こんなバラも

090623_01
 
バラ園では花を撮ったあとに必ず札を撮ります。
札はだいだいバラの足元にあります。
ひょいと身を屈めたその時。
不思議な世界が見えました。
こんなバラの風景も素敵です。
 
 
枝:スザンヌ Suzanne (Hybrid Spinosissima)

コメント

  1. Keiko より:

    ♪お~スザンヌ~~なんとか~~
    て歌がありましたね。(失礼)
    なかなか渋い光景ですね。
    スピノジッシマ、言いえて妙です。
    日本で発見されなくてよかったかも。
    「トゲだらけチャン」ではちょっと・・・でしょ?(笑)

  2. Keiko より:

    うーん、
    渋い写真に軽すぎるコメントしたみたい。
    編集できますか?
    一言「渋いですねぇ」といいたかったのです。

  3. ゆめ より:

    遠い昔、オールドローズのローズヒップを貰って種まきしたとき
    こんなふうな芽がニョキニョキ伸びたのを思い出しました。
    自然な雰囲気。。。
    やっぱり現代バラに無い風情に憧れます
    十六夜バラについて いく度もコメントを考えましたが
    キーボードを叩く指が弾まず。。。
    何が原因かは分かりませんし1輪咲くことの意味がステキだったり?
    盆栽仕立てでしたっけ?
    十分応えてくれているのかもしれませんょ(^^*
    ウチのバラの行く末をなんとな~く考えているこの頃です^^;;;

  4. ラ・ロズレ より:

    うふふ・・・渋い、ですね、了解です(^^)
    でも、お花が清楚で可愛いし、葉っぱも丸くて可愛いし、実も観賞価値アリ。
    「トゲだらけチャン」なら、そんなに失礼ではないかも?
    お花は上手く撮れなかったのです。枝のほうが良く撮れちゃいました。
    ペールピンクのお上品なお花だったのですけれど・・・

  5. ラ・ロズレ より:

    風情、そう、風情といったらやっぱりオールドローズ系統ですよね。
    それと、アーリーモダンも「モガ」(←モダン・ガールですヨ)のような独特な魅力があります。
     
    十六夜嬢は一見元気そうに見えるのですが・・・
    せっかくだからローズヒップまで行ってもらいたいのです。せめて3つは欲しいところです。
    枯れかけているわけではなさそうなので、まぁ、色々実験してみます。(ヤレヤレ)
    行く末・・・。そう、バラは植えればそれでいいというものではないのですよね。しみじみ。

  6. すみごん より:

    うふふ。この枝(幹?)には誰でも妙に感動するので
    しょうか。
    私も撮りましたし、翌日行った知りあいも撮っていました。
    スザンヌ、葉がとてもきれいで苗を買おうか迷いましたが、これ以上増やしてどうする!と珍しく自制しました。
    花はご覧になりましたか?
    見えにくいところで咲いている一輪を見つけましたが、
    ピンピの仲間としては豪華でした。
    青みがかったピンクの八重でした。

  7. pink_cerisier より:

    薔薇族の逞しさを垣間見る写真?
    こんなにいがいがとして外敵から守ってきたんでしょうね。
    スザンヌ、青みがかったピンク、どんなお花でしょう!気になる。
    ※名札を撮ります、そうです!以前は画像とメモで、
    どれとどれがどれでと神経衰弱状態になりました。

  8. ラ・ロズレ より:

    > 見えにくいところで咲いている一輪
    私もそうだったようで、逆光の中無理な体勢で手を伸ばした雰囲気がアリアリの写真が1枚だけ撮れました。半八重っぽかったような?
     
    そうですか、やはり皆さんこの光景に目を留められましたか。
    ”綺麗なバラには棘がある”なんていう月並みな言い草に断固異を唱えたくなった一瞬でした。

  9. ラ・ロズレ より:

    お花は来年の宿題です。来年も行くぞ!オー!です。
    デジカメ普及の前はメモでした。札のために高い現像代を払えませんでしたからねぇ。
    特に原種のロサナントカなんで書くのも大変で・・・。
    挙句に神経衰弱、何度も泣きましたっけ。
    皆さん同じ苦労をされたのですね。しみじみ。。。

  10. すみごん より:

    >逆光の中無理な体勢で手を伸ばした雰囲気がアリアリ
    確かに見えにくい、撮りにくい場所にありましたね。
    下の方で咲いていたので、すごい格好をして撮った記憶が
    あります(^.^;)
    私が見た花は青みがかった八重(花びら少なめ)でしたが、検索してみるともっと明るいピンクに咲くこともあるようです。
    はいつくばるようにして撮ったスザンヌは、拙散歩サイト、「gallery new」の「草笛の丘ばら園1」の最後の方にあります。やっはり八重かな?

    http://sumigon.petit.cc/muscat1/

  11. ラ・ロズレ より:

    「草笛の丘ばら園1」を拝見して参りました。
    ピンクですね、八重ですね、しかも葉っぱも可愛いです。
    来年は是非茂みに顔を突っ込んで正面から撮りたいですが、一応周囲を見てから理性ある行動を取りたいと思います。。。
    私はまだまだ草ぶえ初心者、もっともっとバラたちを隅々まで愛で、そしてその魅力を記録できるよう精進します。

タイトルとURLをコピーしました