レポート:ソルトリーフ

試食が出ていたので、おっかなびっくり食べてみました。
 
ソルトリーフ
100412_01
 
カテゴリは野菜です。
食感は”しゃくしゃく”と”こりこり”の中間くらい。
味は何故か塩味。何もつけたりかけたりせずに純粋生で塩味です。
 
もともとは南アフリカの砂漠に生えていた「アイスプラント」という植物。
それを日本で栽培しているのだそうです。
メタボ予防になる栄養素が入っているのだと店員さんは説明していました。
フランスでは高級食材として知られているとか。
確かに、写真の量で300円弱。高級です。
私は好きな塩味加減と食感でした。
機会があったら1度くらいは話しの種にチャレンジ如何でしょう。(←まさにそれをやった私(笑))
 
買えるお店はオフィシャルサイト(あるのです!)でどうぞ。
 

コメント

  1. あえか より:

    私もたべたことありますけど、薄い塩味でいいですよね。
    300円したんですね、確か198円で買ったような。
    産地が佐賀大学(こちらで商品化にこぎつけたんです)でお近くだから、安いのかな?
    甘納豆、首絞められなくてよかったです(笑)
    気のせいかもしれないんですけど、
    九州じゃあまり見かけないように思うんですよね。
    北海道では、赤飯にも入っていたのにね。

  2. ラ・ロズレ より:

    うむむ、輸送料込みでボラれたか!?
    なにしろ高級スーパーで見つけたので、こんなものかなと素直に思った消費者です(笑)
    希少価値割増料金では日常の食卓にはのぼれませんわぁ・・・
    もしリーズナブルに売っていれば普通にサラダにできる美味しさですよね。
     
    言われてみれば、小豆、ササゲは北のほうですね。
    でもお赤飯に入れるのは地域限定かも?東北では聞きませんでしたから・・・。
    食べてみて嫌いと言うならまぁ諦めますし、小豆全般ダメな人がいるのも知っていますが、存在を知らないというのは文化として残念ですねぇ。(私は豆全般好物です)

  3. Keiko より:

    あら、Wiiで遊んでいてごぶさたしているうちにまた模様替えなさったのね。
    良い感じ、やっぱりロズレさんとグレーの都会的な感じはピッタシです。^^
    イタリアではまだこの野菜を見かけたことはありませんが、
    わりと食に関して繊細なロズレさんがいけるとおっしゃるのですから
    出会ったら試してみることにしますね。
    でも青菜に塩って言う言葉があるのに、どうしちゃったんでしょうか?この方。
    甘納豆と納豆を混同しているやつなんて日本人じゃない!
    でもそのご本人のせいではありませんね。
    そういう子に育ててしまった母親のせいです。

  4. ラ・ロズレ より:

    「ラ・ロズレ La Roseraie」のタイトルのところがカッコイイと思ったのです(^^)
    デザインは本館とかけ離れないように一応気を使っていたり・・・
     
    青菜に塩!なるほど確かに(笑)
    しんなりするどころか歯ごたえ充分なのです。”多肉”を食べたらこうかな?って感じです。
    バラの本とお菓子とちょっと美味しそうなものにはすぐにお金を使ってしまいます^^;;;
    KeikoさんはWiiに投資?

タイトルとURLをコピーしました