ヘレボルス観察日記

キンポウゲ科クリスマスローズ属とされるヘレボルス(学名: Helleborus)。
我が家では増やす目的はないので、園芸指南書通りに種が出来る前に取り去っておりました。
が。
まぁ、よくある話しで、実は陰で種が出来ていたのを見逃していたわけなのですね。
せっかくですから中身を見てみましょうという観察日記です。

ぷっくり。
160502_01

割ってみました。
160502_02

植物って見ていて飽きませんねぇ。

コメント

  1. Keiko より:

    素晴らしいです、紹介の仕方。
    ロズレさんのblog、見ていて飽きませんねぇ。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      やっていることは小学生の朝顔観察日記レベルですけど^^;
      しかも「ギャー!なにこれ!」とか叫んだりしていますけど^^;;;

  2. 中身!当たり前なのでしょうが、種!なのですね。
    お豆さんみたいで可愛い形状。

    本当に見ていて飽きません、というか飽くなき探究心満載で引きずり込まれそう
    いや!込まれています。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      そうなのです、種なのですよ、案外たくさん入っています。
      お庭で増やしている人にとっては珍しくもないことかもしれませんけれど、私は株の養生のために子房を取るという教えを忠実に実行(!)していたので、種まで見ることはありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました