ベランダ秋冬春仕様

ベランダ掃除がやっと終わりました。
涼しくなって風の無い週末というのが少なくて、やっとです。
ベランダに落ちた葉は土には返りません、風が吹けばお隣に飛んで行き、吹き溜まればムシさんが喜んでしまいます。
ちゃんと塵取りに収めるには無風でなければなりません。
中断と延期の日々が続いて、今日でやっと全ての鉢をどかして、全ての乾燥セミをゴミにしました。
でも、最初にお掃除したところ、先日の大風でもう葉っぱが溜まっていました。
お庭の草取りと同じくらい不毛な作業です^^;
夏以外はエアコンを使わないので(暖房はガス)、秋冬春は鉢を室外機の前にも展開します。
これが衣替えのような春と秋の季節の作業となっています。
ちょっと油断していたらセンパフローレンスはびっくりするほど伸びているし、ヒュー様は130度お辞儀をしているし、秋ものんびりはしていられませんね。
ERが咲いてくると華やかにもなるのでしょうが、私は秋は剪定をしていないので、そのうちぼちぼち咲くと思います。我が家では秋のバラ祭りはありません。
ひとつ、ひとつ、愛でていきます。

コメント

  1. もも より:

    乾燥セミ…! これが恐怖で仕方ありません。ウチもいるはずなんですよねー。はぁ…。
    ついでに、初めてGも出没してしまい、これも何とかしなくちゃいけないんだけど…。
    どちらも虫ギライには辛い作業です。(>_<)
    でも、背中を押された気分になりました。

  2. ラ・ロズレ より:

    セミは乾燥著しく、ひと回り小さくなっていた気がしました^^;
    色々な輩が飛来しますが、我が家でエンディングをお迎えになるのはセミだけです。
    高層なのでGの飛行範囲でないのが本当に助かります。
    放っておけば消えてなくなるわけでもなく、誰かが何とかしてくれるわけでもなし、半目開けて息を止めてエイッ!と・・・お互い頑張りましょうね。

タイトルとURLをコピーしました