照葉野茨

テリハノイバラが開花しました。
花期は6月~7月、遅咲きの日本の野ばらです。
 
080611_01
 
080611_02
 
開きかけで、色の濃い、ゆで卵のようなこの時が好きです。
 
開いてからも素朴で素敵ですけれど。
 
080611_03
 
テリハノイバラはランブラーローズ(ツルバラ)の祖と言われていますのでどんどん伸びてきます。
他の原種たちとお揃いの5号鉢からこんな感じに飛び出しています。
 
080611_04
 
買った時は198円でマッチ棒のようでしたが、育つんですねぇ。
198円って薔薇の値段じゃありませんよねぇ普通(笑)
これも盆栽仕立てにチャレンジします。
 
 
4月の黄木香薔薇からはじまって、難波薔薇、白浜茄子(自称)、十六夜薔薇、そして照葉野茨と、楽しんできました。
あと、今年仕入れて咲いていないのがふたつ。ロサ・カニナと、盆栽仕様ではなくちゃんとした苗で買ったロサ・フェティダ・ビコロール。
たくさんありそうに見えますが、盆栽仕様の6個は全部室外機の上に乗っているのですからすごいでしょう?これもベランダーの醍醐味というものです。
 
さぁ、我が家の薔薇もこれでひととおり見終わりました。
あとは四季咲きと返り咲きをのんびり楽しみましょ。

コメント

  1. あえか より:

    きれいですね。
    ゆで卵(絶妙な表現ですね)のようなときが、一番かな?
    198円か。
    実は、今年初めてバラを買ってみました。250円で。
    今度、ご報告しますね。

  2. ラ・ロズレ より:

    薔薇を買ったですってぇ?!
    ふっふっふ、今だから言いますが、ワタクシ、この時をずぅーーーっと待っておりました(^^)v
    お仲間ゲットぉ~!
    薔薇のアップの写真が並んでいるホームページなんて苦手・・・そう言っていた人が何人深みにはまったことでしょう!
    どんな薔薇を選んだのか、楽しみにしていますね!!

  3. ゆめ より:

    ロズレさまのバラは本当に綺麗です。
    なんていうか・・・泥臭くないんですよね^^;;
    決まりよくお育てになってる って感じが全ての写真がら伝わってくるな~といつも感じておりました。
    あわせて、お好きなバラを1本、また1本・・・と手元に迎えられている今が1番楽しい時ではないでしょうか^^
    あえかさんも、(はじめまして♪)
    バラをお迎えになられたとのこと。今ね、あえかさんのblogにおじゃましてきたのですが、ビビット!がテーマの今年だったのでしょうか?とても、広いお庭に可憐なお花が咲き乱れていましたね。とても素敵でした。
    バラが点在するとますます素敵な雰囲気に*^^*楽しみですね!

  4. ラ・ロズレ より:

    決まりよく・・・って、単に場所が狭いってことではないでしょうか。ちゃんと並んでくれないと置ききれないので^^;
    好きな薔薇を1本、2本、3本・・・来年の購買候補者も既にいくつか・・・確かに楽しいですが物にはすべて限界が。数年後には楽しくなくなっちゃうのかしら。あ、そこで放出案が出るわけですね?
     
    あえかさんのビビット特集、楽しいでしょう?ご本人は悔しい方が大きかったかもしれませんが^^;今後の展開に期待です。
    私も洗脳者1名ゲットで、世界征服に1歩近づきました(笑)

  5. Keiko より:

    あは、ゆで卵ね。
    内にはバラじゃないけど目玉焼きってよんでる小さな花があります。(笑)
    ロサ・フェティダ・ビコロール。
    個性的な花ですね。
    デビューは来年になるのかな?
    なんか私も思っても見なかったバラが増えて戸惑っています。
    バラ病にもいろんな過程があるようで・・・

  6. ラ・ロズレ より:

    私はゆで卵も目玉焼きも大好きです。好きな人がそう呼ぶのは悪口とは違うのでOKですよね。
    ビコロールはとっくに咲いているはずなので来年でしょうね。
    かなり好き嫌いが別れそうな薔薇ですが^^;
    本当に薔薇の道には色々な過程がありますね。私はひとと逆行してるかもしれない気がします^^;;;

  7. ゆめ より:

    ロサ・フェティダ・ビコロール で検索したら
    100 Old Roses for American Garden の本の表紙もロサ・フェティダ・ビコロールだったと。
    写真では難しい赤も表紙ともなるとすごく綺麗に確認させていただけました。
    ワタシは好き派!かな^^
    テレ番に書いてあった内容でかなりドキドキしてますぅ^^v
    いよいよですね!

  8. ラ・ロズレ より:

    アジアの薔薇ブームとしては、日本、中国の次は中東なんですよね。イラン、イラク、アフガニスタンあたりが原産らしいです。いかにもって感じしません?
    100 Old ・・・のように咲いてくれるかどうか。
    難しい薔薇らしいです。黒点に弱いというのは、ベランダなのでなんとかクリアできるかなと思うのですが、そもそも日本の高温多湿が嫌いだとか。風が強く標高の高い(笑)我が家でどうなるか、結構チャレンジだと思います。
    一昨年のバラショウの、一緒に記念撮影をした柳生さんの「森」で小振りで垂直に可愛く咲かせてあったのをご記憶でしょうか?八ヶ岳あたりだといい環境なのでしょうけれど。
    さて、今晩はテレビでも見ましょうかね。面白い番組あるかなぁ^^;;;

  9. 桃李 より:

    (思いっきり私信です)
    し、師匠〜っ!
    もうすぐですね。
    いつもはうたた寝するこの時間に頑張って起きておりますよ(笑)
    師匠の写真、見つけられなかったら恥なので先にコメントして行きます(笑)
    わくわくどきどき♪

  10. 迷い烏 より:

    わかりまひた。でもパソコンで見ててインターネットつないだら録画が失敗しまひた。せっかくの慶事を...ガックシです。2枚ということでよかったですか。

  11. ゆめ より:

    綺麗でした!
    あっ!これだ!と思ってからも画面は動きませんでした。
    何秒間もありましたね!
    おめでとうございました^^v

  12. ラ・ロズレ より:

    んまっ!桃李さん、大丈夫ですか?
    わざわざありがとうございます。
    つんく殿にも薔薇で癒されてもらってください。(無理?^^;)

  13. ラ・ロズレ より:

    迷い烏さんには簡単すぎの問題でしたね。
    ええ、ま、そんなものです。
    でも”モナコ”なんか元は1996年のプリント写真ですよ。
    最近の技術はスゴイです。
    ご声援ありがとうございました。

  14. ラ・ロズレ より:

    時間的には”瞬き可”でした(笑)
    半分くらい薔薇に割いても良かったのにね~。
    > あっ!これだ!
    って思っていただけました?
    私なんて「え?」「ん?」「もしかして?」でしたが^^;;;
    客観的に見ると一瞬戸惑います。
    入念かつ準備万端でのご視聴ありがとうございました。

  15. Keiko より:

    わぁ、よかったですねぇ、皆さん。
    またたきしてもまだ写ってたんですね。^^
    こういうのって、たとえば自分の子がテレビに出るような感覚なんでしょうかねぇ。
    いやぁ、めでたい。
    ところで、先日お問い合わせのあった
    箱入りのバラの箱を変な時期ですが手に入れましたのでよかったら「花はな・ワン・にゃん」でご覧くださいまし。

  16. ラ・ロズレ より:

    お陰さまで2枚ほど、2枚でけどね(笑)、映ったようです^^;
    自分の子って、テレビに映ると妙に他人に見えるものでしょうか?なんかあれれ?っていう感じでした^^;;;
     
    箱ですか!?
    それ、すっごい興味があったんですよ。見る見る見ますぅ!すぐにお邪魔しま~す!

タイトルとURLをコピーしました