バラの新刊本紹介

ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅
 
いつもなら、
本屋さんで是非お手にとって・・・とか、
小さな声で立ち読み・・・とか、
言いますが。
今回は訳あってセリフが違います。
買いましょう!
出来たら買って下さい!
何故ならば・・・
 
3月6日の発売日をお楽しみに♪

コメント

  1. Keiko より:

    うーん、そそられますねぇ。
    ロンサールやコレットの名が見えていて・・・
    興味津々。
    3月6日は、かのミケランジェロが生まれた日。
    そして我が亡き母の誕生日でもありました。
    この発売日を忘れることはないでしょう。^^

  2. ゆめ より:

    ハイ!!是非♪
    楽しみですぅ~!
    すてきな表紙ですね^^128頁にワクワクですぅ(o^-^o)

  3. ラ・ロズレ より:

    中学生の頃から一番行きたいところは「バチカン」だった私ですから。
    いや、単にマンガの影響ですが^^;
    実際に夏休みに行った時は、暑くて暑くてもうどうにでもなれと・・・(笑)
    そうですか、3月6日はそんな佳き日だったのですね。
    そこにバラが関われて光栄です(^^)v

  4. ラ・ロズレ より:

    ね?ね?素敵な表紙ですよね?
    私もそう言ったんですぅ、今日、ご本人に(^^)v
    ”書き下ろし”のご苦労まで伺ってしまったので大々的に宣伝しちゃいます。
    有りそうで無かった1冊でしょう?

タイトルとURLをコピーしました