ホテルのバイキング

記事を書こうと思って確認したところ「スローブッフェを楽しむ」お店ではありますが、私が今日食べた形式はバイキングでした。
セルフサービスで好きなものを取って精算するのがビュッフェで、食べ放題がバイキングという和製英語なのだそうです。
今日のは定額で飲み放題食べ放題プランでした。
そうは言っても、私が飲める量はスパークリングワインとシードルくらいなので「放題」というほど飲めないのが悔しいところです。
みなさま、バイキングは上手にお料理を取れますか?
私は結構上手いぞと自分で自分を褒めました(笑)
まずはスパークリングワインとアイスクリームで景気付け。
それからサラダや前菜で冷たいものを一皿作り。
カニの足も一皿足し。(ホテルのバイキングは豪華なのだ)
次に煮たものや揚げたもので温かいお皿を作り。
その後パンとフルーツと気が向いたものを盛り合わせ。
ケーキなどの甘いものをいろいろ盛り。
最後はコーヒーとアイスクリームで締める。
種類、量、色どり、ペース配分、私わりと上手です!
ただ、量は自分が食べられる量なので、金額の元が取れるほど食べられないのは仕方のないところです。
あー、満腹。

コメント

  1. Keiko より:

    実は今夜私はビュッフェでした。
    先日も嘆いた列を作れないイタリア人の間で
    不安がいっぱいの状態で並びました。

    そこそこ食べましたが今回もパスタはなくなっていて。。。
    しばらく待ったらまたきましたけれど何度も並ぶのに疲れました。

    私は食いしん坊だからきっともとが取れるでしょうねぇ。
    いや、フルーツとスイーツが苦手だからダメかな?(笑)
    いやいや飲み物でもとが取れそう。(キャハハ)

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      120分制限ですから、おしゃべりに夢中になっていると余計に元が取れません。
      あっという間ねぇ〜と、2度も催促されて渋々席を立った私たちでした。
      キリンのシードルが1本200円として(瓶で出てきます)10本飲んで2000円かぁ、そんなに炭酸飲めませんわぁ(←真面目に計算してみました)
      次回は強者イタリア人と腕を組んで離れないようにしながら一緒にパスタに向かって歩いてみてください(^^)

タイトルとURLをコピーしました