バラの植替え記録 2017-12-09

昨日の雨がベランダに吹き込んで土が乾いていなかったので、奥の棚にいる原種だけ植え替えをしました。
土が湿っていると重いし作業がしづらいので。

どれも根張りは良くパンパンでした。
去年ちょっと高い土を買ったからか、実家でお日様サンサンのアウトドアライフを満喫したからか、その両方だからか、鉢から抜けなくてシャベルを持ち出したほどです。

鉢から出してもしっかり立つ照葉野茨嬢

(なんか新聞にピントが合っているような気がするのはきっと気のせいだな、うん)
(上の方4分の1くらい掘らないと抜けなかった)

鉢から出しても形状記憶のスポンタネア嬢

そしてこの他に、
やはり根張りが良かったので大丈夫だろうと「プチげんこつ剪定」(気弱なのでげんこつに近いけれどちょっとチョキかもな感じ)にしてみました。

コメント

  1. もも より:

    お疲れ様です!
    形状記憶根っこ〜(爆笑)。
    ねばりが良くて何よりです。
    お日さまと土が良かったのでしょうね〜♪
    心配されていた虫はどうですか?
    書いてないから問題なしでしょうか?

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      はい、今のところ怪しい輩は出現しておりません。
      まだミニバラの鉢を開けていないので油断はできませんが・・・。
      でも、まぁ、ミニバラも枯れてはいないので食害はないということで、そんなに心配することもないのかなと、、、ちょっと油断しています^^;
      どちらかというと我が家の室内に居残り組の状態の方を心配した方が良いのかもしれません。
      今月のドキドキ事項です。

  2. Keiko より:

    子どもたちが元気だと嬉しいですよねぇ。
    と、全く同じ心境だと思いますよ。
    やはり、高級な土にはその良さがあったわけですね。
    私も、同じユニバーサルでも高級げなのを買うことにしています。^^

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      高級なものには良さがあるって、
      自分の食生活も考えさせられます。
      バラも人間も同じ生き物ですからねぇ、こう違うとねぇ^^;
      我が家ではとにかく人よりバラが優先なのでどうしたもんだか^^;;;

タイトルとURLをコピーしました