1日1(^^)

鰻を食す

鰻は美味しい。
高くても数が減っていても美味しいのは仕方がない。
しかもスポンサーの出費で、老舗の系列店で。
ま、それくらいの奉仕はしたかもしれないし、それほどでもなかったかもしれない。
あんなウニャウニャしたやつなのだが、どういうわけか美味しい(^^)


1日1(^^)

明るいことは良いことだ

お役所はケチecoなので、けっこう暗い部分が多いのです。
その職場の一部に本日電気が点きました。
なんだか別の場所みたい。
暖かさと明るさは生きるのに必要です。
停電と避難所暮らしの方々が1日も早く心安らかになりますように。


フランス語に戸惑う1週間

Eテレの番組「0655」(朝6時55分からの5分番組)の中で「ダジャレで1週間」という外国語の曜日をダジャレで覚えようというとてつもなくしょうもない歌があります。
月曜日が始マンデー、とかね。
この度フランス語バージョンが登場しました。
月曜ダッシュだ止まランディー、です。
あ、フランス語出来る方、怒ってはだめですよ、なんたってタイトルは「ダジャレで1週間」ですから!
そうなると当然鼻歌など歌いたくなるものです。
月曜、火曜、水曜と歌って、木曜で突っ掛かりました。
木曜ってなんだっけ?
わたくし、じつは、うっかりしたことにフランス語より先にこの歌とは全く関係なくイタリア語の曜日を覚えてしまったものですから、イタリア語の木曜は「じょべでぃ」だからフランス語も「じょ」とかそれに近いもので始まるはず、木曜じょ、じょ・・・うぅぅだめだ、ということになりました。
正解は、木曜おやつだまんジュウディ。
じょではなくじゅだったか。
・・・と、歌詞を覚えるのに変にイタリア語を経由してしまってさっぱり覚えられません。
ただ今脳内大混乱中です。
金曜日の「vendredi」が「盆踊り」の発音に妙に似ているのだけは1回で覚えました。ほとんど空耳アワーの世界です。
フランス語のダジャレ、難しいわ^^;


1日1(^^)

ゆっくりお風呂

涼しかったのでちょっとゆっくりお風呂に入ってみる。
極楽じゃぁ(^^)


薔薇の名前ー第2回

これはただのメモですから、お気になさらず。

修道院には薬草園がある。
きっと薬草にバラは含まれている、、、たぶん。

修道院の図書館は閉架式。
何が読みたいか、意図が敬虔と認められた場合に本が読める。
なぜならば、
図書館は禁書が流通しないように封印する役割があった。
禁書は、異教・異端の書やキリスト教が真実と認めない内容(科学とかかなぁ?)の書。
本を読ませないための図書館であった。
Wikipediaによるとヨーロッパでは1445年頃にグーテンベルクが活版印刷術を発明したとされるので、この頃は本を隠しておけば流通しなかった。

異端とは正統を守るために教会が作り出したもの。
他者を異端とすれば自分たちの正統を主張できる。

ヨハネの黙示録、七つのラッパ、ラッパが鳴るたびに何かが起きる。
アガサ・クリスティーみたい、いや逆か、新約聖書のほうが先だ。

知は力を持った側が選別することが出来る。
これは現代でも相変わらず同じことが言われている。
報道されたことだけが全てなわけでもないし、何が報道されていないのか全部わかるわけでもない。

と・・・
いうわけで・・・
薔薇の名前、なんじゃこりゃ、です。