずいぶん前から「加藤」という名前を使用しております。
「藤」という字の画数が多いので書いている途中で飽きてしまう・・・という以外には、どこで名乗っても”どんな字ですか?”などと聞かれることもないし、たとえ聞かれても”加える藤でいいですか?”程度なので楽で良い名前だなーと重宝しています。
先日某方の日記に苗字のランキングの話題が出ていたので調べてみたら、全国で11番目に多い苗字だそうです。
しかし。
しかしです。
パソコンで入力していると、時々誤変換を起こすのです。
「加藤です。」と入力しているのに気が付くと「下等です。」と変換されます。いっくら言い聞かせても、辞書登録しても、油断すると「下等」が変換候補のトップに踊り出て「加藤」が2番目に脱落しているのです。
せめて「加糖」だったら”私ったら体脂肪多いからなー”と納得するものを(ホントにするかな^^;)自分で自分のことを「下等です。」と自己紹介しているのを見ると、結構凹みます。

ひょっとして
砂糖さんや無糖さん、五等さんとか駆動さんはそんなご苦労ありませんか?^^;;;