ヘリテージ祭り

キャサリンでお祭りをしたら、ヘリテージでもやらなければ不公平でしょう。
ということで・・・・・・
『Heritage』
この開きかけの美しさはイングリッシュローズの中でもピカイチです。
130522_01
艶々で、ころころで、ぷりぷりなのです。
130522_02
微妙な色合いがグッドです。
ここからは、一枝に山盛り咲かせたずっしりヘリテージ嬢を。
(良い子は真似をせず程よく摘芯してください)
130522_03
130522_04
130522_05
ヘリテージは強香です。
カットしても尚香りますよ~。

コメント

  1. Matilda より:

    .。.:**:.。..。.:**:.。.ヘリテージ嬢様.。.:**:.。..。.:**:.。.
    まぁなんて柔らかそうでかわいいんでしょう^^
    そして強い香り
    欲しいほしいと云ってなんだか縁のないお嬢様
    かわいく咲いている画像を見てはくやしいようなうらやましいような・・・・・・・・・

  2. ゆめ より:

    キャサリンもヘリテージも対照的ですがどちらもよいです!♪
    元気いっぱいはじけるような可愛らしさのお嬢さんと、思慮深くおしとやかな可憐な少女。って?違うかな~(笑)
    ともに良家に嫁いで幸せにしているようで本当にうれしいです。
    町のくつやさんの看板に「靴の修理いたします」と^^v
    あのおじいさんが直してくれるのかな~?よく磨いた革靴が光ってました。
    今度直す時は持って行ってみましょう。

  3. ラ・ロズレ より:

    ヘリテージ良いですよ~、おススメですよ~、
    丈夫ですよ~、よく咲きますよ~、香り最高ですよ~♪
    (煽る煽る!)
    確かBISESの写真展に行った時もヘリテージがクローズアップされていました。
    この美しさは、毎年現れてくる新品種のERに負けませんよ!
    (更に煽り続けます(^^)v)

  4. ラ・ロズレ より:

    キャサリンの個性、ヘリテージの個性、本当に全然違いますね。
    そして、誰が咲こうともマイペースで気が向かなければ咲かないアルンウィックの個性も^^;;;;;
    元気でもあり、お淑やかでもありますが、みなさんそれぞれしっかり自己主張をするところは共通しているかも(^^)
     
    町のお店は、無理に5分で終わらせなくていいので、熟練のお仕事を続けていただきたいですね。
    カンカン!キィィーーーン!はい次!
    みたいじゃないのが良いです。。。

  5. もも より:

    なんて美しいヘリテージ嬢♪
    周りの空気の流れさえ変えてしまいそうな美しさですよね!
    京成バラ園で、ヘリテージ嬢の前で動けないくらい
    酔いしれたことを思い出しました。^^
    自分ちにあるなんて素晴らしい!

  6. ラ・ロズレ より:

    本当にハッとする美しさです。
    格調高いです、香り高いです、気高いです。
    それほど幅取りません。
    ジュビリー様と親戚(ER)です。
    毎年この満足感が味わえるなんて極楽ですよ。
    鉢なんて一鉢も二鉢も三鉢も、同じですから。
    さぁ!さぁさぁポチ!(笑)

タイトルとURLをコピーしました