不本意な雨

傘が壊れました。。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。←今日は涙の雨です。 先日、傘の開閉時に何かひっかかりがあるなぁと思ったら・・・骨が1本折れていました。 ぶつけたわけでも、落としたわけでも、素振りをしたわけでもありません。 おそらく錆が原因で外れたところを開閉したので折れ曲がったのかと思われます。 今日は朝から「ビニ傘」を持ち歩きました。 傘大好きで超高級品が自慢の私なのに、今日は不本意な一日です。   自慢の超高級品は『皇室御用達 前原光榮商店』の傘です。 通販でみや竹さんから購入しました。
今回修理を依頼するのに、前回の購入の登録を探していただいたのですが、私は、メールアドレスは変えてるわ、引越ししていて住所も電話も違っているわ、私でなくオットの名前で買っているわ、2003年に買ったのに2004年だって言い張るわ、申告データがデタラメ過ぎる困ったお客でした。
申告データが全部違うってどういうことよ?と自分でも思います。
それにも関わらず、引越しませんでしたか?メールアドレスを変えませんでしたか?と色々丁寧に聞いてくださって、そういえば前のメールアドレスだったかも!と気づいてそれが顧客情報にヒットしました。
根気良く親切に対応してくださってホント感謝です。
宅配で送って修理して送り返してもらうまで、あまり雨が降らないと良いのですが。
はぁ?明日の朝雨かも?
不本意だ。。。

コメント

  1. ゆめ より:

    それはそれは・・・
    覚えていますわ。今でも鮮明に!
    皇室御用達の傘をさされるロズレさまってどんな方なんだろう。。。
    想像はふくらむばかりのあの頃。
    紺色のすて~きな傘でしたよね。
    外に持っていくのも、満員電車も気を遣いますねって話しましたよね^^
    2003年のことでしたか。。。なんだか早いですね。
    あのKさんでも”申告データが全部違うってどういうことよ?”
    そんなことあるんですねぇ~。
    自慢じゃありませんが、パソコンを始めたばかりのころのワタシのようですょネ(苦笑)
    根気よく丁寧に確実にご指導いただきましたもの。感謝の気持ちは忘れません。
    老舗の職人さんが丁寧に直してくださることでしょう。
    明日は、雨、大丈夫そうですよ?! 元気だしてくださいね^^*

  2. あえか より:

    7年経つと、申告データが全部違う。そういうこともありますよね。
    さすが皇室御用達の高級傘を取り扱っているお店だけあって、
    対応もしっかりされていますね。
    7年経った傘でも、しっかり修理できるっていうのも、
    本物はいかにすごいかというのを見せられたようです。
    不本意な気分を味わってこそ、
    自慢の傘の有り難さもわかるってもんです。
    傘が戻ってきたら、思いっきりかわいがってあげてくださいね。

  3. ラ・ロズレ より:

    買った時は嬉しくて大騒ぎしましたっけ(笑)
    あの頃は私もまだインターネットショッピングに慣れていませんでした。
    今ではショッピングの時のIDとパスワードは”お決まりのあれ”にきまっています。でも最初の頃は思いつきで入力していましたっけ。
    ふふふ、「過去」には色々なオモシロ談があるものですよね(^^)
    笑い話になってしまえばいいのです。笑えないと辛いですが、笑えればOKです。
    ただでさえ高い傘が2割増・3割増になったら、本当に人混みではさせません。
    壊れた時のショックもお値段に比例する特大ショックでした。
    ビニ傘の人にはわかってもらえないかもしれませんね。。。

  4. ラ・ロズレ より:

    確かに、良いお品物をお買い求めの方々はそれなりの人柄の方も多いのでしょうし、職人さんもプライドを持ってお仕事をされていらっしゃるのでしょう。
    ネット販売なんて、買うほうも売るほうも、それこそぼったくりや理不尽なクレーマーや何が出るかわからない世界ですが、こうして親切にしていただくと、せめてものお礼にお店にリンク張っちゃおうかななんて思います。
    最近は物を直して使うなんていうことが少なくなりました。
    でも、あの傘のお値段は、あと10年は使わないと我が家の減価償却が終わりませーん(笑)

  5. Keiko より:

    びんぼーな私はあまり高級品とは縁がないのですが、
    いいものを持つことは、それを使うつど、幸福感に浸れるってことはわかっています。
    だから、いいものはそのもの本体のお値段プラス、余りある付加価値が存在すると思います。
    減価償却にそのあたりも加味すべきかも?(笑)
    とにかく、できることなら少しのいいものに囲まれて暮らしたいものですね。

  6. ラ・ロズレ より:

    少しのいいもの、それはきっと正解。
    全部いいものだと、もういいものではなくなってしまいます^^;
    お洋服なんか某ユ社のお安い物で全く問題ありません。
    傘だけは昔から銀座に買いに行ったりして、結構こだわり続けてきました。
    それが傘である理由はわかりませんが、好きな傘を持つと幸せを感じる体質なのです、きっと。
    余りある付加価値を考えたら、価値が暴騰し過ぎて償却しきれずに、棺桶まで持ち込んで焼却!と言い出すかもしれませんよ^^;

タイトルとURLをコピーしました