1021一覧

バラ園余談

余談(よだん)とは、何らかの役に立つことを見込まれていない話。雑談の類であり、話の内容の事柄と多少は関連しているものの、本筋から外れており理解の助けにおよぶ見込みがほとんどないとされるものを指す。

Wikipedia

というわけで、余談です。

そもそも、目的はバラではなく新蕎麦、

と、升酒。

すんごいお肉よりもすんごい海産物よりも、新蕎麦と枡酒が勝ります。
日本人で良かったぁ。大人で良かったぁ。
枡の量が私にはちょうどいいのです、これ2杯は要りません^^;

で、満腹になり日本酒でほやや〜っとしたところで、バラ園でのんびりするというわけです。
この時は決してキビキビ写真を撮ったりはいたしません^^;;;

今回は面白い名札を見つけました。
ヘリテージの下に薄く透けている文字が見えますか?
「ヌスビトハギ」

名札が使いまわされて有効利用されています。
それにしても透け過ぎかも?^^;

名札と言えば、
神代植物園もいろいろ進化していて、近年は香りにも気を配っています。
名札に香りマークを付けているのは香りがあるからくんくんしてご覧なさいという印だと思われます。
が。
天津乙女さま、この日はまったく香りませんでした。
そもそも「微香」タイプだと思うのですが・・・^^;

香りマークにのしかかる乙女さま

あと。
少し気になったことがあります。
花壇にスペースが多いのです。

この空間は何でしょう?
この2カ所だけではなく何カ所か同じようなものがありました。
進化の過程であれば良いのですが。

バラは、全体的には「それなり」だったと思います。
大きな台風で、枝や葉や蕾にまったく影響が無いわけはありません。
それでも、さすが神代植物園です、可能な限りのメンテナンスをしてくれていると思いました。
この時期にイマイチ咲き揃わなかったのは落ち度ではありません。

植物園の建物内では武蔵野バラ会さんのバラ展をやっていました。
武蔵野バラ会さんはバラの盆栽に力が入っているので好きです。
バラ展では、高木さん(マダム高木の高木絢子さん)のバラの本の他に跡見さん(西武ドームですごい盆栽見せてくださった跡見昭さん)の本も置いてありました。
案内が何も書いていなかったので受付の方に「これ売り物ですか?」と食いついて売っていただきました。
写真集だったので結構な出費をいたしました^^;
でもバラ会さんで出版を企画したものだと思われAmazonでは買えないし盆栽の写真いっぱい載っているしということで、私はホクホク満足です。

ということで、
秋のバラ園に行って、ほとんどバラの無い記事になりました。
これを余談と言います。


SMOOTH CRIMINAL

とある記事に「・・・Michael Jackson’s “Smooth Criminal” was released as a single (October 21, 1988)・・・」とありました。

ので、

新しいものではありませんが、そこで紹介されていたかっこいいカバーを貼っておきます。
めっちゃくちゃカッコいいので是非聞いてください!

アルバムを確認してみたところ(デジタルにしてあるから確認楽々)1988年の今頃は旅行していましたわ。
ゆーえすえー♪西海岸♪


アナと雪の女王 Free Fall

アナと雪の女王 Free Fall を頑張った記録!!!

最終ステージ「285」まであとひとつ の記録
DSC_0192

最終ステージが終わった の記録
DSC_0193

次のステージに招待された の記録
DSC_0194

冬のステージが終わったら夏ですと。
さすがにそこまではお付き合いできそうにもありませんが・・・

とにかく、私にしては最後まで良く頑張りました、なのでした~


氷上結婚式があるのなら

会社の一部のメンバーが今中国語を勉強しています。
講師の張さんが選んだ今月の副教材は、フィギュアスケート中国ペア、申雪さんと趙宏博さんの氷上結婚式の話題。(2010.9.24の何かの記事から)
婚約はしていても結婚はしていなかったみたいです。私はてっきりご夫婦かと思っていました。
講師の張さんのコメントによると、2007年の世界選手権東京大会で優勝した時に氷上でプロポーズして婚約していたのだそうです。あらまぁ(^^)
浅田真央さんもお祝いの演技をし、プレゼントには炊飯ジャー(!)を贈ったと書いてありました。
それで、ですね。
フィギュアスケート選手が氷上で結婚式をやるのなら。
水泳選手はプールで結婚式をやったりするのでしょうか。
体操選手は体育館で?お祝いに皆で平均台とか吊り輪とかやる?
そんなことを考えると、私はワクワクして眠れなくなります(笑)
 
 
張さんがこのようにピンインと声調を付けて教材を作ってくれます。
 ↓
20101020_01
 
ちなみに私は一部のメンバーには含まれません^^;;;
 
 
そろそろ、アイススケートなんていう季節になりましたね。


相変わらず

081021_01
 
可愛いじゃない?
 
 
081021_02
 
期待させるじゃない?
 
 
我が家の薔薇に限らず、全国の、いえ、全世界の皆様の心の声の代弁です。
きゃー可愛い!こんな可愛い薔薇見たことなーい!!
そう言ってのけます。
薔薇も結構調子に乗るんですよ。これホント(^^)
 
(ドレスデン・ドール&御所桜)


日記

徒然なる日記。
 
アニメのついでにマンガ。
最近ドツボにはまっているのが「聖☆おにいさん」
 

 
薔薇以外でいつも読ませていただいているブログの方が面白いと書いていたので読んでみました。
畑違いだし、共通点も無さそうなのにも関わらず、いつも私が面白いと思うことを書かれている方ならきっと周波数が近いはずだとほぼ確信して買いました。案の定はまりました。
ここラ・ロズレに薔薇以外でお越しの方がおられるかどうか(そういう統計って取っていないし取る気もないので)わかりませんが、私と同じギャグで笑えそうな予感がありましたら、どうぞお試し下さい^^;
 
読んでいる最中も笑いますが、ふとした時、ホームで電車を待っている時とか、コンビニに入った時とか、つい思い出し笑いをしそうになって頬がひくひくします。
 
次に「百億の昼と千億の夜」を読んだ時(←何度も読んでる)に、変に笑ったりしないかなぁというのがちょっと心配です。
 
さすがにマンガは通勤電車では読みません。今電車で読んでいるのは塩野七海さんで、次には江戸言葉の本かヘンリー六世を読もうかなと・・・
ギャグからローマからお江戸からシェークスピアに遷移しても平気なものすごい雑食な脳ミソです。更に夜は薔薇本を開いてマタ~リすると極楽です。


バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック

長いタイトルですが、そのものズバリと内容を表しています。

NHK趣味の園芸ガーデニング21として日本放送出版協会から発売になりました。
著者は京成バラ園のチーフガーデナーである鈴木満男氏。京成バラ園では11/17に出版記念講演会もあるようです。

内容はタイトルの通り「テクニック」満載です。今まで薔薇の育て方の本は数々見てきましたが、この本は”育て方”などという生易しいものではなく、中・上級者向けの”テクニック”を惜しげもなく写真付きで披露しています。
例えば「生育中の手入れ」という項を見てみましょうか。芽出しから開花までの手入れ、芽かき、開花を調節して花を長く楽しむ、成長が止まった蕾の処理、込み合う枝の整理・・・etc.
ね?高度なテクニックでしょう?
つるバラの項では「写真で見るポールへの誘引 (例)ピエールドゥ・ロンサール」というのがあって、誘引前の写真、誘引後の写真、作業の途中の写真などがあって、綺麗に咲いたロンサールのポールを見ると「をををっ!」と感動してしまいます。たぶんこのロンサールの写真は京成バラ園のあそこだわ、なんて思ったりもします(^^)
シュラブ・ローズの剪定の項でも、見本の写真はガートルード・ジェキルで、別枠に「同様に剪定できるイングリッシュローズ、オールドローズ:セント・セシリア、フラウ・カール・ドルシュキ・・・」なんて書いてあるのも面白いです。

↑の写真にAmazonのリンクを張っておきました。「買え」という意味ではありませんよ^^;
お値段とか載っていますので、詳細を知りたい方は参照してご利用下さい。


薔薇は満開

今週はずっとお天気が良かったので、秋薔薇は満開になりました。
「うちの子」だってもちろん可愛いものですが、鉢植えは所詮バラ園のスケールにはかないません。
ベランダでは堪能できない「たっぷり」の薔薇を皆様にもお送りいたします。
 
061021_01
 
『Star Mine』
花火のようにパァ~ッと咲き誇っています。十分スターマインです。
 
061021_02
 
『Love Me Tender』
秋の薔薇はみんな背が高いのです。あぁ秋だ~と実感。
 
061021_03
 
『Urara』
この華やかなピンクの集団は目も覚める艶やかさ。みんな立ち止まっていました。
 
061021_04
 
『White Magic』
白色も綺麗に咲き揃いました。誰も茶色くなってない。いい感じ~。
 
061021_05
 
『Matilda』
マチルダさんも相変わらずお美しく!文句なしの眺めです。
 
 
今日は風がありましたが日差しが強くなかったので助かりました。
頭のてっぺんまで薔薇に囲まれて、薔薇の香りで深呼吸して、
生き返った~(^^)v
 


Queen Rose

051021queenrose_2

先日、会社の近くのお花屋さんからこの子を連れて帰ってきました。
カランコエの「Queen Rose」です。
名前も素敵でしょう?(笑)
最近”バラ咲き”って流行ってますものね。
この鉢は窓辺に置いてあります。
深窓ならぬ浅窓の令嬢さんです。
実は、カランコエって好きなんです。
何故かって?それは、

枯れないから!です(^^ゞ