夏の記録2017

まったく断りもなしに他所の家の記録です。
お盆の様子見、K家の庭で咲いていたバラたちです。

門の横で

ログハウスの前で

これは・・・どこだっけなぁ^^;

と、こんな具合にそれぞれ咲いていました。
どれも1年目のバラですからこれで順調ではないかと思われます。
庭で咲いた初めてのバラに大感動の義兄と義兄嫁のふたり(^^)
随分バラの種類が多いなと思ったら、栃木県人が千葉の京成バラ園まで行ってバラの大人買いをしてきたみたいです!
京成バラ園でいろいろ研究してきたのでしょう、こんな手作りの名札も立派でした。

私はこのアンクルウォルターの特大シュートに大喜び。

バラっていいですね、地植えのバラっていいですね。

おまけ。

王子様のご機嫌も麗しく、相変わらず高速で動き回るのでスマホで追いきれずあまりいい写真がないのですが・・・

現在サマーカット中で、地肌の感触がたまりません。
尻尾だけフサフサなのがわかる写真があまりなくて、ちょっと暗いですが、雰囲気はこんな感じです。

コメント

  1. あえか より:

    サマーカットの王子様は、
    見目麗しく威厳を持っておられますね。
    夏を無事に過ごされたご様子、安心しました。
    しっぽのふさふさ、思わず触りたくなってしますけど、
    高速で動き回られるのなら、追いつけないかなぁ。

    関東の方は涼しい夏だったようですが、九州は暑すぎました。
    どうにか35度地獄から解放されたんですけど、30度は普通に超えてます。
    人間も皮下脂肪のサマーカットできないものですかね。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      本当に西日本とはかなり違う天候になってしまっていて、ニュースでもお聞き及びかもしれませんが、まるで梅雨です。
      湿度が高いので結構楽でもないですよ、なんだか疲労が溜まります。
      おまけに花火大会が軒並み中止になってしまっています。
      35度とどっちがという問題でもなく、どっちも歓迎しませんね。
      天気が悪くて出歩かず、皮下脂肪は溜まる一方です。(←真剣な話です)

  2. Keiko より:

    おお!猫にもサマーカットありなのですね。おとなしくさせてくれたのでしょうか?
    我が家の姫たちならきっと数名をを病院送りにしたと思われます。(汗)

    バラって本当に強いですよね。
    すぐに汚くなってしまうので撮影はしていませんが我が家でも数種のバラが開花中です、この暑いのに。

    栃木から千葉って言うと私がバルニバラ園(フィレンツェの一寸先)へ行くようなものかなぁ。
    と、ここで興味が湧いて調べたらやっぱりうちからのほうがかなり遠いみたいですので諦めます。あはは・・・対抗してどうする。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      大人しくはできないので麻酔してカットです。
      それでもカットしてあげないとかなり暑がるので飼い主にとっては痛し痒しです。

      バルニ社は最近の日本では有名ですよ、女性育種家というのもありますし。
      どんなところか様子を見に行っていただけたら嬉しいのですが、遠いですか。
      ちょっと残念です^^;

  3. もも より:

    1年めのバラで、こんなに立派とは~♪
    それ以上に手塩にかけてお手入れされているのだろうなーということが、伝わってきます。
    ネームプレートの字がまた丁寧で美しい♪
    地植えのパワーもたまりませんね~♫

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      ネームプレートは義兄嫁かな?と思っています、絵を描ける人なので。
      バラのお手入れもここのうちはちょっと違うのですよ。
      義兄は以前は理科の先生をやっていたのでなんか発想がガーデナーではないのです。
      プリザーブドフラワーの話なんかほぼ化学の話になります。
      いろいろな意味で楽しみなバラ園なのですが、そのうち私はついて行かれなくなるかも?^^;

タイトルとURLをコピーしました