モスポットとツタ

100707_01
 
直径10センチ程度のモスポットにツタが植わっています。
我が家にしては異色の人材です。
 
この話しは2~3年前(いつだか忘れた^^;)に遡ります。
日が当たらず強風の吹き荒れる北側のベランダでツルバラを育てられないか?と思いました。
多少日の当たる東側のベランダには洗濯物を干すのでフェンスにバラは這わせられません。フェンスが空いているのは北側のみ。
でも、いきなりバラを入れて枯らしたら大ショックです。
そこで、ツルバラのようにツルが伸びて、冬は落葉して、日陰OKで、強靭で、枯れても惜しくないもの・・・・・・それはツタだ!と思ったのです。(ツタさんごめんなさい^^;)
ツルを伸ばすためには6号鉢では苦しいかなと7号鉢をひとつ買いました。
あれから幾年月・・・
北側でバラは無理という結論に達しました。
ツタはかろうじて生きている状態です。ダメになった部分は処分し、強剪定して6号鉢に入れてそっと置いてあります。しょぼしょぼっと葉っぱは出ています。7号鉢は今年イングリッシュローズのヘリテージが入居しています。
剪定をするとついつい何でも挿すのが私。
葉っぱが2枚ほど付いた一番綺麗な枝をモスポットに挿して部屋に飾っていました。
それが最近になって伸びてきたのが上の写真です。
あらま、生きてる!ととても驚いています。
さて、このインドアグリーンのツタは、果たしてこのままインドア盆栽仕立グリーンになるでしょうか。
乞うご期待。 ・・・嘘です、期待しないでください(^^ゞ
 
ツタはヘンリーツタです。
日陰OKで強靭なのは正解でした。でも暴風には向かないようです。。。

コメント

  1. Keiko より:

    本当に、几帳面なロズレさんには
    もしかしたら盆栽が適しているのではないでしょうか?
    もっとレパートリーを増やしてみては?
    このつたの写真はとても雅だと思います。

  2. ラ・ロズレ より:

    ブヒブヒ♪←おだてりゃ木に登る音
    ありがとうございます。
    そうですね、バラを小さくしてこれだけ置けたのですから、草花も小さくすればもっと楽しめるかもしれませんね。
    ちなみに私は几帳面とは少し違います。興味の無いことは何がどうぐちゃぐちゃになっていようと気になりません。気になることだけ気になるのです。ちなみに家事には興味が無い^^;

  3. すみごん より:

    こんばんは。お久しぶりです。
    北側といっても条件はいろいろですよね。
    ある程度開けている北側なら、十分バラもイケるのではないかと思います。
    うちのベランダは南西と北東に向いていますが、北東といってもほとんど北向きです。
    午前中3時間くらいしか日が当たりませんが、けっこうイケてます(^.^;)
    目の前に建物がないので日は当たらないけれどある程度の明るさがあるからかもしれ
    ませんが。
    ヒリエリは今年100くらい花をつけましたし、ブルノニーも立派に咲きました。
    原種の方がいいかもしれませんね。
    花数が少なくてもいいなら北側はむしろおすすめかもしれません。
    今年草ぶえに行った時、売店にいらしたYさん(一番詳しい方とのこと)が、日かげの
    方が花がきれいだとおっしゃっていました。
    ロズレさんも挑戦なさってみてはいかがでしょう。

  4. ラ・ロズレ より:

    我が家の北側は3時間は無理です。朝8時には日があたっていませんから。。。
    でも何よりも一番の問題は風なんですよね。高層なので。
    芽が飛び葉が飛び花が飛び、ボロボロ・・・
    草系は半日陰可のものでも風でやられました。
    バラもそれが心配で手が出なくて・・・。
    ヒリエリ、あぁヒリエリ~!(喉から手が・・・)
    草花もいいかなと思いつつバラの路線も捨てられず・・・
    煩悩多過ぎの人生です。
    結局はやる気と思い切り、なのかもしれませんね。。。

タイトルとURLをコピーしました