0901一覧

バラの分類変更

バラにはいろいろ分類があります。
モダンローズとかオールドローズとか、ハイブリッドティーとかルゴサとか。

御巫由紀さんのfacebookの記事からの情報です。
御巫(みかなぎ)さんはバラの研究者です。日本で学術的にバラを研究している人はあまり多くないと聞きました。
プライバシー設定が公開になっているので情報に制限はないと思います。

ハイブリッドムスク系統(HMsk)とハイブリッドルゴーサ系統(HRg)
いままではモダンローズ → これからはオールドガーデンローズに分類する
今年7月の世界バラ会連合の分類・登録委員会で決まった

とのことです。

まぁ、、、一般人にはあまり関係がないといえばないです。
バレリーナ、モーツァルト、コーネリアや、グルーテンドルスト、フィンブリアータなどをお持ちのロザリアンが、自分のバラを集計するときにオールドローズの中に数えることにする・・・くらいな変更でしょうか?
でも専門家からすれば変更すべき理由があったわけで、それをバラの世界の重鎮の紳士淑女の皆様が侃侃諤諤議論された結果であろうと思われます。
バラの会議の本質的意義はそこらへんなのだとは思いますが、、、なんか、、、やっぱりちょっと遠い世界ではあります。
研究者って重箱の隅に住んでいるようなところがありますからね、そういうものなのでしょう、きっと。
私たちは、バラには世界レベルの会議があって、そこで様々なことが決まったり決まらなかったりしている、バラってそんな花なんだと、とりあえずそれだけわかっていればいいかな?(レベル低?)


なんか工事中

東京タワーを見ると撮りたくなるのは都民の性?
じゃらしを見ると自分の意思とは関係なく手が出てしまう猫のように、気がつくと手にスマホを持っているというほとんど条件反射です。
でも、今、なんか工事中でネットだらけなのですよね。
 
130901_01

18時頃なのでまだよく見えませんが、もう少し暗くなると、真ん中の展望台のところ、五輪色で「2020」の数字が浮かびます。


今はもう

そろそろベランダも秋の風情になってきました。
 
身体が弱いはずのモーニングブルー・オプティマ嬢がいちばん咲いてみたり。
090901_01
 
090901_02
 
 
タマスダレがちょっと早めに咲いてみたり。
090901_03
 
090901_04
 
 
ロサ・カニナのローズヒップの色が濃くなって来たり。
090901_05
 
 
そして今日はチューリップの球根を買ってしまったり。
私は超早咲きのチューリップを買うので、品数が限られていて、早くしないと売り切れてしまうのです。
今年は黄色と白の複色。紫のハナニラとコラボるか?バトるか?乞うご期待(笑)
 
 
それはそうと。
今はもう、秋、のつもりだったのです、最初は。
でももしかして、今はもう誰も~♪のほうがしっくりくる?
トワ・エ・モアよりアリス?
そう思って、タイトルを途中で止めてみました^^;;;


生き生き♪

本当にブクブクと沈没寸前でもうダメかと思いましたが^^;
ふと息継ぎが出来た瞬間にスゥーっと楽になり、あら私ったら何やってるのかしら?とサッサと水からあがってしまった今日この頃です(笑)
 
我に返ってまわりを見回すと
 
ヘリ嬢どどぉーーーん!
070901_01
 
キャサ嬢ばばぁーーーん!
070901_02
 
みんな生き生きしてる。
へこたれていたのは私だけ?^^;
 
9月になりました。
さーて、ベランダの見回りでもしましょうか。
 


モノ度ココロ度

雑誌をぱらぱらめくっていたら、こんな記事がありました。
 
   —————————————
     自動車はモノ度50%、ココロ度50%の商品。
     冷蔵庫はモノ度100%、ココロ度0%の商品。
     ペットはモノ度0%、ココロ度100%の商品。
   —————————————
 
自動車販売会社の営業のお話しなので一番最初に自動車が出てきたわけなのですが、愛車に思い入れる人はたくさんいます。買い替えの時なんかは下取りされていく車を涙で見送ったりします・・・まぁそこまでいかないまでもちょっと別れが淋しかったりします。今乗っている車も、バスや電車とは違って単なる交通手段ではなく『相棒』みたいなものだったりします。そのあたりがココロ度なのだと思います。そういうことを踏まえて営業成約率を高める、というような内容の記事です。
 
冷蔵庫にそれほど愛着がある人って、いるかもしれないけれど、かなり少ないと思われます。
 
ペットがココロ度100%なのは言うまでもないことで。
 
さて、こうなってくると、気になるのはもちろんお花。
お花屋さんで薔薇を、切り薔薇でも鉢植えでも苗でもいいですが薔薇を買うとします。
あなたのココロ度は何%ですか?
 
 
【参考】
   戦略経営者 9月号  発行:株式会社TKC