想像してみよう

Misurare la potenza del sole che attira tutti quanti

日だまりがみんなを引き寄せる力をはかる

 

辞書を引かずに日本語を見ながら考えてみます。

最初は動詞でしょう、はかる?

何をはかるか、la potenza 力?

何の力か、del sole お日さま?

おひさまの何か、attira tutti みんなを引き寄せる(力が) quanti どれだけ か?

 

日本語が無いとわかりませんが^^; でも英語より文法の空気感が好きです。
イタリア語のほうが英語より素直に並んでいる気がしませんか。
 

Measure how powerfully a sunny place can attract people
↑↑↑
これ嫌い

 

Amazonでこの本↓のイメージ画像を見て、面白いので書いてみました。
(クリックするとAmazonへ飛びます)
(買えというわけではありません、参考です、念のため)

日本語、イタリア語、英語の3カ国語併記というのが面白いです。
でもKindle版がないので、購入はしていません。

 

一番難しいのは日本語かもしれない。

コメント

  1. もも より:

    なんて面白い! はかれないものをはかるなんて、哲学を感じますね。
    学生さんに読んでほしいなー!

    イタリア語は分からないので、keikoさんがどう言われるのか楽しみです。

    私の場合は、日本語を書く能力が上がったら、英語が理解しやすくなりました。ゲーテが、外国語を知らない者は母国語すら知り得ない…と言ったのが、分かる気がします。

    それでもほんの少しの前進でしかなく、外国語を使って生活・仕事をしている人への尊敬はやみません。

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      英語は、高校生の頃よりはだいぶわかってきたと思いますが、どうしても好きになれません。
      どうにもこうにも、SVはともかく、OOとOCのところで嫌です(笑)
      イタリア語や中国語はその嫌さが無い言語です。(個人的感想です)
      ゲーテさんは、なんといっても「野ばら」の人ですから♪
      でもドイツ語はとっつけません^^;

  2. Keiko より:

    ロズレさんが、イタリア語を好いてくださるのは嬉しいことです。
    私も英語はいろいろと苦心しましたが、一向に物になりません。
    イタリア語も、未だにブロウクンなので、偉そうなことは言えませんが、
    なかなか面白そうな本ですね。
    中のイラストも見てみたいです。
    イラストは、理解を促す面でとっても重要です。
    私も、1冊そういう感じの古いイタリア語の教本があり、
    しばらく友人に貸していましたが、しっかり取り返しました。(笑)

    語順は、日本語とラテン語だけが世界中の他の言語と違うようですね。
    なぜなのかなぁ?と考え始めると寝られなくなるのでよしましょう。^^;

    • ラ・ロズレ ラ・ロズレ より:

      想像にダメ出しが出なかったということは、まぁまぁイケていたかしらん ( ̄ー ̄)ニヤリ
      外国でその国の言葉を使って生活しているのですから、偉くないわけないですよ、超偉です!
      某テレビ局の外国語講座をどれか見ようと思って、ひと通り視聴してみたら、イタリア語が一番しっくりきたのです。
      英語は除外して(笑)フランス語もドイツ語もロシア語も韓国語もイマイチに思えました。
      なんとなく好きの「なんとなく」ってわりと重要ポイントですよね。

タイトルとURLをコピーしました