バラの害虫と病気に

今年はうどん粉祭りが異様に盛り上がりました。
いまだに余韻が残っています。
開花シーズンは、葉を拭いたり洗ったりしてきましたが、ここに来て私もさすがにイヤになってきました。
ホームセンターに行って、棚を眺めたところ、棚の下のほうにうどん粉用っぽいものがあるにはありました。
でも前面にドーンと害虫と病気に効くという何やら汎用的なものが並んでいたのでそれを購入してみました。
早速シュッシュッとバラの白い部分ににかけてみると・・・・・・
何やらボトッと落ちてきました。
テントウくんでした。
あっという間でしたよ、ほんと5秒10秒のうちに。
確かに私は、足2本と4本以外を認めていませんが、だからと言って無闇に殺傷するつもりはありません。
それなのに、テントウくんを意味も無く殺してしまった後味はあまりよいものではありません。
あのスプレーって何が入っているのでしょう?ちょっと怖いです。
遅咲きに徹しているわりには、一度咲くとどんどん咲いて、結局つじつまを合わせてくるアルンウィックキャッスル嬢。
130623_01