花は香り

花は香りが重要。
バラもですけれど。

義兄嫁が庭の香りを束ねておいてくれました。
iPhoneのピントが予想以上にずれたのは御愛嬌。
画像ソフトが不思議な切り取り方をしたのも御愛嬌。

香りは幸せを運びます。
ラベンダー、和むわぁ。


ガラパゴスでしょう

高速道路のサービスエリアで買い物をしました。

自動販売機でコーヒーを買おうとしてふと見ると、電子マネー使えますの文字が!
おぉぉ!時代がやって来た!
商品を選ぶと次に、電子マネーの種類を選択してくださいと言われます。
その種類の多いこと!
使ったことも聞いたこともない電子マネーがいくつもあります。
やっとnanacoが出てきたので選択。
なんか、、、めんどくさい。

次に中のお店で買い物をしました。
レジには電子マネーのピッとするやつが置いてあります。
おぉぉ!時代がやって来た!
でもnanacoは使えません。
何が使えるのよ、あ、suicaある(慌ててバッグごぞごそ)
これもなんか、、、めんどくさい。

お店や地域によって違う電子マネーがそれぞれ発達。
あっちがゾウガメでこっちがイグアナか。
それとも全部フィンチなんだけどクチバシの形が違うというヤツか。

更に最近「なんとかペイ」を増やそうと躍起になっているお店たち。
ガラパゴス、てんやわんやでしょう。


お盆のひとコマ 2019

お盆ということで・・・正確にはお盆前ですが・・・K家の面々の激写をお届けします。

家のそこここに庭のバラが飾られています。

ご馳走とバラ
部屋の角にバラ

夏には花数が少ないのはどこも同じですが、何しろバラの絶対数が多いので飾れるバラの数も多いです。

そして、暑いので床に転がる猫ども。

確かゴヤがこんな絵を描いていませんでしたっけ?(笑)

マハ風のミー

テレビの光を背負った華やかアイドル

クー

お庭は良からぬ生き物に遭遇しないようあまり深入りはしませんでした。

聞くところによると、この辺りはイノシシが出没していて作物の他ににょろっとしたものもほっくりかえして食べているようで、足の数ゼロのほうはあまり心配がないようでしたが、足の数多数のほうは非常に危険なので、私は念の為に遠巻きに歩いてきました。


徒然なるままに

日くらし
PCに向かいて

なんとなくAmazonで「バラ」と入力してみたりして。
トップから5段目までキャプチャ。

バラマニアとしてはそそられませんね。
まったくです。
微塵もです。
4段目で栽培関係ひとつ。
5段目で鉢植えひとつ。
造花は言うに及ばず。
赤い花束は団体アイドルグループくらいにしか見えず。

マニアって、蕾だの何だの妙なところで異様に盛り上がれる楽しさもあるけれど、スタンダードなところでひとりでシラケる不便さもありますよね。

今年も、暑くて暑くて、脳みそが溶けております。
心に移りゆくよしなし事をそこはかとなく書いたりしております。


大きいスプーンと小さいスプーン

あまりに暑いのでお昼にヨーグルトでも食べようかと思いました。
しかも丸形のではなくちょっと大きめの長方形のやつ。

コンビニのレジで店員さんに、
大きいスプーンと小さいスプーンどっちがいいですか?
と聞かれました。
とっさに、小さいスプーンと答えました。

この「とっさに」。
日本のおとぎ話が体に染み付いている感じがします。
大きなつづらを選んではいけないというあの教え。

教育についていろいろ考えさせるファミマの兄さんのひと言でした。


そうでない人はそれなりに

朝から、間違える、落とす、などなど、
なんか今日はダメっぽいと思ったら、
挽回しようとか頑張ろうとか気をはらずに、
そっとそっと息だけして過ごす、
そんな真夏の小技(小枝じゃないよ)。

調子いい人はより調子よく、
そうでない人はそれなりに。

元ネタはなつかしの富士フィルムのCMです。


真夏の昼の夢

あれは、何曜日のことだったか・・・

私が作業をしている部屋にひとりの男性従業員が入ってきました。
んんん?
背中の少し下、腰の上辺りに見えるのは・・・
ツヤツヤピカピカの緑色の大きな・・・コガネムシ?カナブン?
私がハッキリ見えるくらいのサイズのものが「ひしっ」とシャツにくっついています。
え?え?本物?
目を疑っているうちにたくさんの人が部屋の中に入って来て、私も作業の手を止めるわけにいかない状況で、少しの間目を離さざるを得ませんでした。
その一瞬の間にぐるぐる思いました。
あれは本物だろうか?
小学生が喜ぶ蛇のおもちゃ的なオブジェでは?
でも公務員が仕事中にそういうことするか?

作業の手を止め顔を上げたとき、何人もが部屋を出ていくところでした。
その男性も扉に向かって歩いていました。
しかし、その背中には「例のもの」がありません。
え?え?え?

考えられる可能性は?
私が暑さのために見た幻だった。
おもちゃで女子を脅かして満足して外した。
だれも知らないうちに背中から部屋の中に降りた。

第三の可能性を思ったとき、一瞬でも目を離したことを猛烈に後悔しました。
皆がいなくなった後、私は自分の机の周りで目を皿にしました。
でも見つからず。
その後の仕事中は、なんだか背中がムズムズして、実は奴が止まってない?と何度も確認しました。
でもどこにも姿はありませんでした。

あれは何だったのでしょう。


氏名不詳

お役所は何かと小難しい言葉を使うので気をつけなければと思いつつ、今日は電話をしながら書いてある文字をそのまま読んでしまいました。

「本日届いた・・・が・・・ですが、氏名が・・・不詳で・・・」

そこで返ってきた言葉が

「その方、怪我をされたのですか」

うわぁ〜!
負傷じゃないのよ不詳なのよ。
あやうく吹き出すところでした。

音声で「ふしょう」と聞いて瞬時に「負傷」に変換した人も、
あ、この人「負傷」と「不詳」を取り違えてると思った私も、
スゴくない?


くだらない

盆踊り は Buon 踊り

m(_ _;)m くだらなくてごめんなさいっ

 

 

こんなところで解説を入れると余計にミジメになるのですが、一応言っておきますね。
ボンジョルノ(buon giorno)のボンです^^;;;


猫と本

本の宣伝に猫はよく登場します。
犬より猫は学者肌?
犬より猫はインドア派?
それとも漱石先生の影響でしょうか?

夏休みを目指して集英社文庫が大々的にキャンペーンを行っています。
「今だけリンク」を貼っておきます。
皆さまこのキャンペーン期間中に間に合ってリンクが見られますように。

ナツイチ2019

ダウンロード画像があったので1枚貼っておきます。

壁紙用ダウンロードイラストより

「ねこじゃらしおり」欲しいけれど、最近紙の持ち歩く系の本を買わなくなったので栞には釣られない(笑)
でも本屋さんで見たらいい感じの栞でしたよ。

ナツイチ2019限定カバーがなかなかのデザインです。
星の王子さまはバラを見限って猫と仲良しです。
吾輩が坊っちゃんに進出か?
怪談が、これがかなり良く、実に怖そうです(笑)

そういえば、
夏休みの課題図書、あれは嫌いでしたね。
本を読むことが目的みたいでした。
いかにも人生の為になりますという匂いがぷんぷんして、わくわくの欠片もなくて、まったくそそられませんした。
たとえ猫がなんと言おうと、好きではないものが好きになるわけではありません。
でももしこの夏の間に好きな本が見つかったら、この先の楽しさが今より増えることは請け合います。
私は集英社の回し者ではないので^^;この中から選ばなくてもいいとは思いますが、でもせっかく可愛いので、猫が良いナビゲーションをしてくれたらいいなと思います。

私?
私はほぼKindleになってしまったので猫に釣られて買ったりしませんよ、ひとには勧めても自分はね・・・あはは・・・